郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  弓道同好会

弓道同好会

2021/07/26

2021年度夏期練習②(弓道同好会)

今年度、弓道同好会では外部から優秀なコーチをお招きして、

指導をしています。

矢を的に当てるのは簡単ではないのですが、

皆、大会で勝ち上がれることを目指して日々、練習を積んでいます。

image_72192707.JPGimage_50426113.JPG

2021/07/24

2021年度夏期練習①(弓道同好会)

弓道同好会では、8月の大会に向けて練習が再開されました。

緊急事態宣言下であるため、限られた時間での練習ですが、

ひとりひとり真剣に取り組めました。image_50437377.JPGimage_50394369.JPG

2019/02/26

弓道同好会 冬季練習

郁文館 弓道同好会です。

冬季練習の様子を少しだけご紹介したいと思います。

この日は文京区スポーツセンターを借り切って、道場での練習を行いました。

image3.jpegimage1.jpegimage2.jpeg

高校生は4月の関東大会予選に向けて練習に励んでおります。

寒さにも負けず(この日は屋内なので大丈夫でしたが...)これからも頑張ります。

2013/11/27

高校女子新人大会

平成25年 11月17日(日)

 

 

前回の男子に引き続き、今度は高校生女子による弓道新人大会が綾瀬の東京武道館で行われました。

 

郁文館からは2年生の2人が出場しました。

 

1人4本の矢を持ち、その的中数で競います。

 

 

大前(一人目)が気迫で1中(一本矢が中たること)するも、緊張からか修正がなかなかうまくいかず、結果は1中。

 

中(二人目)も健闘は見せてくれたのですが、弓手(「ゆんで」 弓を持つ左腕)が思うように伸ばせず残念!

 

 

 

P1000756.JPGP1000768.JPG

 

 

二人とも結果は残念な形に終わってしまいましたが、今後の課題はしっかり確認できたようです。

 

部員全員、まだまだ理想の射への道のりは長い。

たゆまぬ努力を続けていきます!

2013/11/15

高校男子新人大会

平成25年 11月10日(日)

 

綾瀬の東京武道館において、高校生男子による弓道新人大会が行われました。

 

郁文館からは1年が2人、2年が4人の計6人が出場しました。

1チーム3人で構成されるため、2チームでの出場となります。

 

1人4本の矢を1本ずつ順番に射るので、3人合わせて合計12本の矢の的中数で競います。

 

(弓道用語:大前…一人目 ・ 中…二人目 ・ 大落…三人目)

 

【Aチーム】

大前(一人目)が1本目でいきなり的中!しかし、そのあとなかなかいい流れを作れず……

だが、大落(三人目)が3本目、4本目を見事的中させ羽分(4本中2本中たること)に

 

【Bチーム】

1年生が2人入ったこのチーム。大会出場という緊張からか、体が縮こまってしまい、なかなか思うような射ができませんでした。

大会当日は風が強かったこともあり、練習の成果を十分に発揮できず、無念。

 

射癖(矢を射るときの癖)というものは、自分の気付きがなくてはなかなか直すことが出来ません。

「なぜそうなるのか?」自ら探求し、一つひとつ直していく。とても時間がかかることですが、実力向上のためにはすごく大切なことです。

予選突破を目指し、今後も精進して参ります。

 

11月17日(日)には女子の大会が、同じく東京武道館で開催されます。

結果を残せるよう、限られた時間の中で効率よく練習に励んでいきます。

ENGLISH
PAGE