郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  お知らせ

最新のお知らせ

2021/05/07 【学園からのお知らせ】

郁文館の生物部がマンガになりました⁉

郁文館の生物部を題材としたマンガの連載がスタートしました。
株式会社西東社が出版している「ミラクルハッピー☆希望のどうぶつ物語 芽生えるキモチ」というマンガに、生物部の活動の様子が描かれています。

生物部の活動レポートに掲載されて誇らしげな生徒たちの様子がアップされました。

以下転記


今もなお新型コロナウィルスのせいで、部活動ができない状況が続いています。
多くの飼育生物は部員たちの自宅に疎開中。限られた飼育生物だけが残っている状況です。


そんな中でも、多くの新入部員を迎えることが出来そうです。新入部員たちの活躍は、また後日お伝えしたいと思います。

さて、今日は、、、、、、、、。


63221.jpg  

  

何やら夢中で読んでいます。 

 

63228.jpg 

 

読んでいるのは、、、、、、、、、。 

 

63225.jpg 

 

この本ですっ!! 

 

63227.jpg 

 

うちじゃんっ!!

 

63219.jpg 

 

そら、夢中になるわけですね!

 

63226.jpg

 

おぉっ!「年中無休 生物部!」まさにうちですね! 

 

実は取材を受けてました。(^o^)v 

 

63223.jpg

 

ん?なにかやってますね!
 

生徒たちも喜んでいます。\(^o^)/




郁文館生物部の詳しい活動内容はこちら


学校説明会等で行われる施設見学(スクールツアー)などでは、生物部の活動拠点である生物室も紹介しています。

学校説明会等のご案内はこちらから

2021/05/06 【学園からのお知らせ】

【塾の先生対象】2021年度 塾対象学校説明会 6月開催決定

塾関係者各位

昨今のコロナウィルス感染拡大の状況を鑑み、例年来校型で開催をしています塾対象学校説明会と併せて、on-lineでもご参加いただけるようにWEB配信型も並行して実施いたします。

説明会では、本学園の夢教育の成果のひとつでもある、「大学合格実績」のほか、「新たな教育の取り組みとその成果」「2022年度入試概要と昨年からの変更点」「中学に新設したiPclass一期生の状況」などについてお話しさせて頂きます。

塾の先生方におかれましてもこれまでにない非常に大変な受験シーズン本番を迎えていることと存じます。我々学校側が出来ることとして「正確な情報」を「いち早く」、より「スムーズ」にお届けできるよう引き続き工夫を重ねて参ります。


【2021年度 塾対象学校説明会】


開催日時:6月9日(水)、6月25日(金)2日間共 10:30~12:00

予約開始:5月12日(水)~

※コロナウィルス感染拡大の状況により、来校型の開催方法に関して変更となる可能性がございます。

WEB配信ご希望の方へは、6月25日(金)17時に視聴URLをメールにてお送りいたします。

予約申込はこちらから
塾説2021.png

ご不明な点等などございましたら、下記までお問い合わせください。

郁文館夢学園(中学・高校・グローバル高校・ID学園高校)
募集広報室
TEL 03-3828-2206(代)FAX 03-3828-1261
学校メールアドレス: info@ikubunkan.ed.jp
〒113-0023東京都文京区向丘2-19-1

2021/04/30 【学園からのお知らせ】

郁文館が運営する広域通信制・単位制 ID学園高等学校 開校式を1年越しに開催

20204月に開校した広域通信制・単位制 ID学園高等学校。

昨年度よりコロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を延期しておりました開校式を、2021年4月21日、本校がある長野県東御市にて挙行いたしました。



当日は長野県副知事小岩正貴様、東御市長花岡利夫様を始め、様々な方にご来賓いただきました。



(テープカットの様子。左より東御市花岡利夫市長、ID学園高等学校渡邉美樹理事長、小岩正貴長野県副知事、ID学園高等学校古澤勝志校長、長野県私立中学高等学校協会安藤善二会長)


※写真撮影のため一時マスクを外していただいております。


ID学園渡邉理事長の挨拶では、

「長野県東御市で夢教育のスタートを切らせていただきたいと思っております。中でも子どもたちの"起業"という夢を我々に応援させていただきたい。長野県東御市を起業家が生まれるアメリカのシリコンバレーのような場所にしていきたいという夢を持っております。」という決意が述べられました。



