卓球部

2021/08/17

卓球部 8月活動報告②

16日(月)VS 拓大一高【0-3で敗退】

(身長が)でかい、、、それが相手選手に対する第一印象でした。

みんな格上を意識しすぎて、やや消極的なプレーになってしまいました。

傍から見た感じでは、(技術的には)そこまでの開きは感じませんでした(相手が上なのはサーブの回転量くらいかな)。

明らかな違いは、「経験」と「予測して動く力」です。

大学入試でもいえることですが、早慶上智!東大!などと聞くと、「できない」と決めてかかって弱腰になってしまうことがありますね。

勉強もスポーツも、「どんな難解なものも、基礎に落とし込めば必ず解ける!」ということです。

ただし、慣れていなければ、経験のない(想定外な方向から来た)ものに対しては頭も体も動かず、簡単なことにも気がつけません。

仲間内であればつないでくるボールをいきなり強打してくるので、力を抜いて単に当てにいけばいいのですが、それができないわけです。

体がうまく反応できずに、カチコチになった体で後ろに下がってボールを浮かせ、とどめのスマッシュを叩き込まれてしまいます。

卓球と将棋の似ているところで、サーブを出す瞬間に、最低2,3手先は読んでおくことが得点のポイントになります。

打ってくるとわかっていれば、タイミングよくラケットを前にだすだけでカウンターブロックになる。

もちろん、練習の段階からアドバイスしてきましたが、涵養的に(時間をかけて染み込むようにして)やってこないとできないことです。

1セット目で気がついたことを2セット目で実行するのは、教科書でバク転の仕方を知って次の瞬間やってみるのと同じくらい難しいです。

大人はついつい、「言っただろ!」「練習のとき何を考えていたんだ!」という発言をしてしまいがちですが、練習試合もろくに経験せずに、いきなり緊張した場面に遭遇しているので、実はよく頑張ったんだと思います。コロナ禍で大会までに経験を積ませることは至難の業であるとはいえ、練習試合を1回くらいはできなかったのかなと自責の念に駆られました。

逆に言うと、このレベルの選手との卓球に、読みも体の反応も追いつくようになれば、伸びしろは十分にあるのだと実感できた試合でした。

選手たちも敗因を理解したのか、帰り道はまた、卓球の話で盛り上がっていました。

9月には全日本ジュニアの個人戦があります。

感染対策を十分に行って、克己心や責任感が培われ、学ぶ力が育っていくように部活動を行っていきたいと思います。

コロナ禍で世の中全体で緊張した状況が続きますが、生徒が自発的に活動する機会を極力大事にするという意味で、顧問一同頑張っていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

IMG_0450.JPG

2021/07/31

卓球部 7月 活動報告②

8月13日~8月16日にかけて、それぞれの日程で行われる私立中学高等学校卓球大会に出場にむけて、

コロナ禍の緊急事態宣言のもと、熱中症対策と感染症対策を確実に行いながら、夏期講習Ⅰ期と並行して中・高・グローバル(男女)全体での練習を行ってきました。

オリンピックの混合ダブルス水谷・伊藤ペアの優勝は、部員のモチベーションアップにもつながったようで、熱い練習を繰り広げています。

中学校までの卓球経験者は、ゲームに対する感覚を少しずつ取り戻し、更に上を目指しつつあります。

特に注目したいのは、中学生1年生を中心とする初心者の目覚しい進歩です!

自分に経験のない動きを身につけるべく、厳しい指導を受けながらも、なんとかものにして大きく成長してみせてくれます。

サーブや、積極的に点数を取りに行くドライブ。カウンター気味に打つバックハンドなど、良い意味でヒートアップした試合を期待したくなります。

 顧問としては、せっかく練習したのだから勝たせてあげたい。例え負けたとしても、次は勝ちたいと思えるような(向上心がもてるような)経験をさせたいと思います。逆にいうと、何となく楽しくやってきたけれども何となく負けてしまい、飽きてしまって試合に対して向上心がもてなくなるようなことは、ないようにしたいと思います。

「郁文館の代表として、出られない選手の分も頑張る。」

スポーツ庁の「運動部活動に関する総合的なガイドライン」によると、

「生徒の自主的、自発的な参加により、学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養等に資する」とあります。

限られた練習時間や試合の機会を重要なものと受け止めてもらい、自分の成長につなげて、同時に社会に出ていくためのマナーや礼儀、物事にあたる姿勢も身につけてもらいたいです。

8月はお盆休み前の数日の練習になりますが、ゲーム感を意識して、試合のイメージをしっかりと持てるように練習します。コロナ対策、熱中症対策をしながらの練習

2021/07/24

卓球部 7月 活動報告

1学期は、緊急事態宣言の中で活動が制限されて、部活らしい部活動ができませんでした。

期末考査後7月12日から8月22日まで緊急事態宣言が実施されることになりましたが、東京都私立中学高等学校卓球大会4週前から、漸く部全体での練習が可能となりました。

練習場であるトレーニングセンターでは、空調を作動させて十分に熱中症対策を行いながら、同時にコロナ禍の対応で換気も行っています。「挨拶と返事は、明るく元気よく行う」「よく考えて自発的に練習を行い、すぐに次の行動に移す」など、社会に出て行っても大切にしてほしい事を涵養的に身に着けてもらうべく、練習を行っています。

暑さが厳しくなってまいりましたが、大会当日、暑さを跳ね返してしまうほど熱く戦っていけるように、卓球部一同前のめりに練習していきます。

IMG_0335.JPG  IMG_0336.JPG

2021/06/26

卓球部(高校男子)4月、5月活動報告

高校男子卓球部、2021年度はじめの大会は、春季卓球大会と総合体育大会が4月末から5月上旬にかけて、行われました。

コロナ禍で、様々な制限(特に練習時間)がある中で、精一杯戦いました。

勝ち残ることはできませんでしたが、選手一同、気持ちを込めて戦うことができ、引退となる3年生も「卓球を続けていきたい」という気持ちを持てたようです。

顧問にとっては、何か一つでも自分からやる気になるものを見つけられたら、こんなに嬉しいことはないことです。

「やりたい」という前向きな気持ちを原動力にして、様々なことを乗り越えていってほしいと思います。

また、1,2年生は3年生の思いを受け継ぎ、新チームで夏の大会に挑みます。ぜひ、応援してください。

ドライブで打ち抜け!.JPG 試合前あいさつ(団体戦).jpg

2021/06/19

6月活動報告

2021年6月13日に文京区中学校卓球選手権大会シングルスに参加しました。

コロナ禍にあり、できる限りの準備をして臨んだ大会ではありますが、練習通りにできたこと、できなかったことがありました。

部員それぞれが、悔しさや嬉しさなど、心に残る大会になったはずです。

中学3年生にとっては最後の選手権大会でしたが、中学1年生にとっては初めての選手権大会参加であり、部活動の本当の意味のSTARTであったと思います。

1年後の自分をより鮮明にイメージし、目標の設定ができたはずです。

自分の経験から中学1年での初めての大会は、いつまでも心に残ることを知る中学3年生は、会場でよく後輩の面倒を見てくれました。部活動ならではの先輩・後輩の関係を築けていることを実感できました。

様々な場面で、学びを得ることができた大会になりました。

最後に、今回の大会を開催してくださった東京都中学体育連盟卓球部や運営に携わってくださった方々に、こうした機会を準備してくださったことに感謝いたします。

HP.jpg

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
ENGLISH
PAGE