書道部

2021/09/29

書道パフォーマンス(IKUBUN Dream Festival)

秋の学校行事と言えば、文化部の花形......

   

そう文化祭」です!

   

郁文館では、「郁秋祭」として2日間、文化部だけでなく運動部・学年やクラスなど様々な団体が参加をします。

   

書道部は、書道室と美術室を使って展覧会に向けて制作した作品の展示と大きな紙に、大きな筆で、飛びっきり大きな文字を音楽に乗せて揮毫する「書道パフォーマンス」を行ってきました。

   

IMG-5426.jpg

(一昨年の様子)

   

   

しかし、残念なことにコロナウイルス感染症の流行により昨年度に引き続き今年も開催は中止となってしまいました。

   

その知らせを聞き、部員たちもかなり落ち込んだ様子でありました。これは書道部に限らず、他のすべての文化部の生徒たちが思ったことでしょう。そのような状況を慮って下さったのか、学校やIBSの生徒が毎年文化祭に向けて準備・活動してきてた部活動へ何かしら発表する場をということで、IKUBUN Dream Festivalの中で各部活の紹介・発表動画を流す機会をいただきました。

   

俄かにその話を聞きつけた書道部員も動画撮影の日に向けて急ピッチで準備に取り掛かりました。

   

IMG-0989.jpg

   

   

メインとして揮毫するのは高校2年生ですが、紙を張り付けたり、墨を拭き取ったり、作品を持ち上げたりすることは、多くの人手が必要です。準備には中学1年生から高校1年生まですべての部員の協力なくしてはできないのです。

   

IMG-0952.jpg

    

IMG-0948.jpg

   

   

後輩たちは、先輩のために新聞紙を本番の紙のサイズと同じにするために、自分の作品そっちのけで、何百枚もの新聞紙をひたすらに張り続けます。先輩たちはというと、その後輩に作ってもらった紙に惜しげもなく練習をしていくわけですが、そんな先輩たちも書き手になるまでに、後輩たちが今やっている作業と同じことを文句も言わずに続けてきたからこそ、そのサポートの大切さやありがたみがわかるのです。

このようにして郁文館の書道パフォーマンスの文化が脈々と継承されてきました。

さて肝心の詳細ですが、まだ未公開のため今はお伝えすることができませんが、本邦初公開の特別写真を少しだけアップします!!

IMG-0944.jpg

    

IMG-0941.jpg

   

   

今回はここまでにしておきましょう。

一生懸命練習してますね。完成形はどうなるのでしょうか?乞うご期待!

   

書道部顧問 内田 智也

2021/09/15

第35回 全国書写書道展覧会 授賞式

先日、9月12日に文京区民センターにて「第35回 全国書写書道展覧会」の授賞式が行われました。

   

昨年は、コロナの影響で展覧会自体が中止となり、出品できずに終わりました。今年は、コロナ対策を取りながらではありますが、無事に開催され、作品展示と授賞式が行われました。

  

IMG-0895.jpg

   

IMG-0896.jpg

   

作品は、例年と同じ文京区シビックセンター1階のギャラリースペースで、展示されておりました。

  

IMG-0886.jpg

   

IMG-0890.jpg

   

小学生・中学生・高校生・大学生・一般の幅広い年代の人の作品が一堂に会していました。全国から2万点近い作品が送られ、優秀な作品には賞が与えられます。

  

IMG-0901.jpg

    

IMG-0913.jpg

   

多くの強豪を押しのけ、書道部もその狭き門をくぐり賞をいただくことができました。

今回は、コロナに配慮し、授賞式への参加者を普段よりも少なくしての開催でしたので、参加できたのは2人でしたが、他にも多くの賞をいただけました。

   

IMG-0889.jpg

IMG-0893.jpg

  

IMG-0894.jpg

    

書道は、運動部のように、その場で結果が出たり、いきなり作品が評価される訳ではなく、出品してから賞になるまでに少し時間がかかります。それはあたかも、種を植えて、それが花開くのと似ているように思います。

   

これから秋にかけて益々展覧会が活発に開催されていきます。部員たちが蒔いた作品という種がどんな結果をもたらすのか楽しみですね。

   

書道部顧問 内田 智也

2021/08/24

書道部 夏期錬成 後半戦

さて、お盆休みも過ぎ、夏休みもあと僅かばかりとなって来ました。

  

書道部の夏期錬成会も後半戦へと突入して参ります。

  

先ずは、教室から余分な机や椅子を廊下へ撤去し、広くなった教室の前面に巨大な毛氈(下敷き)を敷き詰めていきます。

  

昔から郁文館書道部のことをご存じ方は、もう見慣れた光景かと思いますが、この時期はこれが日常です!

