郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  口永良部島ゼミ 小学校訪問授業
2019/12/24

口永良部島ゼミ 小学校訪問授業

足立区立足立小学校にて、本校の口永良部島ゼミ生による訪問授業を12月14日に行いました。

郁文館グローバル高等学校の協働ゼミとしては初めての試みでしたが足立小学校6年生の3クラスにご協力いただき、40分間の授業を行いました。

S__29974536.jpg

授業の冒頭で口永良部島を紹介させていいただきました。口永良部島の生活について小学生からは「信号機がない場所なんて・・・」「コンビニないの?」と自分たちの生活の違いに大変驚いていました。

このような話題提供を皮切りに小学生が口永良部島に興味を持ってもらうことができました。

S__29974539.jpg

今回の訪問授業では「あなたにとっての幸せとはなんですか」というテーマで授業をさせていただきました。

今年度郁文館グローバル高等学校では「豊かさとは何か」というテーマで協働ゼミの活動をしております。

小学生にも日常で感じる幸せについて考えてもらい、本校の生徒と話し合いました。

S__29974538.jpg

友達と話す時間・ゲームをしている時間・学校の体育時間など一人ひとり違う幸せな時間が各グループの小学生から出てくる中で協働ゼミ生徒から「どうしてその時間が幸せなのか」と問いかけ、その理由について更に深く考えてもらうという授業を展開していきました。

S__29974537.jpg

グループでの話し合いのあとは、自分が考える幸せな時間とその理由について各グループの代表者がクラス全員の前で発表してもらいました。

小学生の素直な発想に高校生が驚かされつつも、和やかな雰囲気の中授業をすることができました。

ご協力いただきました足立小学校6年生のみなさん、ありがとうございました。


口永良部島の周知とその生活から考える『豊かさ』についての研究を1年間通して行っていますが、今回の訪問授業では高校生や大人だけでなく、小学生ならではの視点を研究に取り入れることができました。


今年度の協働ゼミの活動はこれが最後になりますが、引き続き考察を深めていきます。

ENGLISH
PAGE