レポート

REPORT

2023/03/28

  • 進路指導部

東大クラブ活動レポート~現役東大生の卒業生による講演会を開催しました~

先日、本校の卒業生で現役東大生である石田啓さんを招き、東大クラブの生徒を対象として講演会を行いました。石田さんは郁文館中学校・高校を卒業され、現在は東京大学薬学部薬学学科の4年生。4月からは同薬科学科大学院に進学されます。石田さんは自身が中学・高校生の頃にどのように勉強をしていたか、そして東大受験のアドバイスについて話してくれました。

冒頭で石田さんは、勉強方法は人それぞれであることを強調されました。誰もが同じ勉強方法で同じ結果を得られるわけではなく、それぞれの個性や能力、性格に合わせた最適な勉強方法が存在します。そのため、自分自身の特性を知り、自分に合った最適な勉強方法を見つけることが合格への近道であると説明されました。

次に、石田さんは自身の中学・高校時の勉強方法について教えてくれました。まず、授業内容はできる限り授業中に理解することを心掛けていたようです。授業中はノートを取ることより先生の話を聞くことに集中し、説明の中で出てきた重要なポイントをメモしていたとのこと。また、一人で勉強することが苦手だったため、いつも放課後に学校で友人と勉強していたようです。友人に教え、教えられる過程で記憶の定着や深い理解が得られたようです。

石田さんは東大受験に向けて特別な対策をしていたわけではなく、塾や予備校にもほとんど通っていなかったようです。学校での毎日の授業や放課後に友人と勉強を教え合ったこと、学校の講習や補習を利用して友人と切磋琢磨したことが東大合格につながったと語ってくれました。

石田さんの話を聞くために集まった生徒たちは、先輩の言葉に熱心に耳を傾けていました。

東大クラブは東大合格を本気で目指す生徒たちのコミュニティです。東大出身の先輩やゲストから直接お話を聞くことができたり、東大合格のエキスパートである先生方から一人ひとりに合わせた学習のアドバイスをもらうことができるなど、東大合格に必要な勉強方法やマインドセットを磨き、同じ目標を持つ仲間たちと切磋琢磨できる環境が整っています。これからも東大クラブでは、多様な活動を通じて東大を目指す生徒を全力で応援します!

「東大王」でも活躍されていた岡本沙紀さんによる講演会の様子はこちら
https://www.ikubunkan.ed.jp/info/5951/