  

   

IMG-0796.jpg

   

IMG-0797.jpg

    

IMG-0798.jpg

   

   

ほとんどの部員が床で大きな作品を仕上げていきます。

  

床で書くと視野が広がって、机の上で書くよりもより全体を俯瞰して見れるので、バランスよく文字が書けるメリットもあります。

  

書き損じや失敗作などごみが沢山出ますが、書道部では無駄にはせず、乾かして故紙(反故紙)として拭き取りなどに再利用しています。

  

夏も残り僅かですが、頑張ってより優れた作品を仕上げましょう!!

  

書道部顧問 内田 智也

2021/08/04

書道部の段級位

本日は、書道部員たちが普段行っている活動の一つ競書というものについてご紹介します。

   

先ず、競書とは、さまざまな書道団体が毎月発行している書道雑誌(広く一般的に競書雑誌とも言う)に乗っている月ごとの課題を半紙や半切(縱135㎝×横35㎝)などの紙に書道教室や学校などで各人がそれぞれ競って練習すること言います。

  

  

  IMG-0808.jpg

  

  

そして、その書いた作品を提出することで、雑誌を発行している団体において審査され、優秀作品であれば昇級や昇段し、新しい級位や段位を認定してもらえます。それが広く世間一般に浸透してる書道〇級や書道〇段などの呼び方へ繋がっていくのです。

  

雑誌では大体、幼稚園生から大人まで、それぞれの学年などに対応する課題が用意されています。(難易度は徐々に上がっていきます。)

  

  

IMG-0810.jpg

   

IMG-0809.jpg

   

IMG-0811.jpg

  

  

書道部では、毎年部員が入部すると早速4月号の課題から書き始めていくことになります。

※級は毎月の課題で上がる可能性がありますあが、1級から上の段の場合は、年に2回の昇位試験でなければ、上がることができません。

   

   

IMG-0803.jpg

    

IMG-0804.jpg

   

IMG-0805.jpg

  

  

書道部も私がまだ中学生の頃はこの半分程度しか名札がありませんでしたが、今では、卒業生・在校生含めてこれだけ多くの部員が段位や級位を取得しました。

3段目が埋まるのもそう遠くないかも!?

  

因みに、内田は最上段位の推薦段(10段)に中高6年間で、到達できました。今でこそ沢山のOBOGが到達していますが、ここまで行くのは結構大変なんですよ!

  

今いる部員もこれから入る人も「書の頂」を一緒に目指してみませんか?

書道部顧問 内田 智也

2021/07/29

書道部 夏期錬成

先日、東京オリンピックが始まり、連日のメダルラッシュに沸く日本ですが、郁文館書道部にも本格的に夏がやって来ました。

 

書道部では、例年、秋の展覧会へ向けて、普段より活動する時間を多く取れる夏休みに沢山の作品を制作しています。

 

 

IMG-0701.jpg

  

  

半紙などの小さな作品から、半切(135×35)・全紙(135×70)などの大きな紙に通常の何倍もの大きさの筆を駆使して書きあげる大作まで、実にバリエーション豊かです。

  

揮毫する文字も部員各自が、辞書や本を使って書きたい文字を探しています。

  

  

IMG-0709.jpg

    

  

IMG-0710.jpg

  

  

IMG-0700.jpg

   

   

中学生は、主に楷書や行書の書写の作品、高校生は、漢字の「五書体」(楷書・行書・草書・隷書・篆書)の中から、自分の好きな書体の「書の古典」(昔の人が書いた石碑や巻物などの文字)を「臨書」(そっくりに真似て書き、筆遣いや文字の造形などを学ぶこと)したり、大きな紙に1~2文字をダイナミックに墨を飛ばしたり、かすれさせたり、とさまざまな技巧を込めて「創作」(手本もなく一から文字の構成やにじみ・かすれ・書体や崩し方などを自分で考えながら行う作品制作のこと)作品を書いています。

  

  

IMG-0707.jpg

   

  

IMG-0702.jpg

    

    

だんだんと対策に取り掛かっていく部員が増えてきました!

  

画面左後方の大きな紙に作品を書いているのは、今年度の部長の成田 大翔くんです。

全国大会出場のための前哨戦でもある高文連(都大会)へ向けて大作を揮毫しています。

    

    

書道部顧問 内田 智也

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
ENGLISH
PAGE