また、来賓を代表して、長野県副知事小岩正貴様と東御市長花岡利夫様にご祝辞を頂戴いたしました。

「昨今新たな事象が起こる中、これから生きていく若い方たちには、急激な変化、予測困難な未来などにしっかり向き合い、突破していくことが求められます。そのための原動力となる一つとなるのが夢の力だと思います。『夢教育』を実施されるID学園高等学校が、長野県に本校を置く学校として全国の他の学校の目標や憧れとなるような素晴らしい学校になることを期待しています。」

(長野県副知事 小岩正貴様)



「社会状況が目まぐるしく変化する中、生徒一人ひとりの個性を大切にし、また多様な夢の実現に向けて全力でサポートするID学園高等学校が開校したことは大変意義深いものだと感じます。生徒の多様なニーズに対応できる学校法人としての強みをいかし、既成概念にとらわれることなく、未来を担う子供たちの自己実現に向けてご尽力されることを期待します。」

(東御市長 花岡利夫様)



また、当日は昨秋より業務提携を行い、長野県内にID学園高等学校のサポート校となる「KATEKYO高等学院」を開校いただいた株式会社KATEKYO長野様との業務提携調印式を行いました。ID学園が提供する郁文館夢学園の全日制高校で培った豊富な学習カリキュラムと、KATEKYO長野様が長年実施されている完全マンツーマンの個別指導のタッグで、長野県の生徒に安心していただける学習&進学指導を提供できるようになりました。



(写真左 株式会社KATEKYO長野 古村茂樹代表取締役社長、写真右 ID学園高等学校渡邉美樹理事長)

生徒代表挨拶を務めた山﨑さん。

大学で経営学を学びたいという目標を持ち、ID学園で日々勉学に励んでいることを発表してくれました。



閉式後に山﨑さんに感想を聞いてみると・・・

「実は発表の内容、冒頭の挨拶は以前卒業式の送辞を務めた先輩が作成を手伝ってくれて...。内容はID生の友人たちが『あーでもない、こーでもない』と一緒に内容を練ってくれました(笑)。練習もずっと付き合ってくれたんですよ。」

と生徒代表挨拶の裏話を話してくれました。

まさに生徒みんなの思いがこもった代表挨拶を務めてくれたんですね。生徒同士のサポートにちょっと感動・・・。



テレビ局をはじめ、新聞社など各メディアの方々からもご注目いただき、開校式及び業務提携調印式を取材いただきました。



開校してから一年経ちましたが、皆さまに祝福していただき、無事開校式を開催することができました。

この長野県東御市から「夢教育」を全国に広め、生徒一人ひとりの幸せに貢献してまいります!


広域通信制・単位制 ID学園高等学校 公式HPはこちらから
iD.PNG

2021/04/26 【学園からのお知らせ】

2020年度卒業生 大学合格実績掲載のお知らせ

2021年度HG大学合格(2021.4.13現在)-1.png

2021年度HG大学合格(2021.4.13現在)-2.png

2021年3月31日現在での2020年度卒業生大学合格実績についてHPに掲載いたしました。


詳細掲載ページはこちら

※海外大学等の合格は6月頃まで変動します。
 再度、4月末時点での結果で更新いたします。

2021/04/24 【学園からのお知らせ】

4月28日(水)採用トップセミナーの運営方法に関する重要なお知らせ

応募者各位

東京都への緊急事態宣言発令に伴い、4月28日(水)に開催予定の採用トップセミナーはオンライン参加のみの実施と変更させていただきます。

直接来校を希望していた皆様には、変更連絡メールを配信しておりますのでご確認ください。

不明点・お問合せに関しては、郁文館夢学園 人材開発室 03-3828-2206 までご連絡下さい。

2021/04/20 【学園からのお知らせ】

郁文館が運営する通信制高校「ID学園高等学校」 新東京本部校開校!

