郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート

最新のレポート

2022/01/17 【郁文館グローバル高等学校】

グローバル高校 いくわせプロジェクト(郁文館×早稲田大学プロジェクト)第二弾!

グローバル高校1年生の特別授業を、「自分の言葉で日本を語れること」をゴールに設定し、早稲田大学 マニフェスト研究所より講師2名お招きして行いました。

あ1111.jpg

早稲田大学 マニフェスト研究所からは、『ありたい姿から考えること(バックキャスティング)』の大切さと、ありたい姿をはっきり示すためにマニフェストの価値があるとのお話を頂きました。
ビジョン(ありたい姿)とビジョンに向けての目標をはっきり示し、より良くなるようPDCAサイクルを回すツールとして、マニフェストの価値があるとのことでした。
これは、郁文館が教える「夢を叶えるために必要な仕組み」と共通することで、生徒たちが普段実践していることの大切さを再確認できるお話でした。

海外では、日本とは異なり政治の話題が日常会話に出てきやすいため、留学先にて自分の意見を求められる機会が増えます。
この特別授業では、自分の暮らしが政治とつながっていることに気づかされました。この気づきが自分の意見を形作る土台となります。
数字でみる"日本とカナダの政治"コーナーでは、18歳選挙権に関して、両国の比較をし、日本が2015年、カナダが1970年に成立したことを知り、カナダの主権者教育が日本より進んでいる背景の一つを知りました。
グループワークでは、日本の政治や選挙の課題について話し合い、どうしたら解決できるかを議論し、発表しました。

あ2222.jpg

政治を自分事化することができている生徒も見受けられ、自分の言葉で日本を語れる生徒がこれからも増えていくことを期待しています。

2022/01/11 【夢教育推進部】

中学3年 理事長講座「夢7原則から学ぶ高校進学への心構え」

高校進学を控え、進路選択をしていく時期にある中学三年生に、「なんのために高校へ行くのか」をテーマに、理事長先生の経験を踏まえながらお話いただきました。

c1111.jpg

理事長先生はまず、生徒達に「何故高校へ行くのか」と問いました。しかし、高校へ行く意味を明確に持っている生徒はほんの数人で、ほとんどの生徒が「周りの人がみんな行くから」という理由で進学を希望していました。

理事長先生は、「今、自分はなぜ高校へ進学し、高校生活の3年間をどう過ごしていくのか明確にしていかなければならない。」と強く生徒に伝え、生徒たちはその言葉に胸を打たれたようでした。

c2222.jpg

続いて、理事長先生は夢7原則に沿って夢を叶えるために必要なことをお話くださいました。

夢には動機付けが大切で、理事長先生が過去に経験した「感動」が、どうしても叶えたい夢の原点になっていること、どうしても叶えたいという気持ちが、逃げたくなった時こそ負けない心の強さや、様々なチャンスを与えてくれることをお話になりました。
理事長先生からのお話の中でも、特に生徒たちの心に深く刺さったことは、「あきらめないことの大切さ」についてです。熱心に聞きながら、夢手帳にメモを取っていました。進路選択に迷っている今、彼らの背中を押してくださるようなお話でした。

c3333.jpg

講座の最後には質疑応答の時間を取っていただき、生徒からの夢に関することや経営に関するものまで様々な質問を、一つ一つ丁寧に答えてくださいました。

この講座を通して、生徒たちは「何故高校へ行くのか」について、目的意識を持つことができたことと思います。目の前のことから逃げずに、夢や目標に向かって努力し続けられるような、高校生になってほしいと感じました。

最後に生徒の感想を簡単に紹介します。

・今までなんとなく高校に行こうと思っていたがしっかり高校に行く理由を見つけようと思った
・高校にただ周りが行くから行くのではなく高校3年間で何を目標にするのかを決めたい。
・私はみんなを笑顔にできるような看護師になるために高校に通おうと思っていました。 しかし、もう少し具体的にどんな看護師になりたいのかを今学期中に決め、高校ではどんなことをすればいいかなど自分に必要なことをしっかりと決めようと思いました。
・何かをやめる時に逃げる気持ちを持ったら失敗するという話が一番印象に残りました。 これからなにかあるたびに気をつけたいと思いました。

