郁文館 男子学生寮 Ikubun Dream House 郁文館夢学園の「夢教育」をもっと深く。子どもたちを私生活から支えます。

Ikubun Dream House 4つの特徴

あらゆる面から寮生の健やかな成長をサポートします。

  • 1生活習慣の確立 ~「身につくまで」伴走型の生活指導~

    「日々是夢教育」子どもが夢を叶えるための土台となる生活習慣の確立を目指し、 生活指導の担当職員が常駐し、一人ひとりを細やかに見守ります。

  • 2安心・安全な環境 ~寮監・寮父・寮母による万全のサポート体制~

    お預かりする大切なお子様の健康をサポートします。また、体調不良等の対応もご安心下さい。

  • 3栄養満点の食事 ~和食料理人が丹精込めて作るおいしい食事~

    長年、和食料理人としてお客様の舌を唸らせてきた寮父が作る、栄養バランスのとれた食事を、毎日規則正しい時間に摂ることで、成長期のお子様のカラダ作りを応援します。

  • 4学習の習慣化 ~「学びタイム」で学習習慣を確立~

    全員一斉の学習時間を設け、課題に取り組みます。自学自習の形を基本としますが、 テスト前などは寮生同士で教え合い、学ぶことが可能です。

Ikubun Dream House Topics

  • 英語学習

    郁文館では英語学習に力を入れており、中でも英語検定取得に向けての学習は、年間を通じて行われております。
    学生寮では生徒の英検取得をサポートするため、英語担当の職員が来寮し、英検対策講座を行っています。

  • 日々の学習

    寮生活では生徒に規則正しい生活を送らせるとともに学習習慣を確立させることを目標に、日々生活しております。
    寮生活では夕食後に学習の時間が設けられておりますので自宅で黙々と勉強に励むのが苦手な生徒も、寮生みんなで学習に取り組むことで、より前向きに机に向かうことができます。

  • SDGs

    現在、本学園では「SDGs教育日本一の学校」を目指し、日々教育活動に励んでおります。
    寮生活でもSDGsに関わる取り組みは行われており、生徒も日々、SDGsを意識して生活しています。
    例えば...ごみの分別を徹底する!
    当たり前のことかもしれませんが、これも立派なSDGsです。

  • 世界中からの留学・研修生

    郁文館の学生寮には日本全国から生徒が集まるだけでなく、海外の方の受け入れも積極的に行っております。
    様々な人と出会い、ワールドワイドな日常を過ごせるのも郁文館の寮生しかできない貴重な経験だと思います。
    皆様には日本を存分に満喫してもらい、有意義な留学・研修にしていただきたいです!

施設紹介

充実の居室・各設備で快適な寮生活を実現!

居室

きれいな施設で寮生の夢を応援します。

2019年4月にオープンしたばかりのIkubun Dream House(イクブンドリームハウス)は、充実した施設・設備で寮生の快適な学生生活を支えます。
居室は相部屋となっているので、同室の仲間と切磋琢磨し成長できる環境が整っています。
ベッド、クローゼット、学習机・椅子、冷暖房などの設備も完備されています。

各設備

  • 食堂 日当たりの良い開放的な空間で、和食料理人が作る食事を楽しむことができます。
  • バスルーム 広々とした浴室でジェットバス機能も完備。勉強やスポーツで疲れた体をリセットでき、気分もリフレッシュできます。
  • トレーニングルーム 豊富なトレーニング器具が揃っており、身体を鍛えたり、気分をリフレッシュさせて健康的な寮生活が送れます。

食事メニュー紹介

和食料理人が丹精込めて作るおいしい食事!

