郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート

最新のレポート

2021/08/04 【夢教育推進部】

中学2年 理事長講座 「生命の大切さ」

7月15日(木)に中学2年を対象とした理事長講座を開講しました。

中学2年生では、夏休み明けの9月に北海道への修学旅行が予定されています。
第1次~3次産業の体験を通して「生命の大切さ」について深く考えるという独自のプログラムです。

旅行先での学びをより深いものにするために、「生命の大切さ」と題して理事長・校長先生の講義を受けました。

理事長1-1.png


理事長・校長先生は先ず、ご自身のこれまでの経験や東日本大震災の経験に触れながら、ご自身の死生観を話されました。そして、この世に生まれてきたことの奇蹟や諸法無行の考え方について説明され、悔いのない毎日を送るよう生徒たちに伝えました。
そのうえで、農業とは命と命をつなげる仕事であることを説明し、経営する会社で有機農業を始めた理由や、日本の農業における問題点などについて解説して下さいました。

理事長1-3.png

理事長・校長先生の講義は、命の循環から自然環境の問題、さらには食品ロスの問題へと展開し、生徒たちは手帳に書き込みながら聞いていました。

理事長1-4.png

講座の最後には、質疑応答の時間がありました。
生徒からは、有機農業でダメになってしまう野菜はどれくらいあるのかなどの質問が飛びだし、理事長・校長先生は一つ一つの質問に丁寧に答えました。

生徒たちは、この講座を通して「生命の大切さ」を再認識するとともに、自分たちの生命を支える他の生物とのつながりを意識することができたと思います。
この講座で学んだことを夏期休暇中に深め、2学期の修学旅行で多くの学びを得てくれるものと思います。

2021/07/28 【郁文館中学校】

郁文館中学校 iPclass スクールライフレポート【0728更新】

【夏期授業】

7月15日に1学期の終業式を迎えました。
夏休みに突入ですが、iPclassは、17日から31日まで、先行して2学期の授業がスタートです。

夏期授業1.jpg 夏期授業2.jpg

今まで通り、8時10分の朝のHRからはじまりますが、60分の授業が行われます。
1日3時間の授業ですが、いつも通り、元気に受けています。

夏期授業3.jpg 夏期授業7.jpg


【校長先生による論語の授業】

「論語」についての講義も6回目です。
最初は孔子について、論語についての講義から始まり、毎回 3~4の章句を解説してくれます。
生徒達は、こうぎを聞きながら、メモをとり、自分の生活を振り返ります。
「七つの約束」はまさに孔子の教えと共通するところばかりです。

論語1.jpg 論語2.jpg



【技術の授業】

屋上菜園の土作りをしました。
雑草を抜き、牛肥を混ぜて土を作りました。
肥料の醗酵したした匂いは普段あまりかだ事のない匂いでしたが、その日の日記には、この苦労を毎年している農家の方々に感謝するコメントが書き記されていました。

授業風景1.jpg 授業風景2.jpg


【席上留学】

現在は毎週1回 金曜日の朝実施している席上留学です。
一人ひとりが、自分のiPadを使い、現地のネイティブとマンツーマンで会話を繰り広げます。

2021席上留学1.jpg

個人のレベルに合わせて会話をしてくれているので、誰もが会話が弾んでいます。

2021席上留学2.jpg 2021席上留学3.jpg


【清掃の様子】


7時間の授業が終わったら、清掃当番が使用した教室を「すべてに感謝をせよ。」を心に刻み清掃してくれます。
協力して、効率よい清掃を心がけています。

2021日常清掃.jpg


【教頭によるNIE】

毎週、校長・教頭によるNIEが行われています。
今回は教頭NIEの様子です。
一つの記事を取り上げて、新聞の読み方から、内容の深掘りまで、内容の濃い30分間です。

2021教頭NIE1.jpg 2021教頭NIE2.jpg

生徒達は、客観的に物事を見た上で、じぶんの意見を述べるようになってきています。
一つの記事を文の目線ではなく、俯瞰した物の見方も身につけさせていきます。

2021教頭NIE3.jpg

2021/07/26 【高校生社長講座~起業塾~】

高校生社長講座~起業塾~ 2021年度1学期(後編)~業界研究レポート~

郁文館が展開する実践的アントレプレナーシップ養成講座「起業塾」、現在生徒達は"業界研究"を行っています。

"業界研究"の魅力は、やはり実際に現場の第一線で活躍されている現役経営者の方々からの講話です。

《業界研究 各回ごとのテーマ》

テーマ

内容

第1回 業界の基礎知識

第2回 社長講話①

第3回 社長講話②

第4回 ビジネスモデル検討

第5回 プレゼンテーション

その業界の基本(業界構造、業界の変遷、最近のトレンド等)について学ぶ

社長講話&質疑応答

社長講話&質疑応答

その業界でのビジネスモデル案を作成し、意見交換を行う。

作成したビジネスモデルをもとに、プレゼンテーションを行う。



1学期初回の業種は"外食業界"

