郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  サイエンス達人ライヴ(JAXA)
2019/10/31

サイエンス達人ライヴ(JAXA)

 先日、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)から、宇宙科学研究所太陽系科学研究系准教授の高島健様をお招きし、「太陽系探査がめざすもの~探査は科学?考古学?~」というテーマで、サイエンス達人ライヴを開催しました。

サイエンス達人ライブ①.jpg

 高島様より、太陽系に存在する惑星・小惑星の謎、宇宙開発や探査は「理系」の仕事なのか、それとも考古学なので「文系」の仕事なのか、太陽系・生命の歴史を紐解くことは一体何に結び付くのかなど、宇宙科学研究の視点から様々なお話をお伺いしました。

 また、太陽系に関するJAXAの秘蔵映像も拝見することができ、とても貴重な体験になりました。

サイエンス達人ライブ②.jpg

生徒から絶え間なく質問が出て、充実した会となりました。

以下に生徒の感想を一部抜粋します。


"高島先生が誰も見ていないものを見るのが仕事のやりがいだとおっしゃっていたのが印象に残りました。宇宙という学問は完全に理系かと思っていましたが、時期によっては文系の学問になるのが驚きました。宇宙については今まで詳しく調べたことはありませんでしたが、これを機に調べてみようと思います。"


"宇宙は日々新しいことが発見されていて、研究がとても面白そうだと感じました。宇宙に関わる仕事はゼロから紐解き、冷静に分析していく仕事であること分かり、物事の新しい観点を得ることができました。"


"今回の講演を聞いて、宇宙がとても近い存在に思えてきました。宇宙より深海の方が調べられることが多いということには驚きました。将来の自分の夢の選択肢が増えたと思います。"



ENGLISH
PAGE