郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート

最新のレポート

2019/07/12 【夢教育推進部】

郁文館高等学校2年生 理事長講座 「PBLツアーから学ぶこと」

年生を対象に、理事長講座が行われました。テーマは「PBLツアーから学ぶこと」です。

H2 理事長①.jpg

講座の前半では、日本や世界の人口推移、GDP推移のデータをもとに、今後予想される日本と世界の変化についてです。

近い将来、世の中の多くの仕事はAIやロボットに取って代わられると言われています。。そこで「どのような仕事が残ると考えるか。」と生徒達に問いかけられ、生徒達は「アーティスト」や「教師」など、ロボットには難しいと思われる職業を答えていました。生徒の答えを受けて、将来残る職業に必要なことは3つあると渡邉理事長は解説します。

1つ目は「想像力と創造力」。2つ目は「問題発見能力と問題解決能力」。そして3つ目は「人間力(コミュニケーション能力・リーダーシップ・プレゼンテーション能力)」です。ゼロから何かを生み出す想像力を養い、チームをリードできるような力と広い視野を持つことの大切さを、生徒たちも理解してくれたことと思います。

また、地球が抱える大きな3つの問題である「食糧問題」・「エネルギー問題」・「環境問題」を例に、地球に暮らす者としての責任を考える必要があり、これらの諸問題の解決には、全ての国、全ての人間が一致団結することが必要不可欠です。渡邉理事長からは、SDGsの視点を常に持ち続け、自らにできる努力を惜しまないでほしいというお話がありました。

後半では、PBLツアーの各研修先でどのような目的意識を持って探究活動を行ってもらいたいかについてです。今年度の研修先と研修目的は次のようになっております。


・シンガポール「日本の未来を考えて、持続可能な国のモデルを学外へ発信する」

・カンボジア「貧困問題の改善方法を想像する」

・台湾「『国家とは何か』『平和とは何か』日中台の国際関係と歴史的史実から考察する」

・美幌・知床「ともに生きる ~豊かな自然と生命を体感し、ともに生きるため、そのあり方を考える~」

・夕張・東川「財政破たんを乗り越え、地方自治体が存続しつづけるための方法を探究する」

・陸前高田「震災復興と未来につながるまちづくり」

・臼杵「地域活性化に必要な思考プロセスと『6次産業化』視点の重要性を知る」

・屋久島・口永良部島「島:海と陸の現在・未来についてグローバルな視点で考える」


生徒たちが各研修先で何を探究するのかは、グループによって異なります。渡邉理事長からは、「何を学ぶかしっかりと決めて準備をし、自ら問題意識を持ち、問題発見をし、問題解決をする。そんなツアーをしてもらいたい。」と生徒にエールを送りました。

H2 理事長②.jpg


講義の終盤の質疑応答では、日本の経済に関することや社会から求められる人材に関すること、日本人と諸外国の人々が持つ自己肯定感の数値の違いに関することなど様々なジャンルの質問があり、渡邉理事長は1つ1つの質問に対し、分かりやすい解説で答えていきました。

H2 理事長③.jpg

この講座を通して生徒たちは、地球が抱える諸問題や、その問題解決のために世界を知ることの必要性を認識し、何のためにPBLツアーを行うのかを理解できたことと思います。PBLツアーを通して多くのことを学び、将来に活かしてくれることを期待しています。

2019/06/24 【夢教育推進部】

郁文館中学校 2年生 理事長講座 「命の大切さ」

5月30日(木)に中学2年生対象の理事長講座が行われました。翌週には修学旅行を控えており、北海道で農業や漁業の体験をするにあたって今回の講座では「生命の大切さ」について学びました。

最も重要なことは「命は繋がっている」ということです。人間は、野菜や動物の生命をいただいて生きているということを忘れないでほしいという渡邉理事長の強い思いを、生徒たちは真摯に受け止めていることが表情から伝わってきました。

「あなたが生まれてきてくれて良かった。ありがとう。」

そう言ってもらえるような生き方をしてほしいと、渡邉理事長は生徒に対して入学当初から常々言っています。善い行いをした人間であろうと、悪い行いをした人間であろうと、一人一人の人生が長いか短いかは誰も知ることはできません。だからこそ、1分1秒を本気で生き、一人の人間として多くの「ありがとう」を集める人生を送ってほしいと思います。

