郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  「SDGs教育日本一」への取り組みが第三者機関から評価されました!
2020/10/07

「SDGs教育日本一」への取り組みが第三者機関から評価されました!

本学園が取り組む「SDGs教育」が、第三者機関から「SDGsの目標達成に向けた貢献が期待できる」との評価を受けました。

IMG_5244.JPG

株式会社日本総合研究所、三井住友銀行などからなるSMBCグループの取り組みに、SDGs推進事業として企業・団体等が取り組むSDGsに関する活動や、企業・団体の本業とSDGsの関連性等を分析して、今後のSDGsの推進に向けてアドバイスや推進のバックアップをする活動があります。

本学園も「SDGs教育」の更なる拡充を図るべく、SMBCグループの推進支援を受けるための審査を受け、SDGsが達成される社会の実現のため手を取り合うこととなりました。

今回、日本総合研究所の分析結果や今後に向けたアドバイス等を頂き、更なる「SDGs教育」の質の向上のためのヒントを得ることが出来ました。


地球規模で、ますます本格化するSDGsに関する活動を、本学園が引っ張っていく意気込みでこの「SDGs教育」を発展させていく所存です。

今の子供たちが社会の中心となり活躍する20~30年後を実りある世界とするため、「できることから」「身近なことから」をテーマに、地に足の着いた「SDGs教育日本一」を、郁文館夢学園は目指します。



SDGsは「Sustainable Development Goals」の略で、「持続可能な開発目標」を表します。2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた国際目標です。2030年までに「誰ひとり取り残さない」社会を実現することを目指しており、下記の17の目標(ゴール)と、更に細分化された169のターゲットから構成されています。

ENGLISH
PAGE