中学の最後を締めくくりつつ、春から始まる高校生活にワクワクする3学期を送ってもらえるよう期待します。

2022/01/07 【生徒指導部】

三学期 始業式を実施しました

1月7日(金)に三学期始業式が行われました。

前日、東京に大雪警報が発令され、学校がある文京区も約10cmの積雪に見舞われました。

生徒の安全な登校を確保するために、午後に登校時間を変更しての開催となりました。

コロナウィルス感染が再増加しつつある状況で、生徒たちの精神的なストレスも心配でしたが、皆元気な姿を見せてくれました。

DSC_0752.JPG

始業式は、コロナウィルス感染防止のため、ICT教室「FUTURE LAB」からライブ配信で各教室と繋いで行いました。
このライブ配信は、IBS委員会(放送委員会)の生徒達が運営を行っています。

DSC_0753.JPG

始業式ではまず、渡邉理事長・校長先生の講話がありました。

新年の「新」は、校長先生は、0から1を作るということではなく、「立つ木に斧を入れる」という意味であると考えている。『新しいことをする』とは、今どのような「自分の木」が立っているかをまず最初に把握して、その木に様々な創意工夫して行くことなのです。まだ「自分の木」が立っていない人は、その木を立てるという決意を持つことから始めよう。
新年を迎えるたびに、自分にはどんな木が立っているかを意識して、いろいろな創意工夫を計画し、新しいチャレンジをどんどん実行していってもらいたいと、お話されました。

また、校長先生は2つの言葉を生徒達に贈りました。


1つは、ロダンの言葉で「石に一滴一滴と食い込む水の遅い静かな力を持たねばならない」というもの。
これは、
小さな力が、石を削るほどの大きな影響を及ぼしている。夢を叶えるために、この小さな力(努力)をしっかり行ってほしい。

2つ目は、日蓮の言葉で「一丈のほりをこへぬもの 十丈 二十丈のほりをこうべきか」というもの。
これは、一丈(約3m)の堀を越えられないのに、それより大きい堀は越えられない。
つまり、夢を叶えるには一歩ずつです。小さな一歩が踏み出せないのに、いきなり大きな夢は叶えられません。

そして、「継続は力なり」。小さな努力の積み重ねを大切に、夢に向かって目の前の目標を達成していってほしい。というお話でした。

DSC_0755.JPG DSC_0754.JPG

新年・新学期のスタート。気持ちを新たに、良いスタートが切れた始業式でした。まずは自分の立つ木を確認し、それぞれの目標に向かって、一つひとつ確実に実行していきましょう。


郁文生の三学期の成長を、教職員一同期待しています。

2022/01/06 【郁文館中学校】

中学iPclass 陸前高田・気仙沼研修を実施しました

~陸前高田・気仙沼研修レポート~

11月18日(木)~11月21日(日)の4日間で「陸前高田・気仙沼研修」を実施しました。
この研修では「未来を復興するツアー」として、有機・循環型社会、命をテーマとした体験を通じて、楽しみながら学べる施設「ワタミオーガニックランド」を活用して、SDGsを実践的に学ぶこと
を目的として取り組みました。
また、未来を復興するために必要な「雇用」と「納税」を生み出すことを、ランド内にある農場、工房、ショップ、レストランなどに触れることで体感することも大きな目的です。

どんな研修となったのか。レポートしたいと思います。

【1日目】
待ちに待った陸前高田・気仙沼研修が始まりました。
新幹線で一ノ関まで行き、その後、バスで陸前高田へと向かいました。この日は、午後だけの活動です。
「桜ライン311」の活動に参加しました。
「災害で生まれる悲しみを2度と繰り返さない未来を創る」ために、津波の到達点に桜の木を植樹し、未来の人たちに伝え残し、もしも、津波が来た時は、桜の並木よりも高いところに逃げてもらおうという思いを我々も共有しての活動となりました。
協力して穴掘りから始まり、施肥、固定、添え木をして、最後は鹿よけの匂い袋をつけて終わりました。2時間に及ぶ作業でしたが、4本の桜を植える事が出来ました。

20211118_154052.jpg 20211118_160603.jpg

2日目】
渡邉校長が経営する「オーガニックランド」体験学習の一日です。
陸前高田の海に近い場所にオーガニックランドは建設されていました。
そこは旧市街地で、現在は住宅を建ててはいけない地域です。約23ヘクタールで東京ドーム5個分の広さの土地に、日本初のオーガニック・命をテーマにした環境配慮型テーマパークです。