また、このようなお話もありました。

「家系を30代遡ると10億人と繋がる」

自分、両親、祖父母・・・。30代遡ると10億人と繋がるということは、先祖まで遡ると信じられないほど多くの人との繋がりがあることがわかります。もし、その中の1人でもDNAが違えば今の自分はいないということになります。これこそがまさに命の繋がりであり、多くの人から引き継いだ命を大切にして生きてほしいと、理事長先生は伝えてくれました。

一方、世界では食糧問題の深刻化が進んでいます。人類が歩みを進めて上で、必ず向き合わなければいけない問題です。地球上の9人に1人が栄養不足であり、3人に1人が栄養不良であることがわかっています。1年間で地球上には24億トンもの食糧が生産されているといわれています。世界の人口71億人で割ると、1人あたり388kgの食糧を得ることができます。人間が1年間で必要とする食糧は180kgといわれているので、不足するはずがありません。

なぜこのような問題が起きているのか。それは地球上の人口の2割にあたる先進国に住む豊かな人々がほとんどの食糧を食べ、作り過ぎては捨てるという行為を当たり前のように繰り返しているからです。その2割の人々に、我々日本人は含まれます。この重い事実をどのように受け止め、どのように行動していくのか。「誰かがやってくれる」ではなく「自分がやる」という意識を持って、このような問題と向き合ってほしいです。


以上が今回の講座の内容です。命の大切さや食糧問題を知った上で、命と命を繋ぐということを学び、理解する為に北海道での修学旅行を有意義なものにしてほしいという理事長先生の強い願いを胸に、修学旅行に臨んでほしいと思います。

最後に、生徒の感想を紹介いたします。

『いつ死ぬかわからないという話がとても心にささりました。1分1秒を大切にしようと思いました。』

『今は、話を聞いただけで実感できていないような状況にあるので修学旅行のなかで今回の講座の内容についての理解を深めようと思った。』

『「損得ではなく善悪で判断せよ」の意味が改めてよくわかった。』

『プラスチックのように、利便性の裏にある代償などをとても理解できました。また、有機農業の利点についてよく理解できました。』

『命の繋がりと自然環境について理解できました。自分の夢は漁師で関わっていることが多くあると思うので、家に帰ってから改めて考えたいです。』


M2理事長①.jpg

M2理事長②.jpg

M2理事長③.jpg

2019/06/17 【生徒指導部】

1学期 あるべき姿追求週間

元号が平成から令和に代わり、新時代の幕開けとなったわけですが、学校生活では常に初心を忘れず原点に返って自分を見直すことが大切なことだと考えています。

郁文館では、「あるべき姿追及週間」と銘打って、1週間の期間を設け、生徒1人1人の身嗜みはもちろんのこと、①日の大半を過ごす教室や各自が管理している個人ロッカーの施錠の状況など、普段をもう一度見直す機会としています。

あるべき姿①.jpg

移動時の教室

あるべき姿②.jpg

2学期にもこの「あるべき姿追求週間」を行い、【夢教育】3つの力の1つでもある『人間力』をさらに向上させていきたいと思います。

2019/06/10 【進路指導部】

高校・グローバル高校3年生対象進学激励会

土曜日の3・4限目に高等学校・グローバル高等学校3年生を対象に進学激励会を実施いたしました。

難関大学への合格を勝ち取った先輩たちは、受験に対する心構え、日々の時間の使い方、実際におこなっていた勉強法など3年生にとって有益な情報を余すところなく話してくれました。

激励会②.jpg

激励会①.jpg

生徒たちからは「自分が合格のために今何をするべきかがわかった」「自分たちのために熱心に話してくださる先輩方を見て私も頑張ろうと思った」などの前向きな反応が多く見られました。

激励会④.jpg

激励会③.jpg

また、進学激励会終了後も個別に話を聞きたい生徒に対して先輩たちも親身になって相談に乗ってくれていました。

激励会⑤.jpg

生徒たちはこの激励会をきっかけにさらに受験生としての自覚を持ち、日々精進して合格をつかみ取ってもらいたいと思います。

2019/06/01 【夢教育推進部】

高校1年生 理事長講座 「起業すること」

高校1年生を対象とした理事長講座を開催しました。

郁文館高等学校の高校1年生は毎年、10月の郁秋祭にて、「起業体験プログラム」を実施します。このプログラムでは、起業することはもちろん、株式会社と何なのか、会社はどのようにして収益を上げているのかを、実体験を通して学ぶことができる郁文館高等学校独自の活動です。そこで、起業の大先輩であり、上場企業の創業者でもある渡邉理事長より、「起業すること」と題してお話ししていただきました。