2020年4月に開校した郁文館夢学園が運営する広域通信制・単位制のID学園高等学校が東京本部校を千代田区水道橋に移転・新開校いたしました。


4月2日には「新東京本部校開校式」を開催。


当日は通信制高校業界の情報発信の第一人者として長年ご活躍されている学びリンク株式会社の山口教雄代表取締役社長を始め、

施工を担当してくださった株式会社内田洋行の大久保昇代表取締役社長にお越しいただきご祝辞を賜りました。



いよいよテープカット!(左から学びリンク(株)山口教雄代表取締役社長、ID学園高等学校渡邉美樹理事長、(株)内田洋行 大久保昇代表取締役社長、ID学園高等学校古澤勝志校長)

※写真撮影のため、一部マスクを外しております


渡邉理事長からは「郁文館夢学園で長年実践してきた『夢教育』を広げるためにも、通信制高校はなくてはならない教育システムです。ID学園高等学校には夢や目標に向かってやりたいことをやりたいだけできるという環境があります。ID学園を通して子どもたちが幸せになれるよう、生徒一人ひとりが無限の可能性を開いてもらえるような、そんな教育を行っていく学校を発展させてまいります」と式辞が述べられました。



生徒代表挨拶を務めた山口さん。

「ID学園に入学する前は学校に対して苦手意識があったのですが、ID学園に入学して学校のことが嫌いではなくなりました。

"好きではないの?(苦笑)"と思われる方もいらっしゃると思いますが、嫌いではなくなったという出来事は、私にとって0を1にするようにとても大きな変化でした。これからID学園で2年生、3年生と成長していく中で、きっと学校が好きになると思います。

そしてID学園に入学して自分の夢をはっきりと持つことができました。医者と弁護士のダブルライセンス取得です。私はこの夢に向けて日々勉学に励みたいと思います。」

と素直な気持ちを話してくれました。



開校式のあとは、ID学園でこの春から導入を予定している『ID学園オリジナルプログラミング教育』の導入発表会を開催。

プログラミング教育をサポートしていただく株式会社イテレイティブの平瀬祐史代表取締役社長にご登壇いただき、これから展開していくプログラミング教育への意気込みを語っていただきました。



「プログラミングを学ぶことによって生徒さんが自らの夢をかなえること、それをお手伝いできることが私たちの夢です。

"ゼロからプロへ"をモットーに、これまで企業に提供していたプログラミング教育ノウハウをさらに強化し、実践的なプログラミング教育を提供していきますので、生徒の皆さん楽しみにしていてください。」(平瀬代表取締役社長 写真右)



会の最後は全日制郁文館高等学校硬式野球部の新体制発表会も催しました。

元日本ハムファイターズ出身の田中幸雄監督と、過去に東京都立雪谷高校を甲子園出場に導いた経験のある相原健志新助監督による強力タッグの新体制が始まります。2023年に甲子園出場を目指します!

目指せ甲子園!(写真左から相原健志新助監督、渡邉理事長、田中幸雄監督)



最後はみんなで記念にパチリ♪

これからこの新東京本部校で高校生活を大いに楽しんでくださいね!

(式典に参加した通学型の一部生徒。新校舎にドキドキワクワク)


ID学園高等学校 公式HPはこちら
キャプチャ.PNG

2021/04/01 【事務局からのお知らせ】

2021年度 在校生・保護者様へのお知らせ【0423更新】

令和3年度 奨学生募集についてのご案内(中学・高校・グローバル高校生対象) 2021.04.23

2021年度4・5月_制服出張販売のご案内 2021.04.06

2021/03/10 【学園からのお知らせ】

【新助監督が就任】元プロ野球選手と元甲子園出場監督の両指導者がタッグを組んで2023年までに甲子園を目指す!

この度、郁文館高等学校の硬式野球部の新助監督に相原健志氏が就任することが決定しました。相原新助監督は2003年の夏に監督として都立高校を甲子園に導き、また教え子からプロ野球選手を輩出した経歴の持ち主です。


郁文館高等学校硬式野球部の田中幸雄監督(元日本ハム投手、1985年にノーヒットノーラン達成)とのタッグで学園創立及び野球部創部135年目を迎える2023年までに悲願の甲子園初出場を目指します。

S__10821659.jpg

取材希望の方を対象とした就任発表会及び新体制方針説明会を、4月2日(金)13:00~より、郁文館夢学園が運営する広域通信制・単位制高校 ID学園高等学校の新東京本部校(水道橋キャンパス)のオープニングイベントと合わせて実施予定です。
(参加者:渡邉美樹理事長兼校長、田中幸雄監督、相原健志新助監督)

注)3月25日に行われる春季東京都大会の抽選結果により、発表会日程が変更となる場合があります

本件及び当日取材のお問合せ・お申し込みは学園広報室までお問い合わせください
TEL:03-3828-2206
Mail:info@ikubunkan.ed.jp


■田中幸雄監督略歴
 1959年千葉県生まれ。社会人野球を経て1981年のドラフト会議で日本ハムから1位指名を受け入団。1年目の1982年から一軍で活躍し1985年にプロ野球史上55人目のノーヒットノーランを達成。現役引退後はNPBコーチ、スカウト、BCリーグや社会人野球のコーチなどを経て、2017年郁文館高校硬式野球部のコーチ、翌2018年に同野球部監督へ就任。