20211119_102456.jpg のコピー.jpg 20211119_103348.jpg

渡邉校長と一緒に海岸を歩きながら、この地に起こった未曾有の被害をもたらした津波の話を聞き、この地の人々がどんな思い出あの日から過ごしてきたかを学びました。

20211119_111129.jpg 20211119_111054.jpg

収穫体験では、ベビーリーフやパプリカを摘みながらいただき、瑞々しさや、味の違いを感じながら、種を残す素晴らしさを感じました。
渡邉校長の講話では、オーガニックランドの果たす役割、このパークに掛ける思いを聞きました。
また、「奇跡の一本松」の所で校長先生が伝えたことは、どんな時でも「諦めない」ということ。何をするにも1番大切なことは「自分の意思」だという事をお話ししました。
今後も、まだまだ建設途中であるこのパークを生徒達のアイディアで、日本中の学生が食と命を体感できる修学旅行の設計を目指していきます。


【3日目】
午前中は陸前高田市の市内散策でした。
まだまだ残る震災の爪痕。綺麗な町との対比でより鮮明に津波の凄さを実感しました。
津波の被害から復興した街を一望できる高台に行き、計画都市として復興をしてきている街を見ました。

20211120_103340.jpg 20211120_114511.jpg

その共通点は、オーガニックランドもそうでしたが、新築する建物はほとんどが木造建築です。その意味を聞き全員納得でした。新しい街に伝統を残していく工夫もみられました。
地元のお母さんたちがつくったお昼ご飯をご馳走して頂いたり、わかめの芯抜き体験などを楽しみました。
また、クロスゲームを通じて災害時の行動について深く学習しました。


20211120_130301.jpg 20211120_132221.jpg 20211120_142722.jpg

最後に、陸前高田市長さんから震災の体験談とこの街の復興への思いを聞かせていただき、市長の熱意がここまでの復興に繋がったのだと実感しました。


【4日目】
研修最終日は、気仙沼の震災伝承館で半日過ごしました。震災の被害を受けた高校をそのまま残し、災害の恐ろしさを語り部さんより生々しい話を聞きながら見学していると、その当時の光景が目の前に再現されるような錯覚に囚われ、恐怖と悲しさがこみ上げてきました。

20211121_094303.jpg 20211121_103418.jpg

また、この日は、月に一度の市を挙げての防災訓練が行われ、その訓練にも参加しました。津波を想定して、高台へと避難する訓練ですが、誘導員の歩くスピードの速さが、津波の恐ろしさを感じさせられました。

20211121_113339.jpg

そして、我々の団体が来館15万人目ということで、気仙沼市長さんから「若い皆さんが、防災意識を高め、その意識を広めてくれることを期待します。」のお言葉をいただき身の引き締まる思いになりました。

この四日間で、「災害の恐ろしさ」を感じ、多くの人たちと接する中で、「命の尊さ」を痛感することになり、皆「今このときに生きている奇跡を大切にする」気持ちを心に刻むことができたと思います。
また、宿泊行事を通じて、毎晩のミーティングや移動のバスの中での友達とのディスカッションなどを通じて、学校の座学では学べない様々な人間力の成長に繋がっていると思います。

今後、このような研修を更にブラッシュアップして、日本一の「学び、体験し、考え、挑戦する」研修を目指してまいります。

2021/12/25 【進路指導部】

中学校3年生の生徒・保護者対象の進学説明会を実施

郁文館中学校三年生の生徒・保護者対象の進学説明会を実施いたしました。

01.jpg

郁文館高等学校・グローバル高等学校の教員や生徒から、教育課程や特色のあるクラスの紹介をしました。また、郁文館が運営する広域通信制・単位制のID学園高等学校の説明もあり、3つの学校、12のクラス・コースから生徒一人ひとりに合う進路について説明いたしました。

02.jpg

全体会終了後に郁文館高校の特進クラス、e特進クラス、東大クラス、グローバル高校の生徒たちが、中学三年生からの相談や質問に直接答えていました。

03.jpg 04.jpg

年の近い先輩たちの言葉に熱心に耳を傾け、自分の進路選択について真剣に考える中学三年生の様子が頼もしくも思えました


中学生活も残すところ、4か月を切りました。この説明会をきっかけに、更なる学業への意識を高め、高校生活の良いスタートが切れるよう準備をしていってほしいと思います。

2021/12/24 【SDGs教育】

教育業界初!お米(非食用米)由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」を導入

SDGsの活動の一環として、学校説明会等で配布する資料用袋をバイオマスプラスチック『ライスレジン®』に切り替えたことをニュースリリースしました。

以下、転記となります。


脱炭素社会へ向けて「SDGs教育日本一」を目指す郁文館夢学園ができること


学校法人郁文館夢学園(所在地:東京都文京区 理事長:渡邉美樹)は、学校説明会等のイベント時に配布する資料用袋を"国産のお米(非食用米)"を原料に使った国産のバイオマスプラスチック『ライスレジン®』に切り替え、使用を開始いたしました。
『ライスレジン®』の導入は教育業界では初の試みとなります。



