郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  理事長講座「これから社会に羽ばたいていく生徒へ」
2020/01/15

理事長講座「これから社会に羽ばたいていく生徒へ」

郁文館高等学校・グローバル高等学校3年生たちに向けて理事長講座が開催されました。

卒業を控え、これから社会に羽ばたいていく生徒たちに、渡邉理事長が人生において大切にしていることについてお話がありました。

「幸せになるためには、何が必要か。」


渡邉理事長は、8つの条件を掲げました。

①夢を持ち、追い、叶える


②ありがとうを集める仕事を持つ


③健康に過ごす


④人格を磨く


⑤良き生活習慣をつける


⑥学力をつける


⑦家族・友人と良き人間関係をつくる


⑧お金に困らない

この8つの条件は『子どもたちの幸せ日本一』の学校を目指す郁文館が掲げる項目でもあります。

更に、生徒たちが生きていくこれからの社会の見通しについて、国内外の様々な例が示されました。

HG3 理事長講座①.jpg

競争が激化する社会の中で、どのように幸せに生きていくのか。

渡邉理事長からのアドバイスとして「25歳まで努力をし続けること」「自分に投資をすること」「幸せを実現する手段としてのお金の重要性と増やし方」を挙げました。

特にマネープランニングの話はとても具体的な内容があり、生徒たちは真剣にメモをとって、いかに自分の将来に活かすかと真剣に考えていました。

また、講座の後半では質疑応答の時間が設けられ、多くの生徒からの質問が上がりました。

仕事を選ぶにあたり「こうあるべき」と「好き」のどちらを選ぶべきか、人とのつながりを拡大するためにはどうしたらよいかといった人生の指標についての質問から、企業の※CSV展開の限界や、国の改革に必要なことに至るまで様々な質問が上がり、理事長はそのひとつひとつに熱意をもって答えていました。

※CSV...経済的価値と社会的価値を同時実現する共通価値の戦略
2011年にハーバードビジネススクールの教授であるマイケル・E・ポーター氏とマーク・R・クラマー研究員が発表した論文で提唱された社会的な課題を自社の強みで解決することで、企業の持続的な成長へとつなげていく差別化戦略


HG3 理事長講座②.jpg

今回のお話を胸に、全員が卒業後も人生の主人公として活躍することを願っています。




ENGLISH
PAGE