郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  中学3年理事長講座「高校進学への心構え」
2018/11/14

中学3年理事長講座「高校進学への心構え」

10月末に中学3年生を対象とした理事長講座を開講しました。

2学期の中間考査も終わり、中学3年生は、いよいよ高校進学へ向けて進路選択をしていく時期になります。

「何のために高校へ進学するのか」という目的意識、将来に向けて有意義な高校生活にするための心構えなどを、理事長先生にお話し頂きました。

se1811151.jpgse1811152.jpg


理事長先生はまず、ご自身が中学生だった頃の生活について触れられ、自分はどのような目的意識をもって高校進学をしたのかをお話しされました。

そして、「どうしてもやりたい好きなこと、得意なことを見つけなさい。そしてそれを毎日3時間やり続けなさい。」とお話しになりました。

「たとえ見つからなくても、見つけようと意識することが大切だ。どうしてもやりたいことなら、どんなに大変でもやり続けられる。それが奇跡を起こす3時間だ。」と、夢を持つことの大切さをお話しになりました。

se1811153.jpgse1811154.jpg


続いて理事長先生は夢7原則に沿って夢を叶えるために必要なことをお話し下さいました。

また、数人の生徒に「君の夢はなんですか。」とお聞きになり一人一人の夢を確認した後、激励して下さいました。その後、持続可能な社会を創ることを目的としたSDGsについてその重要性などをお話しされ、生徒は夢手帳にしっかりと書き留めておりました。

se1811155.jpgse1811156.jpg


講座の最後には、質疑応答の時間がありました。生徒からは、夢に関することから経営に関するものまで様々な質問が飛びだし、理事長先生は一つ一つの質問に丁寧に答えて下さいました。


この講座を通して、生徒たちは「何のために高校に行くのか」という高校進学の目的を持つことが大切だと改めて認識したと思います。この意識を忘れず、充実した高校生活につなげていってもらいたいです。

最後に生徒の感想を簡単に紹介します。

・SDGsやクリーンエネルギーに関して深い興味を持った。将来それらを推進する事業をしたいと思った。

・どんなことにも意味を持って取り組むことで本当の「成長」というものが出来るのだと感じた。

・理事長先生の話を聞いて、目的を持って高校生になることの大切さに気付きました。これから高校生活が始まるまでに目標を決めたいと思った。

・理事長先生がどのように社長になったのか、その経緯を知り私も夢に対してさらに細かく、具体的に日付を入れようと思った。

ENGLISH
PAGE