毎日規則正しい時間に、栄養バランスのとれた食事を提供します。

郁文館の男子学生寮では、和食料理人が丹精込めて作る食事が提供されています。朝から温かく、栄養バランスのとれた食事を食べることで成長期の寮生の「カラダつくり」をサポートします。
また、しっかり朝食を摂ってから登校することで、学業やスポーツにも身が入り、より効率的に打ち込むことができます。

メニュー例(※一部抜粋)

  • 朝食 オムレツミートソース、切り干し大根、豆乳味噌スープ
  • 夕食 タンドリーポーク、白菜と油揚げの煮浸し、玉ねぎニンジンコーンのスープ
  • 夕食 とり天、炒り豆腐、ネギと油揚げの味噌汁

費用

入寮費
入寮金100,000(3年間)
※中学生は6年分 200,000
月額寮費
寮費(光熱費・維持管理費)33,000
食費(月~日:朝夕2食)35,000

アクセス

JR埼京線 戸田駅より 徒歩10  
郁文館夢学園まで 50

・戸田駅よりJR埼京線にて赤羽駅。赤羽駅からJR京浜東北線に乗り換え、王子駅。
・王子駅から東京メトロ南北線に乗り換え、東大前駅下車、徒歩8分。

Googleマップで見る

よくあるQ&A

  • 携帯電話の使用制限はありますか?

    あります。消灯 15 分前(22 時45 分)に回収し、睡眠時間の妨げにならぬよう管理しています。翌朝の登校時に返却します。

  • 昼食についてどのようにすれば良いですか?

    学校食堂にて提供可能です。別途昼食申込(月額 10,000 円)をした方は、学校食堂営業日のみ、学校食堂で用意したメニューを提供します。
    年末年始を除く休日は、寮で昼食を提供します。

  • 寮の閉鎖(休業)期間はありますか?

    休業は年末年始のみです。ゴールデンウィークや長期休暇中(お盆含む)も、寮は通常通り稼働しています。

  • 外出は可能ですか?

    外出は可能です。門限は原則 19 時 00 分とし、それまでの時間であれば、買い物等の外出は許可してます。

  • 申込条件はありますか?

    郁文館夢学園の男子生徒であれば中学一年生から高校三年生まで入寮可能です。持病や重度の食物アレルギーをお持ちの方は要相談となります。

  • 賃料の比較で、寮とアパートではどちらがお得ですか?

    朝夕食費込みで月額68,000円は「東京一人暮らしの相場」に比べるとお安いかと思います。(文京区の家賃相場は9万円前後)

  • 月額費用および月額食費について1年分を一括で支払うことはできますか?

    可能です。一括でのお支払いの場合は事前にお知らせください。

  • 入居(引っ越し)可能日を教えてください。

    新入生に関しては4月の入学式を目途に入寮していただきます。入学後の入寮も可能で、年末年始を除きいつでも対応いたします。

  • 近隣に生活用品や食料品などの買い物ができる施設はありますか?

    寮から徒歩10分以内のところにコンビニやスーパー、100円ショップ、ホームセンターなどが揃っており、買い物には困りません。

  • 保護者が宿泊することはできますか?

    できません。
    寮内には原則、生徒のみが宿泊できることになっております。

  • インターネットを利用することはできますか?

    学園公認の端末機器に関しては各階共有スペースでWiFiが使用できる環境が整っています。なお、個人のスマートフォンへのWiFi接続は認めていませんのでご承知おきください。

  • 家具は備え付けですか?

    部屋内には机、椅子、ベット、本棚、ロッカーが設置されております。その他の家具は各ご家庭で準備していただきます。

  • 郵便物や宅配便はどのように配達されますか?

    寮父母が受け取ります。買い出し等で寮父母が一時不在の場合も帰寮後に再配達の電話の依頼をいたします。

  • 自転車を持ち込むことはできますか?

    可能です。施錠をしっかりしてください。

  • 寮生でない友人を部屋に入れられますか?

    友人を寮内に入れることは禁止です。
    寮に入れるのは原則郁文館夢学園の寮生のみです。

  • 部屋はどのように決まりますか?

    寮職員が生徒の生活スタイルや潤滑な寮運営を第一に考え、部屋割りを決定します。安全管理上、一部屋に二人以上で生活させることにしております。

お問い合わせ

03-3828-2206(代表)
本件担当:北口

学校法人郁文館夢学園
東京都文京区向丘2-19-1