レポート

REPORT

2022/01/25

  • 郁文館グローバル高等学校
  • 夢教育推進部
  • 社会探究・協働ゼミ

グローバル高校 NIE 学び方を学ぶ「システム思考」

郁文館では、NIE(Newspaper in Education)という、社会の様々な事象を通じリベラルアーツを身につけるための授業が行われています。
その中でも、グローバル高校の独自の取り組みとして、株式会社ニューズピックスとのコラボ授業を企画しており、今年度はEducation統括の蒲原様にお越し頂き、「見方が変われば、世界は変わる」をテーマに”システム思考”を身につけるためのプログラムを実施しています。

b1111.png

グローバル高校にNewsPicksを導入して約2年、確実に生徒の情報リテラシーは向上しています。

そういった中で、NewsPicks Educationというプラットフォームを使いつつ、もう一歩踏み込んだ授業改革をしたいと考えていた中で、蒲原様からプログラムのご提案を頂き、実現に至りました。

b2222.png
 株式会社ニューズピックス CorporatePlanningDivison Leader蒲原慎志様

今回のニューズピックスとの取り組みは、授業「連携」から「協働」へのアップデートを目的としていました。
単発の講座を依頼する形ではなく、生徒の成長に伴走するために「協働」するチームとして学期のカリキュラム設計から関わって頂き、生徒主体・学習者中心の授業を展開するため、様々な試行錯誤を共に行っています。
授業を受けた生徒からは
「システム思考を学んだことで、自分をメタ認知する習慣ができた」
「見えないものに目を向けることで、構造的に物事を捉える練習を日常から行っていきたいと思った」
など、授業での学びを通じて生きる力を身に付けていることがわかります。

b3333.jpg

プログラムの回数もあと僅かになりましたが、最後までチームとして走り切ります。
「社会に開かれた教育課程」を実現するため、郁文館は引き続き挑戦を続けます。

今週末には、1年間留学に出発する1年生。
1年間で得た思考を活かして留学先でも活躍することを期待しています。