郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  高校生社長講座~起業塾~ 2021年度1学期活動レポート(前編)
2021/07/07

高校生社長講座~起業塾~ 2021年度1学期活動レポート(前編)

今年度で起業塾は開講4年目を迎えます。
現在、5業種×5回のパッケージで、"業界研究"を行っています。
業界の基礎理解から始まり、最終的には業界ごとの起業プランを作成しプレゼンするところまでを1つのサイクルとする「実践的講義」が起業塾の特長です。

《業界研究 各回のテーマ》

テーマ

内容

第1回 業界の基礎知識

第2回 社長講話①

第3回 社長講話②

第4回 ビジネスモデル検討

第5回 プレゼンテーション

その業界の基本(業界構造、業界の変遷、最近のトレンド等)について学ぶ

社長講話&質疑応答

社長講話&質疑応答

その業界でのビジネスモデル案を作成し、意見交換を行う。

作成したビジネスモデルをもとに、プレゼンテーションを行う。

初回の講義は、東証一部上場企業であるワタミグループの創業者であり、現在も代表取締役会長として経営に携わる本学園理事長兼校長の渡邉先生が教鞭をふるい、起業や経営ノウハウなどについて2時間の講義を行いました。

起業塾①ー1.jpg

そんな実際の経営者が話すリアルなビジネスの話に生徒は興味津々。
今回は理事長の経営者としての経歴や手掛ける様々な事業と、その事業活動に携わるまでの背景を聞きながら、企業活動自体の仕組みはもちろんのこと、仕事とは「ありがとうを集めることだ」というビジネスの基本を学びました。

起業塾①ー2.jpg

また現在、世界中の企業活動におけるテーマでもあるSDGsやCSV経営といった事業活動を通しての社会問題解決に意識を持つことの重要性についても学びました。
「社会価値」と「企業価値」を両立させようとすることが、令和の時代の会社経営おいてより重要度が増すという話を聞き、生徒達はより一層社会全体に目を向けることが必要だと感じたようです。

ENGLISH
PAGE