郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  アーチェリー同好会

アーチェリー同好会

2021/07/19

アーチェリーの紹介 ①大会ってどんなもの?

みなさん、こんにちは!アーチェリー同好会です。

今年度はコロナの影響でまだ部活動はできていません。今後9月にある中学生大会に向けて活動を徐々に再開していきます。その時までは、アーチェリーの紹介をしていきます。

今回のテーマは「アーチェリーの大会ってどんなもの?」です。

皆さん、アーチェリーの大会に行ったことはありますか?あまり競技人口が多くないスポーツですので、おそらくそれほどいないのではないかな、と思います。

アーチェリーの大会は、【距離】が重要なポイントとなっています。

中学生の場合は、コースが3つあります。18mを2回、18mと30mを1回ずつ。30mを2回。ここで言う「1回」とか「2回」とは矢を射るセットの回数です。1セットが36射です。

例えば、「18m2回」とは、18mの距離で、36射を2回、合計で72射行う、ということです。72射するのは結構体力が必要です。そして、精神力も試されます。

高校生の場合は、距離が長くなります。1次予選が、30m1回と50m1回です。ここで720点満点中450点程度を越えると、2次予選に進めます。2次予選は、70mを2回です。

本校には30mの射場があります。1度にうてるのは2~3名ですけれども。50mの距離は、日曜日に校外練習に行っている、墨田区総合体育館のアーチェリー場で練習できます。

ただし、そこでは70mの距離は行えません。板橋の射場など70mを練習できる場所に自主練習をしに行かなければなりません。しかし、校外の射場に練習しに行くと、そこで出会う

他校の生徒や大学生、社会人の方と交流ができ、射の技術や道具の情報などを得られるという有り難いことも待っています。

今までの大会はアウトドアのものです。冬になると「インドア」という大会が始まります。その大会は中学生も高校生も18mの距離で行います。アウトドアと異なるのは、的の大きさです。

アウトドアでは、直径90cmの的を使用します。しかし、インドアでは、なんと直径40cmの的となります。距離が短くなった分、的が小さくなっている、よく考えられているなぁと毎回感心します。

以上、「アーチェリーの大会ってどんなもの?」をお送りしました。アウトドアは距離が大事、インドアは的の大きさが大事、というように理解していただけると嬉しいです。

2020/09/28

久しぶりの練習

校内射場は雨天では引くことができないため、秋の空の気まぐれに翻弄され、満足に練習できませんでした。

本日は、久しぶりに日差しが降り注ぎ、待望の練習日となりました。

学年の活動により参加者が少なかったのですが、参加した生徒は自分の感覚を取り戻すべく一心不乱に引いていました。

0928練習風景small.JPG

2020/07/25

部活動見学を行いました!

7月16日(木)放課後、1時間ほどを使って、部活動見学を行いました。

校舎の地下階にある校内射場にて練習していたのですが、中学生・高校生併せて10名ほどが見学に来てくれました。

アーチェリーの良いところは、2つあると思います。「みんなが初心者」「来たその日から矢を放てる」という点です。

今回は見学だけだったため来てくれた生徒には体験してもらうことができませんでした。自分が放った矢が的に当たる爽快感は

経験してみなければ分かりません。ぜひ、9月以降の部活動にて経験してみてほしいです。来てくれた生徒、ありがとうございました!

2020/06/12

オンラインミーティングを行いました。

先日、部員の様子確認とお家でもできる練習メニューを伝えるために

オンラインミーティングを行いました。久しぶりに「会った」部員の顔を見て、

懐かしさがこみ上げた私は始終、笑顔で過ごしていました。

部員のみんなは幸いにも元気に過ごしており、それが確認できたのも嬉しいことでした。

アーチェリーも、他のすべてのことと同様、基礎・土台が大切です。

そのことを伝え、部活動を再開するその時まで基礎練習に励むことを約束しました。

2019/12/23

本日は校内練習の様子を取り上げさせて頂きます。

中学1年生、高校1年生の生徒たちも、アーチェリーを始めて9カ月程度が経ちました。

初めは手探りの状態で、近距離に的を置いても全く届かない状態でしたが、今では18メートルの的に向かって勢いのある矢を放てるようになりました。

 中学1年生の男子生徒は、普段先輩が練習している30メートルの距離の的に初挑戦しました。的には届くのですが、やはり難易度は段違いだそうです。

 生徒たちは、まずは18メートルの的で、36射中270点を取れるよう、練習に励んでいくと意気込んでいます。

アーチェリー②12月.jpgアーチェリー①12月.jpg

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
ENGLISH
PAGE