渡邉理事長は、起業において、何のために起業するのか(ミッション)、どんな会社を創るのか(ビジョン)、そしてどのような方法でそれらを実現するのか(戦略)、つまり総じて言えば、「想いを形にすること」が最も大切であると力説しました。

そして、CSR(企業の社会的責任)、CSV(共通価値の創造)を例に、社会的な課題の解決と企業の競争力向上を同時に実現していくことを生徒たちに求めました。
そのために欠かせないことが、今年の起業体験プログラムから始まる、SDGs(持続可能な開発目標)に照らし合わせながら、お店の成功と社会的問題の解決の2つを実現していくことです。

お店の成功とSDGsを関連させるというのは、一見難しい問題に思えてしまいそうですが、例えば、お店で使用するエネルギーをすべて自然エネルギーで賄えば、SDGs目標⑦番の「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」を実現が可能であると理事長先生は分かりやすい例えを出して解説しました。

sdg_icon_07_ja.png


※SDGsとは

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2030年までに国連加盟国が達成すべき17の目標で、2015年の国連サミットで採択されました。  


講義後の質疑応答では、渡邉理事長に対し、生徒からは多数の質問が投げかけられました。中には、経営者であり、また政治家であることから、交渉において気を付けるべきことなど実務的な話題も多数ありました。

生徒たちは、この講座を通して「起業体験プログラム」の意義をより深く理解する機会となりました。また、幸せな人生につながる多くのヒントを得ることができたと思います。それらを今後の生活に活かし、自分の成長につなげてくれることと期待します。

最後に生徒の感想を簡単に紹介します。

『自分は文化祭で他に負けないぐらい稼ぐことができる店を作ることができるように、理事長先生の話をもっと聞きたいと思った。』

『これからの未来、SDGsをもとに考えて企業しないと、事業を成功させることができないんだとお話を聞いて感じた。』

『将来、企業をすることはなくても、自分のためになることだったし、これからも企業などお金や相手を大事にする心、礼儀などを学びたいと思いました。』

『7SDGsの大切さや、CSVの意味とCSRとの違いや、ミッションは組織の存在意義、ビジョンはワクワクする数値目標、戦略は差別、集中、価格について、のこの3つの大切さも学んだ。』

『社長になろうと思った。』

『将来起業したいと思っていたのでとてもためになりました。』

H1年 理事長.jpgのサムネイル画像

2019/05/21 【郁文館中学校】

中学校「第3回 お金科講座」

郁文館中学校の2年生を対象とした「第3回お金科講座」が行われました。

今回の講義では講師をお招きし、『Life Planとお金』をテーマに学習しました。

 始めは、映像を見て、人生において大きな選択をする際に、お金がかかわることを学びました。たとえばマイカーを購入する際に、現金一括購入するのか、ローンを組むのか、ローンを組む場合には利息・利率に注意する必要があるなど、生徒たちにとっては今まで考えたことがないものだと思います。また、大学への進学、社会人になった後どのような生活をしているか、結婚後、老後など、生徒たちにとってはまだまだ先のことを具体的に映像で見ることで、想像することができたようでした。

 
 次に、ワークシートに沿い、将来の夢について考えました。ワークシートでは5年後の自分が何を勉強しているか、どこで働いているかなどの「ライフプラン」を具体的に記入しました。どの生徒も将来の夢について具体的に書くことができており、さすがは郁文館の生徒です。

 現在描いている将来の夢に、就職、結婚、マイカー・マイホームの購入などライフイベントを具体的に考えることで、さらに夢の具体的な「ライフプラン」を完成させることができました。そして、数名の生徒が自分の立てた「ライフプラン」を発表しました。より深く「ライフプラン」を立てるために、2人1組のインタビュー形式で具体化しました。

 
 最後に、キャッシュフローの例を見て、収入・支出のバランスからいくら貯蓄できるのかなどを把握し、今まで気が付くことのできなかった問題点を発見することができると学びました。

 生徒たちは今回の講座を通じて、思い描いた夢や目標が実現できるかどうかについて、「ライフプラン」を作ることである程度の見通しができることを学びました。また、将来進む方向が正確に定まっていないなら、いくつかのパターンを考えてシミュレーションをすることも大事であることを知りました。
 