Withコロナ時代で勝ち残るための攻めの経営戦略について、生徒達は一生懸命学んでいます
まず講義に来てくださったのは、株式会社S.S.C(SUU SUU CHAIYOO)代表取締役の川口洋社長です。

起業塾2-1.png

外務省での勤務時代にタイの魅力に感銘を受け、一念発起してタイ料理の会社を起業したとのこと。

川口社長「お店で提供する一皿でも、自分たちがどういう人・会社なのかが分かります。その一皿で情熱と愛を提供し、最終的に世の中に必要とされるような存在を目指しています。」


続いては、新潟県を中心に無添加の総菜屋を営む 株式会社ハイブリイの高橋社長です。

生き方のコツは「好きなことをやる!」好きなことを通じて常にワクワクしている人の周りに人が集まる、という高橋社長の言葉通り、講演されている姿からも楽しさと情熱が伝わってきました。

起業塾2-2.png


起業塾は夏期休暇中にも開講されています。
今後も沢山の現役経営者の方々にお越し頂く予定です!

2021/07/24 【SDGs教育】

【ID学園高校】心が揺さぶられる授業!SDGs特別授業でフラメンコ体験!?

ID学園で力を入れている「SDGs授業」。

先月よりSDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」をテーマに学習しています。

本日はフラメンコ舞踊家の星野愛加様とギターリスト&シンガーの内田みつる様にお越しいただき、SDGs特別授業でを行いました。



星野様と内田様は舞台講演はもちろんのこと、特別支援学校や老人ホーム、高校などに出向き、身体を動かすことによる心の表現や感情を開放することの大切さを伝える活動もされています。

また、講演活動で得たお金の一部を毎月インドにある両親を亡くされたり貧困で家では育てられない子供たちが集まる学校におくる活動なども継続されています。
満面の笑顔で話してくれる星野様ですが、小・中学生のころいじめに遭い、苦しい小・中学生時代を送ってきたとのこと。


受験を経て入学した高校でもいじめられ、絶望感を味わった星野様は、食べることさえできなくなり、心身ボロボロな状態だったそうです。しかし20歳を過ぎた頃にたまたま鑑賞したフラメンコに激しく心を動かされ、人生が大きく変わりました。



元々ジプシーの踊りであるフラメンコ。

ひどい迫害を受けたジプシーの人々の中で生まれたフラメンコは、悲しみや怒りなど人々の感情を表現するものだそうです。

人の心を動かすフラメンコに魅了され、星野様は22歳からフラメンコを学び、今では舞踊家、振付家として活躍し、ミュージックビデオなどにも多数出演されています。


当日はご厚意により、フラメンコを実演していただきました。

先ほどまでの星野様の笑顔が一変!人間がここまで情熱を表現できるのかと思うほど激しく、時に張り詰めたような静かさの中、情熱あふれるフラメンコの実演に、教室中が圧倒・・・。


直接フラメンコを観るのが初めてという生徒も多く、みんな目が釘付けです。



すばらしいステージをみせていただいたあとは、いよいよ生徒のフラメンコ体験!

「とても難しそうだけど自分にできるかな~」と思いながらもワクワクを隠せない生徒たち♪


右に、左に、次はくるりとまわってジャンプして、・・・となかなか激しい振付でしたが、
踊れば踊るほど、教室中大盛り上がり!実際にやってみるとなかなかに踊れて生徒も大喜びです!





目標のメロディーを踊りきり、自分もクラスメイトもお互い思わず拍手!

星野様の明るい声掛けと陽気なギターの音色で、とても楽しくフラメンコ体験ができました。

最後は質疑応答です。


―「つらい経験をしたときにどうやって乗り越えたのですか?」(生徒)


「私は休むことも大切にしていました。無理してでも休まないという考えを持つ方もいますが、自分の心に素直にいることも大切だと思います。あと、いろいろなコミュニティに触れて欲しいです。学生の頃って、どうしても学校や家だけが世界のすべてだと思ってしまいますよね。でも世界はとても広い。居場所は一つではありません。全く違う環境や団体に参加して様々な価値観に触れることをして欲しいなと思います。」(星野様・内田様)


―「踊るとき、どんなことを考えていますか?」(生徒)

