郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  バングラデシュ姉妹校でオンライン保護者会を実施
2020/10/22

バングラデシュ姉妹校でオンライン保護者会を実施

バングラデシュでは、10月31日まで全国の教育施設が休校となっております。そんな中、
バングラデシュにある郁文館の姉妹校NDMHS(ナラヤンクル・ドリーム・モデル・ハイスクール)において、「ZOOM」を使用した保護会を実施しました。

444.png

保護者会ではまず、NDMSC校長の古澤先生から保護者の方に向けて、「新型コロナウイルスの影響で学校での授業はないですが、以前と同じような形でオンライン授業を実施しております。不安を抱えている保護者の方も多いとは思われますが、学校として全力でサポートしていきますので宜しくお願い致します」とお伝えしました。

555.jpg

また保護者の方々からは、試験日の日程・オンラインでの教職員のサポート体制・政府の教育への対応・子どもが携帯電話に夢中になり勉強が疎かになっていることなど、様々なご意見を頂きました。
新型コロナ禍での子どもへの教育に不安を抱えている保護者も多かったですが、オンラインの体制で情報共有を行うことが可能になり、学校での対応を詳しくお伝えすることが出来たことで、保護者の方々の不安を解消することにつながり、学校の対応に「ありがとう」の言葉を頂きました。

666.png

新型コロナ禍で始まったオンラインを用いた様々な取り組みは、教師・生徒・保護者の皆様を繋ぎ、初めて行ったオンライン保護者会もとても良い雰囲気の中で実施することができました。今後も定期的に保護者会を実施していきます。

ENGLISH
PAGE