 一般的にお金の話はなかなか出しにくいものですが、生徒たちは「お金科」講座での学びが自分の夢や目標を実現する上で、大切な判断材料の1つになる知識であることを再確認する機会となりました。


お金科①.jpg

2019/05/16 【進路指導部】

高校・グローバル高校3年生対象進学説明会

4月24日、1時間目のロング・ホームルームの時間に郁文館高校・郁文館グローバル高校3年生を対象とした進学説明会を実施いたしました。

大学入試を迎えるにあたり、大学入試の仕組み、受験生としての心構え、この1年間の生活や勉強に対する姿勢についての話が進路指導部からありました。


特に、今年度は大学入試センタ―試験の実施が最後の年であり、また、2020年度入試改革の1つの骨子である「思考力」「判断力」「表現力」を試す入試問題が増加している傾向があるとの説明もありました。

3年生は熱心に説明を聞いていました。これからの1年間の頑張りに期待しています。

HG生徒進学説明会.jpg

2019/05/10 【国際交流センター】

インドの子どもたちが来校しました

4月26日(金)、インドから20名の子どもたちが来校し本校の生徒と交流を行いました。午前中のみの短い時間ではありましたが、各校の生徒たちと様々な活動を行いました。

グローバル高校のアジアゼミでは夏にインド渡航を行っていますが、現地で習ったダンスと日本の踊りを子どもたちと練習し、双方の文化を肌で学びました。また年上の子どもたちとは両国の教育についてディスカッションをする機会を得て、SDGsの観点から意見交換をしました。

※SDGsとは

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2030年までに国連加盟国が達成すべき17の目標で、2015年の国連サミットで採択されました。  


郁文館中学校のグローバルリーダー特進クラスの中学2年生は自分たちの英語スキルを活かし、学内を案内するツアーを行いました。インドの子どもたちも年齢関係なく英語は堪能で、お互い意思疎通をしながら様々な設備、教室を紹介しました。

インド来校①.jpg

郁文館高校のe特進の1年生は学内ツアーを担当するとともに武道の授業を一緒に受講しました。学校内では初めての交流の機会となりましたが、案内や説明の中でできる限り英語で伝えようと頑張っていました。最後はe特進1年生全員とインドの子どもたちがお別れセレモニーということで、インドの子どもたちからのスピーチと国歌披露がありました。短時間ではありましたが名残惜しそうに手を振る子どもたちの姿が印象的でした。

インド来校②.jpg

インド来校③.jpg

インド来校④.jpg


交流後、生徒から
「もっと英語を勉強しようと思った」「インドの子たちが自分の下手な英語にもきちんと反応してくれて嬉しかった」「また交流の機会があれば日本のことを紹介したい」

など今後の学習意欲に溢れる感想が多くありました。

学校としても積極的に海外からの学生を受け入れ、今後も生徒たちとの交流の機会を増やしてまいります。






2019/04/30 【生徒指導部】

新入生対象 クラブ勧誘・紹介

新入生に対して、クラブ勧誘・紹介が4月15日に行われました。

本校体育館で40を超えるクラブ・委員会などが、新入生に向けて団体の紹介と勧誘を行う日になります。紹介ではしっかりと自分たちの部活動の詳細を説明が出来る委員会やや、気持ちを全面に押し出して楽しい部活動であることをアピールするクラブもあり、様々な色が出ていました。

その後に行われた勧誘では、各クラブが新入生に対し、活動内容や魅力について一生懸命説明していました。新入生も各部活動の先輩と触れ合い、この先の学園生活への期待でワクワクした表情になっていました。


勉強が本分の学生ですが、部活動など課外活動をしっかりと活用して、これからの学園生活がより充実したものになるようにして欲しいと思います。


部活動①.jpg

部活動②.jpg

部活動③.jpg

部活動④.jpg

2019/04/20 【生徒指導部】

1学期始業式

平成31年度(令和元年度)1学期始業式が行われました。

新年度を迎えた生徒達へ、渡邉理事長は、入学式に新入生に向けて贈った今年の漢字である、「頂」という言葉の意味を説明し、今年の目標を個人個人が定め、日々歩みを止めずに努力する大切さについてお話いただきました。

生徒たちは始業式の中、終始緊張した様子でいました。新しいクラス、新しい先生、新しい学年。新しい学校生活を過ごすうえで、明確な目標を持ち、努力を継続してほしいと思います。


始業式①.jpg


始業式②.jpg

ENGLISH
PAGE