「私は毎回毎回、『これが最後のステージだ』と思って踊っています。この出会いが最後かもしれない、目の前にいる方、お客様との出会いはこのステージが最後かもしれないという思いで、その時の最高を表現しています。」(星野様)



―「習い事は小さいころからやるものというイメージがあったので、22歳からはじめられて、ここまで極めるってすごいなと思いました」(生徒)

「確かに小さいころから始めていて技術が優れているという方もいます。でも『小さいころから始めていなきゃいけない』って誰が決めたんでしょう?。私はフラメンコを始めてからスペイン語を始めました。何事も始めるのに遅いなんてことはありません」(星野様)

「私は45歳までプログラマーでしたが、フラメンコに心を奪われて、45歳からフラメンコギターと歌を始めました。お金の面とか、仕事のこととかいろいろありますが、最後はやっぱり自分の心です。皆さんも自分の心の思うとおりに、好きなことをやってほしいです。」(内田様)



「万人から好かれようとすると、誰の心も動かせなくなってしまいます。フラメンコも人生も同じです。自分の思うように、自分の表現をし、自分の人生を生きていれば、必ず誰かには伝わり愛してもらえますよ。」(星野様)

授業が終わったあと、控え室にはなんと生徒が・・・

「星野さんに話したい!」「内田さんと話したい!」と押しかけ状態です。





生徒からの感想には、

「『小さい頃から始めてないと遅いなんてこと、誰が決めたの?』という言葉が心にすごく刺さりました。私には夢がありますが、今からじゃ遅いかなとあきらめていました。今日この言葉に背中を押されました!」

「私もつらいことがあり、ID学園に転校してからもそのことを引きずっていたけれど、

居場所は一つじゃないと聞いて本当にその通りだと思いました。生きていれば無敵なのかもしれない。出会いはいつになってもあるし、新しいことをはじめるのに遅い早いもないと思いました。」

などなど、星野様、内田様の思いが伝わった素敵な感想が次々と寄せられました。


ID学園に転学してよかった!」と話してくれた生徒もいて、ID職員も感涙です...。


今回のSDGs授業は「すべての人に健康と福祉を」。

授業後の生徒たちのまぶしい笑顔をみて、生徒たちが元気になったことが何よりの財産だと感じました。

ID学園高校では今後も定期的に外部の講師をお招きした授業を開催してまいります。

星野様、内田様、ありがとうございました!


広域通信制・単位制 ID学園高等学校 公式HPはこちらから
キャプチャ.PNG

2021/07/19 【バングラデシュ姉妹校】

郁文館が運営するバングラデシュ姉妹校でイスラム教の祝い事「イードアルフィトル」を迎えました

バングラデシュの姉妹校では、イードアルフィトルに多数の学生、保護者が「願い」と「お祝い」を捧げました。

dddd.png

イードアルフィトルとは、ラマダンの終わりを祝うお祭りです。
ラマダンとは、イスラム教の行事で、神聖な月のことであり、イスラム教徒は夜明けから日没まで断食を行います。
今年度のラマダンは、4月14日~5月13日まで行いました。

この行事では「イードムバラク」と挨拶を交わします。
イードは「おめでとう」、ムバラクは「祝杯」を意味しています。
参加しているみんなでイードムバラクを伝え合いました。


現在バングラデシュでは、ロックダウンの状態が続いています。(2021/07/19現在)
バングラデシュの先生たちも、生徒の学びを止めないために、オンライン授業を続けています。

rrrr.png

えええ.png

現地では、ZOOM LIVE、ビデオのアップロード、フェイスブックメッセンジャーを介したチャットでのやりとり、オフラインでの学生サポートなどを行っています。

国境を越える夢教育。
これからもバングラディシュの生徒の夢を全力で応援していきます!

2021/07/16 【郁文館中学校】

グローバルリーダー特進クラスの授業紹介

グローバルリーダー特進(GL)クラスでは、3年生での短期留学を1つのゴールとし、自らが世界に目を向け活躍する人材になるべく、英語力・グローバル力の向上に日々励んでいます。

ネイティブ教員によるホームルームや、独自のオンライン英会話学習である「席上留学」の実施など日常的に英語に触れる機会を設け、英語力の向上を目指しています。

22222.jpg

初めは英語に慣れていなかった中学1年生も、入学から2ヶ月が経つと、英語での日直日誌を少しずつ書けるようになり、ネイティブ教員と話をしている姿も見受けることが出来るようになります。

また、週に1度GLアッセンブリを実施しております。
アッセンブリとは朝に行う会で、GL3年生がテーマを決めて内容を企画し、学年を問わず様々な意見の発表を行う形式で、国内外の社会問題に焦点を当て、意見交換を行っています。