「ライスレジン®」とは、食用に適さない古米、米菓メーカーなどで発生する破砕米など、飼料としても処理されず、廃棄されてしまうお米を、プラスチックへとアップサイクルした素材です。日本ならではのお米(非食用)を使用し、石油系プラスチックとほぼ同等の高品質な素材です。元来地球上にある植物を原料とするため、地上の二酸化炭素に影響を与えない「カーボンニュートラル」の性質を持ち合わせているだけでなく、日本国内で派生した非食用米を使用するため、日本国内の農業支援や工業支援につながります。CO2の削減、石油資源の抑制、フードロスを削減し、SDGsに貢献します。

当学園は「SDGs教育日本一」を目標に掲げ、全教科・カリキュラム・学校行事などあらゆる行動をSDGs17項目と紐づけ、学ぶ目的を明確にした取り組みを行っております。
今回「ライスレジン®」の起用により、在校生に加え、入学を考える小・中学生・高校生にサステナブルを身近に感じ、地球環境について考える学びの機会を提供してまいります。


学校法人郁文館夢学園 SDGsの取り組み


~SDGs教育 日本一の学校を目指して~
郁文館中学校、郁文館高等学校、郁文館グローバル高等学校での各種情報を掲載しています。

2021/12/22 【生徒指導部】

二学期 終業式を実施しました

本日、二学期終業式を行いました。

DSC_0646.JPG

今年度の終業式は、コロナウィルス感染拡大防止のため、ICT教室「FUTURE LAB」からライブ配信で各教室と繋いで行いました。
このライブ配信は、IBS委員会(放送委員会)の生徒達が運営を行っています。

DSC_0649.JPG DSC_0643.JPG

理事長からは、論語の言葉を用いて年末年始の過ごし方に関するお話がありました。
「教え有りて類なし」
これは、人間は教育によって差ができるのであって最初から差があるのではないという事を言っています。
休みの期間、いかに学んで自身の成長につなげるかを意識して毎日を過ごして欲しい。

そして、学んで成長するためには「計画」を立てることが重要である。この年末年始に1年後の成長した自分をイメージしながら来年の計画を立てて欲しい。
世の中でいう成功者は、共通して「PDCA」を回すことができる人たちです。これは紛れもない成功する秘訣です。
「PDCA」のP=計画をしっかり行って欲しい。

最後に、「
君子は和して同ぜず 小人は同じて和せず」という論語。これは、すぐれた人物は協調はするが、主体性を失わず、むやみに同調したりしない。普通の人物はたやすく同調するが、心から協調することはないということを意味していて、目先の楽しさや誘惑に惑わされず、大切な時間を「学んで成長する」ために使って欲しいと生徒達に伝えました

DSC_0645.JPG

現在もコロナウィルスの影響は続いており、まだ暫くはこの状況が続くことも予想されます。
くれぐれも体調管理、感染防止に気を付けて、生徒全員元気に新年を迎えてほしいと思います。

年明け、郁文生一人ひとりが更なる活躍、成長することを期待しています。
元気な笑顔で三学期に会いましょう。

2021/12/14 【夢教育推進部】

高校1年生理事長講座 「夢達成のための進路選択」

高校1年生を対象に理事長講座が行われました。今回は「夢達成のための進路選択」と題して、進路選択に必要な心構えについて話がなされました。

う.jpg

本題の前にまず、先に行われた衆議院議員総選挙についての話から始まりました。
日頃からニュースにアンテナを立てることで、様々な社会問題を自分ごと化する狙いがあります。また、大変な世の中ではあるものの、しっかりと将来を見据えて自らの進路を考えられる生徒に育ってほしいという願いが込められています。

郁文館では高校2年から文系、理系に分かれて学習をします。そのため、高校1年生のこの時期に文理選択をする必要があります。渡邉理事長・校長はまず、文理選択において一番重要なのは、将来なりたい姿から逆算して決定することだということを生徒たちに伝えました。
好きなこと、得意なこと、将来やりたいことの3つを考えたうえで文理選択をする必要があるということです。
郁文館では、夢の方程式として「遺伝(得意なこと)✖意志(好きなこと)✖夢(君が起こす奇跡)✖運(七つの約束)」を掲げています。得意なことで好きなことは、神様から送られたDNAが備わっており(得意)、かつ努力が苦にならない(好き)からです。

