郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  高校2年生 理事長講座
2018/11/06

高校2年生 理事長講座

修学旅行にこれから参加する高校2年生たちに向けて理事長講座が開催されました。

まず講座の冒頭では、アジアを中心に動き続ける国際情勢についてお話がありました。ロヒンギャ問題など各国の政治を初めとする状況を注視し、併せて世界における日本の役割を自覚することが大切で、海外へ赴くときにはぜひ一人で巡って欲しいというメッセージがありました。


修学旅行でそのようにすることは難しいかもしれませんが、慣れ親しんだ人から離れ自身の感覚に由来して巡ることで見えてくる風景があります。そこには差別や偏見など決して明るいとは言えない現実もあるかもしれませんし、一方で人生の転機となるような心温まる出来事も待っているかもしれません。欠かせないことは人と人との向き合い方です。思いやりをもって誠実にいることで奥底に潜む価値に気づくことができるようです。


後半は激動の時代を生き抜くために大切なことが話されました。日本国内のマーケットは縮小する中で世界の人口は毎年何千万人も増加していきます。常に、海外の方々と一緒に働くことを意識する必要があります。さらにはAI時代の到来においては、チームをリードできるように、協働を円滑に進めることができるような力と視野が求められます。そして、地球に暮らす者としての責任が問われています。今でも栄養不足で尊い命が奪われており、食料やエネルギーまた自然環境など生活の基礎を支える資源が地球全体で不足していくことは明白です。このことを踏まえてどう過ごしていくか。我慢をし、分け合う姿勢が求められる時代に変化していきます。そのスローガンとしてSDGsの視点を常に持ち続け、経済力と環境保全が適切な均衡を保つ包括的社会の構築に向けて努力を惜しまないで欲しいというお話を頂きました。

se1811061.jpg

se1811062.jpg

se1811063.jpg

ENGLISH
PAGE