11111.jpg

グローバル高校との連携も行い、グローバル高校のアッセンブリへの参加や既に海外留学を経験した先輩たちとの交流も行われています。

中学3年時の短期留学を目指して、生徒たちは真剣に、そして楽しみながら授業に参加しています。
世界に目を向け活躍する人材に育てるべく、教職員も一丸となって生徒に伴走しています。

GLクラスの生徒たちの今後の活躍にご注目ください。

2021/07/14 【夢教育推進部】

【ID学園高校】落語家とめぐる江戸歴史散策と落語鑑賞 ~特別活動~

通信制高校の卒業に必要なカリキュラムである「特別活動」。

社会性や個性を伸ばし心身の成長を促すことを目的とし、

ID学園高校では、生徒が負担なく楽しく参加できるよう、

いくつかイベントを用意して、好きな項目を生徒が選んで参加しています。

前回の手ぬぐい染めを学ぶ日本文化講座に続き、2回目の特別活動となる今回は「江戸歴史散策と落語鑑賞」と題して、

落語家の「三遊亭らっ好」様にお越し頂き、江戸城を見学したり、実際に落語を鑑賞する機会を設けました。

当日は雨の中にもかかわらず予想以上の生徒が参加し、特別活動を楽しんでいました。





午前中は江戸城散策。東京本部校がある水道橋から徒歩10分程度の場所に江戸城があります。

江戸城が元々は徳川家ではなく太田道灌によって作られた建物であることや、

江戸の大火の話など三遊亭らっ好様に詳しくご説明頂きながら江戸城を見学しました。





午後はいよいよ落語鑑賞です。お話いただいたのは「つる」「牛ほめ」など4話。

そして午前中の皇居周辺散策にちなみ、江戸城を築いた太田道灌にまつわる「道灌」という落語もご披露いただきました。

落語の作りや落語の魅力などもご説明いただいたおかげで、普段落語になじみがない生徒も、大いに楽しむことができ、

教室では笑い声が止まりませんでした。



「落語は物がなくてもその人が頭で想像して楽しめるものです。身に起こった不幸な話も、想像力を使い笑いに変えることができる素敵な日本の伝統文化なんですよ。」(らっ好氏)

「皆さんよく笑ってくださり、とても話しやすかったです。相手の気持ちをおしはかれる優しい生徒さんばかりなのだと感動しました。」

とらっ好氏から嬉しい感想もいただけました。



最後は質問タイム。

「どのくらいの数のお話(ネタ)ができるのですか?」という質問に対し、

「100話準備していますよ」と回答され、生徒もびっくり!

心から好きなことがあり、覚悟を持ってその道を極めているらっ好氏の存在に、生徒も影響を受けたようです。



参加した生徒からは

「落語について知識がなかったのですがとても楽しめて、また見たいと思いました」

「たった一人で話しをしているのに、教室ごと江戸時代にタイムスリップしているかのような気持ちになり、伝統的な日本文化を肌で感じられてとても嬉しかったです」

「どの話しも魅力的で集中力がない私も虜になりました。母国語の美しさに感服しました」

などと嬉しい感想が寄せられました。

ID学園高校では、今後も生徒が特別活動により楽しく参加できるため、様々なジャンルで活躍するゲストをお招きしたり、課外活動を行ってまいります。

次回もお楽しみに!



広域通信制・単位制 ID学園高等学校 公式HPはこちらから
キャプチャ.PNG

2021/07/12 【生徒指導部】

甲子園初出場に向けて硬式野球部を渡邉理事長・校長が激励!

第103回全国高校野球選手権大会への出場をかけた、東・西東京大会が開幕するにあたり、渡邉理事長・校長が硬式野球部を激励に訪れました。

DSC_0355.JPG


少年時代は野球に打ち込んでいた渡邊理事長・校長。大会の前になると自らの目と身体で部員達の動きを確認します。

いよいよノックが始まります。
この練習は、部員達の間では「理事長ノック」と呼ばれており、野球部大会前の伝統行事でもあります。

DSC_0344.JPG DSC_0348.JPG

「夏の大会が近づいてきたな」という緊張感と選手の気合いがグランドを包み込みます。

いつもとは違う緊張感が試合本番に向けて士気を高めます。

DSC_0352.JPG

ノック終了後、大会の登録メンバー20名に背番号の授与を行いました。田中監督から番号が発表され、理事長・校長から一人一人に背番号が手渡されました。
受け取った部員たちは、渡邉理事長・校長と堅い握手を交わし、勝利のために懸命にプレーすることを約束しました。