■相原健志新助監督略歴
 1966年東京都生まれ。現役時代は捕手。大学3、4年から母校の都立高校で助監督。
その後、自営業の傍ら監督へ就任。2003年夏に東東京大会を制し同校初甲子園出場。
私立高校のコーチ、監督を経て2021年度より郁文館高校硬式野球部の助監督に就任。


■郁文館高等学校野球部概要
 学園創立1889年(明治22年)まもなくして、当時の旧制一高(現東京大学)の練習相手として創部されたと記録が残っており、高校野球ファンの間では、高校野球発祥の学校のひとつに数えられている。※諸説あり 当時の一高、早大野球部などにも潮恵之輔(一高野球部、内務大臣・文部大臣)、大橋武太郎(早大第一代主将)、押川清(早大第三代主将、第1回野球殿堂入り)などの多くの優秀選手をおくった。時代を経て現在の硬式野球部は約50名で活動。2019年夏の東東京大会では同校の最高成績に並ぶベスト16へ進出。明治の創部以来の念願である甲子園出場を目指し、日々鍛錬を続ける。

(郁文館高等学校硬式野球部の活動ブログはこちらから)

2021/03/06 【学園からのお知らせ】

渡邉美樹理事長兼校長が復興庁の「復興推進委員会」委員に就任しました

本学園の渡邉美樹理事長兼校長が政府からの要請を受け、東日本大震災「復興推進委員会」の委員に就任することが決定いたしました。

渡邉理事長兼校長は震災の直後である2011年6月より岩手県陸前高田市の参与(震災復興支援)を務めており、今後はその経験を活かして被災地の復興と経済の発展に尽力して参ります。

また、震災で甚大な被害を受けた陸前高田市は郁文館高等学校のPBLツアー(修学旅行)の訪問先でもあります。引き続き学園をあげて被災地の復興支援活動を行っていく所存です。

PBLツアーの陸前タカダ.jpg
                   PBLツアー 陸前髙田の様子

2021/02/17 【受験生へのお知らせ】

3月27日(土)2021年度 入試結果報告会 動画配信スタート!

2021年度 入試結果報告会 動画配信日程決定!

2022年度入試に向けた第1回目のイベントとなる「入試結果報告会」を3月27日(土)に動画配信いたします。

尚、ご視聴いただくには予約が必要となります。本校学園HPよりご予約頂きますよう宜しくお願い致します。



■3月27日(土)17:00~ 配信開始

DSC_2942.jpg



動画内容は、今年度の郁文館の新たな取り組みとその結果報告や、今年度の入試結果の報告(躍進し続ける中学受験の理由など)、さらに来年度の郁文館の新たな取り組み等のほか、本学園の夢教育の成果のひとつでもある「大学合格実績」についてもお話しさせて頂きます。


■ご予約期間

 2月17日(水)17:00~  予約開始

■配信期間

 3月27日(土)17:00~

■入試結果報告会 内容
 <2021年度入試結果報告>
  ・今年度の郁文館の新たな取り組みとその結果報告
  ・今年度の入試の結果報告
  ・来年度の郁文館の新たな挑戦と取り組み

 <大学合格実績(速報)>
  ・総合型選抜入試の合格数の飛躍の理由
  ・合格実績数値(速報)

                 など


また、5月より来校型の学校説明会を実施していく予定です。
日程は決まり次第HPにてご案内して参ります。

<実施予定>
・5月 8日(土)郁文館中学校 学校説明会
・5月29日(土)郁文館高校・グローバル高校 合同 学校説明会


■お申込に関する手順

下の予約ボタンより予約ページへお進み下さい。
手続き終了後、本校から予約受付完了の返信メールをお送りさせていただきます。

視聴URLのご案内は、当日3月27日(土)17時にメールにてお送りさせていただきます。

多くの皆様のご予約を心よりお待ちしております。



郁文館中学校 予約ボタン.pngのサムネイル画像

郁文館高校 予約ボタン.pngのサムネイル画像


郁文館グローバル高校 予約ボタン.pngのサムネイル画像

ENGLISH
PAGE