郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  中学校「第3回 お金科講座」
2019/05/21

中学校「第3回 お金科講座」

郁文館中学校の2年生を対象とした「第3回お金科講座」が行われました。

今回の講義では講師をお招きし、『Life Planとお金』をテーマに学習しました。

 始めは、映像を見て、人生において大きな選択をする際に、お金がかかわることを学びました。たとえばマイカーを購入する際に、現金一括購入するのか、ローンを組むのか、ローンを組む場合には利息・利率に注意する必要があるなど、生徒たちにとっては今まで考えたことがないものだと思います。また、大学への進学、社会人になった後どのような生活をしているか、結婚後、老後など、生徒たちにとってはまだまだ先のことを具体的に映像で見ることで、想像することができたようでした。

 
 次に、ワークシートに沿い、将来の夢について考えました。ワークシートでは5年後の自分が何を勉強しているか、どこで働いているかなどの「ライフプラン」を具体的に記入しました。どの生徒も将来の夢について具体的に書くことができており、さすがは郁文館の生徒です。

 現在描いている将来の夢に、就職、結婚、マイカー・マイホームの購入などライフイベントを具体的に考えることで、さらに夢の具体的な「ライフプラン」を完成させることができました。そして、数名の生徒が自分の立てた「ライフプラン」を発表しました。より深く「ライフプラン」を立てるために、2人1組のインタビュー形式で具体化しました。

 
 最後に、キャッシュフローの例を見て、収入・支出のバランスからいくら貯蓄できるのかなどを把握し、今まで気が付くことのできなかった問題点を発見することができると学びました。

 生徒たちは今回の講座を通じて、思い描いた夢や目標が実現できるかどうかについて、「ライフプラン」を作ることである程度の見通しができることを学びました。また、将来進む方向が正確に定まっていないなら、いくつかのパターンを考えてシミュレーションをすることも大事であることを知りました。
 
 一般的にお金の話はなかなか出しにくいものですが、生徒たちは「お金科」講座での学びが自分の夢や目標を実現する上で、大切な判断材料の1つになる知識であることを再確認する機会となりました。


お金科①.jpg

ENGLISH
PAGE