最後に理事長・校長から「今までやってきた練習は必ず実を結ぶ。まじめに努力して強い思いを持っていると、時として運が味方してとてつもなく良い結果が出ることがある。士気を高めてその運を引き寄せてベストを尽くしてほしい」と言葉を頂き、部員たちの表情も一層引き締まっていました。
コロナウィルス感染拡大による様々な制限の中でも最後まで高校野球に打ち込んできた部員にとって、とても励みになる言葉でした。



元プロ野球選手の田中監督と、元甲子園出場監督の相原助監督の両指導者がタッグを組んで作り上げてきたチームで、郁文館硬式野球部の甲子園初出場への挑戦が幕を切ります。

メンバーに選ばれている、選ばれていないに関係なく、すべての部員に教職員一同エールを贈りたいと思います。


初戦は7月12日(月)府中市民球場にて、深川高校との一戦となります。


皆様、応援よろしくお願いします。

2021/07/09 【SDGs教育】

郁文館のSDGs活動を紹介する動画がTBS番組「あさチャン!」で紹介されました

TBSの朝の番組「あさチャン!」で、本校のSDGs活動の紹介動画が、7月9日(金)に放送されました。

この動画は、本校のSDGs委員会の生徒たちと校内の映像専門生徒集団であるIBS委員会が共同して制作しました。

SDGs1.jpg SDGs2.jpg

15秒間の短い動画ではありますが、IKUBUN SDGsウィークの案内掲示やSDGsに関するポスター、校内向けに作ったSDGs紹介動画など、これまでのSDGs委員会の活動が、いくつもちりばめられた内容になっています。

SDGs3.jpg


このSDGs委員会は、2018年に発足され、今年度から新たな形に生まれ変わりました。

SDGs委員会コアメンバーとSDGs委員会クラス委員の2つからなる新生SDGs委員会が誕生し、SDGsを一層浸透させる体制となりました。

※SDGs委員会コアメンバー(有志):学園全体のSDGs推進の中核。

※SDGs委員会クラス委員(各クラス1~2名)学年・クラスでのSDGsの推進の担い手。

校内SDGs活動の中核として、「パートナーシップで目標(SDGsの浸透)を達成しよう」というのがコアメンバーの役割の一つです。

SDGs委員会として活動するだけでなく、校内の様々な団体と一緒にSDGsに関する活動をしていくことを目標としています。

SDGsはみんなのものです。

授業やHRといった教育活動のすべてがSDGsと結びついているように、課外活動でも様々な団体と一緒にSDGs活動を進めていきます。

生徒たちが撮影・編集した動画はこちら
sak.png

2021/07/07 【高校生社長講座~起業塾~】

高校生社長講座~起業塾~ 2021年度1学期活動レポート(前編)

今年度で起業塾は開講4年目を迎えます。
現在、5業種×5回のパッケージで、"業界研究"を行っています。
業界の基礎理解から始まり、最終的には業界ごとの起業プランを作成しプレゼンするところまでを1つのサイクルとする「実践的講義」が起業塾の特長です。

《業界研究 各回のテーマ》

テーマ

内容

第1回 業界の基礎知識

第2回 社長講話①

第3回 社長講話②

第4回 ビジネスモデル検討

第5回 プレゼンテーション

その業界の基本(業界構造、業界の変遷、最近のトレンド等)について学ぶ

社長講話&質疑応答

社長講話&質疑応答

その業界でのビジネスモデル案を作成し、意見交換を行う。

作成したビジネスモデルをもとに、プレゼンテーションを行う。

初回の講義は、東証一部上場企業であるワタミグループの創業者であり、現在も代表取締役会長として経営に携わる本学園理事長兼校長の渡邉先生が教鞭をふるい、起業や経営ノウハウなどについて2時間の講義を行いました。

起業塾①ー1.jpg

そんな実際の経営者が話すリアルなビジネスの話に生徒は興味津々。
今回は理事長の経営者としての経歴や手掛ける様々な事業と、その事業活動に携わるまでの背景を聞きながら、企業活動自体の仕組みはもちろんのこと、仕事とは「ありがとうを集めることだ」というビジネスの基本を学びました。

起業塾①ー2.jpg

また現在、世界中の企業活動におけるテーマでもあるSDGsやCSV経営といった事業活動を通しての社会問題解決に意識を持つことの重要性についても学びました。
「社会価値」と「企業価値」を両立させようとすることが、令和の時代の会社経営おいてより重要度が増すという話を聞き、生徒達はより一層社会全体に目を向けることが必要だと感じたようです。

ENGLISH
PAGE