What's 郁文館中学校

特徴

Junior High School

夢の土台作り

人格を磨き、夢・目標を持つことの大切さを実感し、

自己管理のできる人間を育てる。

 

中学校での生活は、自分自身を見つめ、自己の人格を磨くことにより、将来に向けて、夢を持つことの大切さを実感させます。今何をやるべきか、何をしてはいけないかを考えさせることで、日々の生活を漠然と過ごすのではなく、目標のある生活をし、自己管理のできる人間を育てていきます。 

 

親元を長期間離れ自分のことは全て自分で行う夢合宿の中で、学年ごとのテーマに基づき、友人との共同生活、共同作業をしていく中から、自分の役割や他者との関わり方を学び、基本的生活習慣を身につけることにより、社会性、前向きさなど、自ら人間性を高めていく力を向上させます。 

人間力を向上させる夢合宿

 

また、定期考査(年間5回)や模試にあたり、自ら短期目標を設定し、それに対して学習計画を立て、実行し、振り返りを行います。また、学期に一度の担任との夢カウンセリング等を通して、自分の将来について考えることで、人生観を養います。

 

学習面では、すべての教科において、授業態度や、小テストへの取り組み、家庭学習などを評価することで、自らの意志で学ぶことのできる力を身につけさせ、絶対的な知識とそれに基づく応用力を獲得できる力を向上させます。 

学力向上を可能にする夢教育プログラム

 

以上の点を重要視した指導により、夢を見つけ、それに向かって進んでいくために大切な基本的生活習慣から、人格を高めて土台を作っていきます。日常の授業および「修学旅行」などの行事は、すべて"夢の土台作り"を目的に構成されています。また、「理事長講座」や、実際に夢を叶え、その道のプロとなった様々な達人による講演「夢達人ライブ」を情報として活用し、様々な職業観、世界観を広げていきます。また、自身の希望する進路が明確になっている者は、自己実現の第一歩を踏み出すために、高校1年次より始まる東大クラスやグローバル高校へ進路選択をし、確固たる一歩を踏み出します。


この期間に築いた「人間力」「学力」「グローバル力」の3つの力は学年が上がるごとに、その手法を変えながら更なる高みを目指します。そして、中学3年次には、自らの夢について、「卒業論文」を作成するために、調査活動をすることや文章にまとめることにより、現在の自分を見つめ、将来の自分について明確なイメージを作り上げていきます。卒業論文

 

■2015年度より「GL(グローバルリーダー)特進クラス」を新設しました!

GL特進クラス 設立の想いはこちらから (※外部サイトへリンクします)

GL特進クラス 1日の様子はこちらから

 

■中高一貫の6年間で広がる未来

2014郁文館.jpg

 

Junior High School
PAGE TOP