郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  教職員のスキルアップのための研修を実施
2021/09/15

教職員のスキルアップのための研修を実施

郁文館には、教職員のスキルアップのための様々な研修が構築されています。

その中で今回は、生徒一人ひとりと伴走するための教員としてのスキルアップ研修「生徒との関わりで大切なこと」。
また、
DX日本一のモデル校を目指して、ICT教育の進化のための「google workspace for education研修」の実施内容についてレポートします。



『21年度新人教員研修 〜生徒との関わりで大切なことは〜』

今回は、生徒指導研修として、新人教員が一番考える機会が多い内容である「生徒を指導するための環境づくり」、「心に響く伝え方」などを、教員歴が長く様々な経験をしてきた生徒指導部長と進路指導部長が講師役となり実施しました。

IMG_7097.JPG

先輩教員から、生徒との関わりで大切なことを学ぶ
・生徒に「叱る」ラインを事前にしっかりと示すことも一つの方法であり、それを相手(生徒)によって変えてはいけない。
・生徒一人ひとりを認めてあげること、その環境(学校)で経験したことが家庭内で話題となり、自然と生徒、保護者、教員との信頼関係が生まれるような好循環をつくることが大事。
以上のようなポイントを、過去の具体例をあげて説明し、新人教員もうなずきながらしっかり聞いていました。

教員としての個性を消さない進歩と、生徒一人ひとりを見る視点
 最後に、新人教員に対し、「この先、先輩教員からたくさんのアドバイスを受けたり、自ら様々な経験をされると思いますが、一番大事にしてほしいのが、自分の良さであり個性です。築き上げた個性や自分らしさを失ってしまうことのないように、高みを目指して、研鑽していただきたい」、「生徒に対する挨拶でも名前をつけて言えるぐらい、一人ひとりと向き合う教員になっていただきたい」という言葉が送られ、研修の締めとなりました。


IMG_7260.JPG IMG_7128.JPG





『google workspace for education 研修』


googleアプリを使いこなす第1歩
本校のgoogle認定イノベーター田中先生と、ICT支援担当のgoogle認定教育者レベル2取得者から、受講者のレベルに合わせて、今後の授業や業務に活かせる知識習得から活用事例紹介という内容で実施しました。
講義から学んだことを参加者それぞれがワークをする時間では、アプリを実際使用してみたり、PCとタブレットといったデバイスの違いによる使い分けなどを試してみるなど、多岐にわたり経験出来ました。

1111111.jpg 222222.jpg


google workspaceの活用で、さらなる教育の向上へ
これまで、業務でもgoogleアプリを使用していらっしゃった先生も、新たに「こんな使い方もできるんだ!」「こんなに変わってすごいアプリになったね!」と話されていて、これからの授業や、業務への活用もさらに進化しそうです。
これからICT技術を当たり前に今後、google認定教育者レベル1の試験に、先生方がチャレンジしていきます。
試験を受けることが目的ではなく、アプリ開発したgoogleの考えを理解したり、実際の授業想定の問題にチャレンジして現場を考えることで、授業や業務の効率化による生徒との時間の確保を目指しています。

33333333.jpg

これからも郁文館は、
「日本一生徒を幸せにする学校」を本気で目指して、様々な研修を実施して参ります。

人材開発室

ENGLISH
PAGE