レポート

郁文館ホーム  >  レポート  >  国際交流センター

国際交流センター

2016/12/26
マレーシアから高校生が来校しました

1212日~14日にマレーシアの高校生(男子8名、女子9名)が本校を訪れました。

グローバル高校ツーリズムゼミのムスリム班が、日本文化体験や東京観光を企画・案内しました。

 

1212

校内で日本文化体験をしました。

 

まずは、親睦を深めるために「たこ焼きパーティ-」からスタートです。

koku1612261.jpg

腹ごしらえができたところで、書道体験です。

漢字を使用しての自分の名前にマレーシアの生徒さんもとても喜んでくれました。

koku1612262.jpg
koku1612263.jpg


次は茶道同好会の協力により、浴衣や柔道着に着替えての茶道体験です。

koku1612264.jpg
koku1612265.jpg
koku1612266.jpg

1213

青山のTEPIA、代々木上原のトルコ式モスク訪問後、浅草観光をしました。

TEPIAの入り口の年齢判定機の前で。「私は何歳に見える?」乙女心は万国共通のようです

koku1612267.jpg

代々木上原のモスクで。マレーシアの生徒さんたちは、ここでお祈りをしました。

koku1612268.jpg

その後、浅草に移動し、ハラルラーメンを食したあと、食品サンプルづくりを体験しました。レタスのサンプルを蝋で作っているところです。まずは一枚の長いシートになるように溶かした蝋をお湯の中で伸ばします。

koku1612269.jpg

両国の生徒から自然発生的に出てきた「みーぎ。ひだり。」コールに合わせて長いシートを丸めて、半分に割ると、リアルレタスのできあがりです。

koku16122610.jpg

エビ天、レンコンやなす、しいたけの野菜の天麩羅も本物さながらです。

koku16122611.jpg

浅草雷門前で。

名残惜しいですが、日も暮れてきました。

これからマレーシアの生徒さんはホスト宅へ向かいます。

ホストファミリーの皆様、ご協力ありがとうございました。

皆様のお宅で受けた温かいおもてなしにマレーシアの生徒さんも大感激でした。

koku16122612.jpg

1214

閉校式で。

1月には高校2年生がマレーシアを訪れます。

今回来日した生徒さんの学校も訪問し、交流を図ることになっています。

koku16122613.jpg

 

 

 

2016/11/22
カンボジアからの留学生

カンボジアから郁文館にナウ・スレイノーイさんが短期留学に訪れました。

kouhou1611221.jpg

ナウ・スレイノーイさんは郁文館が応援しているNPO法人スクールエイド・ジャパンが運営するカンボジアの孤児院、「夢を追う子ども達の家」の出身です。

毎日朝5時から夜の12時まで勉強をし、日本の東京大学にあたるプノンペン大学国際学部日本語学科に見事合格を果たしました。大学在学中も成績優秀で、日本の文化や教育をもっと勉強したいという彼女の強い意志から、今回の郁文館への短期留学が実現しました。

kouhou1611222.jpg


留学中は生徒と一緒に授業を受講し、音楽・書道といった様々な体験もしました

kouhou1611223.jpgkouhou1611224.jpg

 

将来はNPO法人の勤務を通して、自分と同じような境遇の孤児や学校に行けない子どもたちを救いたい、日本とカンボジアを繋ぐ架け橋になりたいと熱く語っていました。

kouhou1611225.jpg

 

今後のナウ・スレイノーイさんの活躍を期待しています。

2016/11/18
生徒が制作 グローバル高校パンフレット完成!

(郁文館夢学園 公式Facebookより転載)


私たち生徒自身が企画、編集、デザイン等すべてを担当したグローバル高校のパンフレットが完成しました。生徒視点でグローバル高校の三年間の学校生活を紹介しています。ぜひ多くの人に見ていただきたいです。

学校説明会でも配布しますので,ぜひご覧ください!


グローバル高校 広報委員

郁文館夢学園公式facebookはこちらから

G1611181.jpgG1611182.jpgG1611183.jpgG1611184.jpg

 

2016/10/14
バングラデシュ姉妹校の先生が来校!

(郁文館夢学園 公式Facebookより転載)


バングラデシュの姉妹校、NDMHS(ナラヤンクル・ドリーム・ハイスクール)から先生方が、教員研修にいらっしゃいました!左から、サジドゥル先生、ゴラム先生、ショヒドゥル先生です。子どもたちを大切にする、とても熱心な先生方です。

まず初めにNDMHSの先生方に日本文化を体験してもらうために,書道の授業を体験しました。書道科の東海林先生からペンの持ち方を教わり、片仮名で名前を書きました。来年度からバングラデシュに Japan International Dream School という、バングラデシュの生徒たちが日本に留学をするプログラムが組み込まれた学校ができるとのことで,そこでも書道教室を開きたいとおっしゃっていました。

また,お昼には,グローバル高校の生徒がランチを一緒にさせていただきながら,バングラデシュの教育や政治について英語でディスカッションをしました。お昼だけでは時間が足りなくなってしまったので,放課後にも時間を取っていただきました。

先生方が今回日本で得られた経験を,バングラデシュでも活かしていってほしいです!


グローバル高校 広報委員

郁文館夢学園公式facebookはこちらから

FB1610141.jpgFB1610142.jpgFB1610143.jpg

 

2016/09/20
中学3年生 ニュージーランド7週間研修

中学3年生のニュージーランド7週間研修が終了しました。9/8朝にニュージーランドを出発し、シンガポール観光をした後、9/9朝に成田空港に到着しました。出発の朝、クライストチャーチの空港にはホストファミリーや現地の友人、先生、たくさんの方々が見送りにきて下さりました。その様子や生徒たちの表情から、この研修が生徒たちにとってたくさんの学びの場となったことがうかがえました。そして、様々な困難はありながらも、愛情溢れる温かな環境で過ごせたことが感じられました。7週間前、日本出国時にどこか興奮と不安が混じった表情をしていた生徒たちが、この日本帰国時には、達成感や満足感に溢れた晴れやかな表情をしていたことがとても印象的でした。

koku1609206.jpg

koku1609201.jpg

koku1609202.jpg

koku1609203.jpg

 

帰国途中で立ち寄ったシンガポールでは、7週間ぶりに再会した級友たちとの久しぶりの全体行動を楽しみ、食事や観光を満喫していました。空港からはバスでレストランに移動し、その後、マーライオンや市内の夜景を見て、日本やニュージーランドとは異なった文化、建物、気候を体感し、数時間のシンガポール観光も大満足で終えました。

koku1609204.jpg

koku1609205.jpg

 

シンガポールを立った後は、一路成田空港へ。長旅の疲れからか、機内では皆熟睡。そして、成田空港で多くの保護者の方に迎えられて中学3年NZ7週間研修は終了しました。

この研修を通して、体験したことを今後の生活、自らの成長にどのように活かせるかが生徒たちの次の課題となります。そのためにも、現地でどのような体験をし、どのような思いを持ったのか家族や友人にたくさん話してもらいたいです。そして、研修日誌に書き表した現地での体験やその時々の感情を、折を見て振り返り、自らの成長への指針としてもらいたいです。(10月の郁秋祭では、研修日誌や研修で学んだことをまとめたものを展示いたしますので是非足をお運び下さい。)

 

 

生徒たちがこの研修を経て、今後いっそう、どのような成長をしていくのかが楽しみです。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
PAGE TOP