郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  バングラデシュ姉妹校も映像授業を開始!
2020/04/01

バングラデシュ姉妹校も映像授業を開始!

バングラデシュにある郁文館夢学園の姉妹校(NDMSCとJIDS)で映像授業が行われています。
バングラデシュは、4月7日にロックダウンが発令され、今も継続して行われており、生徒も教職員も外出禁止となっています。
そんな中でも、教育目的でもある「子どもたちに夢を持たせ、夢を追わせ、夢を叶えさせる」機会を失わせないために、先生方は映像授業を作成し毎日更新しています。

写真1.png

生徒たちは質問をFacebookのコメント欄に記入し、それに先生が答える形でコミュニケーションをとっています。
また、YouTubeでも授業をアップロードし、保護者のスマートフォンを借りて見ている生徒もいます。

写真2.jpg

バングラデシュの他校では課題をメールアプリで提出するなどは行なっていますが、映像で授業を行っている学校は珍しく、保護者や生徒たちから評判が良いとのことです。

写真3.png


通常だと4月26日からラマダン(断食)中で長期休みですが、その中でも先生達は映像授業を更新続けています。

日本だけではなく世界中の先生方が皆、できる事は何かを考えて行動していますが、郁文館夢学園も、夢に向かって頑張る子どもたちのために何ができるかを考え、実行し続けていきます。

ENGLISH
PAGE