また、ただ単に将来なりたい職業を考えるのではなく、その職業を通して実現したい世界観や、自らがどのように生きていきたいのかなどをイメージをすることも大切です。

次に、将来の日本に対して危機感を持つことが大切だという話がなされました。
現在の高校生が社会に出て活躍する頃には、少子高齢化による労働人口の減少、それに伴う移民政策、そしてAIの台頭などで日本人以外の方々と仕事を奪い合うと言われています。
しかし、このような転換の時代だからこそ、常に向上心を持ち進歩を続け、個々が力をつけなくてはならないとメッセージが送られました。
会社が倒産しても、グローバル企業が押し寄せてきても、日本が財政破綻しても、どのような状況でも社会で必要とされる一流の人材になって欲しいという思いを込めて生徒たちに話されました。

あ.jpg

最後の質疑応答では、「労働力がAIに代わる時代に、理事長が経営する会社はどれくらい対応しているのか」など鋭い質問も出て、理事長も話す内容に熱が入っていました。
今回の理事長講座により生徒が幅広い進路選択をし、新時代に対しての考えを深めていくことを願っています。

2021/12/06 【バングラデシュ姉妹校】

郁文館が運営するバングラディシュ姉妹校と郁文館高校との交流企画を実施しました!

郁文館夢学園とバングラデシュの姉妹校(以下NDMSC)で交流企画を実施しました。
郁文館夢学園では、グローバル力向上の為に毎年NDMSCとの交流企画を実施しております。
今回は中学一年生、高校一年生、グローバル高校一年生を対象に交流を実施しました。

ああああ.jpg いいいい.jpg
郁文館高校             NDMSC(バングラディシュ)

今回は、高校一年生の交流の様子をお伝えいたします。
はじめに、郁文館高校教員からNDMSCが設置されている場所についてや、設立の思い、経緯などの概要を説明をした後、オンラインで現地と繋いで、NDMSC職員による『NDMSCスクールツアー』と題した学校案内をしてもらいました。
スクールツアーでは、NDMSCの校舎を初めて見る生徒も多く、学校の周りに農地が広がっていることや、校舎が4階まであること、教室が綺麗なことに高校一年生たちは驚いていました。


オンラインスクールツアーの後は、互いに自己紹介を行い、お互いの国のことや夢について質問をし交流を深めました。

うううう.jpg ええええ.jpg


郁文館の生徒からNDMSCの生徒への質問には、

「どんな夢を持っていますか?またそれはなぜですか?」
「バングラデシュの社会問題にはどんなものがありますか?」
「好きな食べ物はなんですか?」
などの質問がありました。
日本にはない食べ物が答えの中にたくさん出てきており、文化の交流も行うことができました。


交流終了後の高校1年生たちへのアンケートでは、
「このような交流をもっと増やしてほしい」
「もっと互いの国で夢を語り合いたい」
「一緒に何かの作品を創ってみたい」
という意見が多数挙がりました。

普段日本の友人の夢を知ることはできても、海外の同世代の人がどんな夢を持っているのかを知る機会はない為、貴重な体験が出来ました。


おおおお.jpg

国は違いますが、夢の持つエネルギーに変わりはありません。
国境を超えて、夢を語り合い、成長する子どもたちを全力で応援していきます。

2021/12/01 【郁文館中学校】

中学校グローバルリーダー特進クラスで「ビブリオバトル」を実施しました

国際社会で活躍する人材を育成するグローバルリーダー特進クラスでは、例年2学期にビブリオバトルを実施しております。

あああ.png

ビブリオバトルは、発表者が読んで面白いと思った本を、順番に発表し、それぞれの発表後にディスカッションを行います。
すべての本の発表後「どの本が一番読みたくなったか」を基準として投票を行い、最多票を集めたものを「チャンプ本」とするのがビブリオバトルの概要です。

グローバルリーダー特進クラスに所属する生徒約160名を、学年混合のグループに分けて予選を実施し、各グループの上位者にて決勝を行いました。

いいい.jpg

決勝進出の5名にて、中学校全体に向けての発表を実施し、今回は中学3年生の生徒が優勝を収めました。

ううう.jpg えええ.jpg

グローバルリーダー特進クラスでは、3年生での留学をひとつのゴールとしており、日頃から発表する習慣が多い3年生の発表する姿は、下級生にとってとても参考になったと思われます。

2学期後半が終わると、いよいよ3年生は渡航となります。
グローバルリーダー特進クラスの模範として、今回のような発表姿勢など後輩たちにより良い姿をみせてくれることを、引き続き期待しております。

ENGLISH
PAGE