郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  理事長講座 高校・グローバル高校合同3年生「夢へ向かう君たちへ」
2021/01/09

理事長講座 高校・グローバル高校合同3年生「夢へ向かう君たちへ」

12月18日(金)、高校3年生およびグローバル高校3年生にとって高校生活最後の理事長講座が開催されました。

理講1.jpg

テーマは「夢へ向かう君たちへ」で、3部構成で理事長が今まで夢教育で伝えてきた内容について改めて確認しました。

第1部は、高校卒業後に社会人として活躍するために必要な「お金」の教養について取り上げました。少子高齢化に伴って財政難などを迎える日本の社会情勢や、犯罪の約7.5割がお金に関する事件であるなどの社会問題を踏まえ、お金の教養を身に付けることの大切さを理事長は伝えてくれました。特に、給料の二割を貯蓄に回し、その貯めたお金を投資にまわすことで計画的にお金を増やし、自立して生活できる大人になる重要性を強調していました。

第2部は、「幸せになるためには」について取り上げました。本校の教育理念「子どもたちの幸せのためだけに学校はある」の具体的な実現方法について、理事長は実体験をもとに語ってくれました。生徒たちはたくさんメモを取りながら真剣に話を聞いていました。

理講3.jpg

第3部では、質疑応答を行いました。「今後のグローバル社会で活躍するためにはどうしたらよいか」などの将来の生き方に関する質問や、「理事長が起業に成功したことにより人間関係はどう変化したか」などの理事長に普段聞けないような質問が飛び交い、質疑応答は大変盛り上がりました。

高校3年生およびグローバル高校3年生の生徒たちが、郁文館の夢教育「子どもたちに夢を持たせ 夢を追わせ 夢を叶えさせる」ことを通じて、急速に変貌しつつある社会の変化に対応し、人生の主人公として輝いている人材になっていることを教職員一同信じています。

25歳で人生の主人公として輝いていることを思い描き、夢の実現に向けて、今、自分が何を為すべきなのかしっかり考え、毎日研鑽を続けてください。そして、成長した姿を職員室に見せに来てください。

ENGLISH
PAGE