郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  バドミントン部

バドミントン部

2011/02/07

リーグ戦突破!→決勝トーナメントへ!

① 高校 冬季東ブロック大会 リーグ1位突破!

  昨日、2月6日、小岩高校で行われました、冬季東ブロック大会12ブロックの中で、

  1位突破をし、決勝リーグに駒を進めることができました!

  苦労の末の勝利でした…。

 

② エースがインフルエンザで欠場!

   我らがダブルスのエース中野くんが、試合前にインフルエンザにかかってしまいました!

   我慢強い中野くんでも、さすがにインフルエンザでは出場はできません。

   さあ、代わりに誰を出そうかとシングルのエース小林くんと思案してみました。

   顧問「橋本くんと藤本くんは留学中だしねぇ…。」

   小林「うーん・・・。中山で行きましょう!!」

   顧問はびっくり!

   部員もびっくり! 

   当の中山くんは、さらにびっくり!    

 

③ 中山くん奮闘!!!

   顧問の鬼の仕打ちに耐え切り、やっとバドミントンらしくなってきた中山くんでしたが…

   いきなりの試練です!

   彼をダブルスに置き、上手な小暮くんが必死にフォローする作戦をとりました。

   相手校の海城さん・両国さん・正則さん…

   やはり中山を狙ってきます!!!

   中山くん炎上です!!

   しかし、パートナーの小暮くんが必死で球を回します!

   中山くんも、今持ちうる最高の力で踏ん張ります!

   …。勝ちました-。今年度一番のドキドキでした。

   そして、私も持ちうるすべての力を出してコーチングした気がします!

 

④ なんとか全勝!!!

   シングルの小林くんが1つ惜しくも落としてしまいましたが、

   第2ダブルスの江ヶ崎くんと中西くんが声を掛け合いながら、丁寧に試合運びをし、

   勝利しました。

 

⑤ 振り返り

   とってもすがすがしく、素晴らしいリーグ戦でした。

   相手校さんは非常に礼儀正しく、秩序を持って、お互いに気遣いながら試合を進める

   ことができました。どの選手・応援席の生徒も礼儀正しかったです。

   特に、私は小林くんとシングルで試合をした、両国高校さんの選手がすばらしいと思いました。

   彼が隣のコートでダブルスの試合をしていたとき、味方がミスをしても、元気に励ましながら、

   どんな状況でも必死にシャトルを追いかけていました。

   そして、とても充実してプレーしているなあと思いました。

   私は勝ち負けよりも、教育としてバドミントンを見させていただいているので、

   きっと、バドミントンを通して多くを学び、多くの仲間を作って、勉強の励みにしているんだ

   ろうなあと自分勝手に想像し、感動しながら、熱いプレーを見ていました。

   やっぱりスポーツは熱くていいですね。これからもがんばっている生徒達を支えていきたい

   と思います!

   小林くんと中西くんのお母様も観戦にいらしてくださいました。

   お仕事やご家庭のお忙しい中、いつもありがとうございます。

 

   これからも郁文館バドミントン部は熱く燃えて活動して参ります!

2011/01/29

男子ダブルス東京都ベスト8!!

 

① 中学校東京都冬季バドミントン大会ベスト8!

 

   本日29日に、府中市立府中第二中学校で行われました大会で、

  佐山竹ノ谷ペアが、郁文館初の、東京都ベスト8になりました!

   今まで、なかなかベスト16からの高い壁を乗り越えることが
  できなかったのですが、今回ようやく重い扉を開けることができました。
② 必死でがんばりました!
 
   2人ともちびっこちゃんで腕力がないので、スマッシュばかりで
  攻めず、回して回して、対戦校のローテーションを崩して 
  空いたところに落としたり、スマッシュをクロスレシーブ
  してカウンターを狙うクラシカルな戦術をとっております。
  余談ではございますが、大束・桝田選手の試合は、以前録画した試合を現在も楽しく見ております。
  
   ラリーポイント制が導入されてからは、ドライブとスマッシュで
  試合を組み立てるのが主流なのですが、クラシックに粘り強くラリーを
  したことが、的中したのだと思います。
 
   まさかそんな打ち方をするとは思わなかったのでしょうか、
  対戦校の田園調布中さんも鹿骨中さんも、やや対応に時間がかかっていたような
  気がします。
  
   初戦は、左利きの選手がおりました。対戦校に左利きがいる場合は、テンポが
  つかみにくいのですが、顧問の私が左利きなので、私とゲームをしている時の
  弱点を思い出してもらい、サイドになったときには中央への配球、トップ&バックに
  なったときにはラウンドへの配球を多くしました。
  
   特に、トップ&バックになった場合は、後ろに左・右どちらがいても、左右の
  配球はとても混乱します。ローテーションをよく訓練しておかないと、味方同士で
  どっちに動くかわからなくなっちゃうからです。不注意なミスを徹底的に気を付けることで、
  勝つことができました。
  
   鹿骨さんは、実力は明らかに我々より上でした。1セット目は我々が取りましたが、
  2セット目は粘り強く回す、我々のペースに合わせてきました。きちんとコースを突いてくるので、
  追い込まれて叩かれ、我々が少し焦り始めました。
  
    ここから後は、選手に任せました。ガンガン打ってもいいし、とにかく思いっきりやりなさい!
  と指示を出したところ、本気で好き勝ってに打ち出し(笑)、いい意味でパターンがなくなってしまい、
  対戦校は混乱したのでしょうか、最後は気合で押し切りました。薄氷の勝利でした。
  
   淑徳巣鴨さんには、最後の力を振り絞り、スマッシュをガンガン打ちましたが、
  だめでした(当然ですね)。
 
③ 審判の技術不足を露呈
   ベスト4を決める、小平二中さんと淑徳巣鴨さんの審判を務めることにまりました。
  しかし、今までの審判技術では対応できなかったのか、緊張の張りつめた試合だったからか、
  スコアシートのつけ間違いを、うちの生徒がしてしまいました。
 
   緊張で、頭が真っ白になってしまったようです。 
  審判を変わった後は、生徒はずっと泣きっぱなしで、反省しきりでした。
  明日の日曜日練習で彼ら2人は、高校生の先輩の審判をずっとやって、審判の力をあげたい
  と言っていました。
 
   私の審判の指導不足でもあります。大変申し訳ないことをいたしました。
  日頃の成果を出す大事な試合に、水を差してしまいました。
  明日は、しっかり審判の指導をしたいと思います。
    …今回の審判の技術不足の折にも、東京都の先生方からフォローをいただきました。
  大会参加している選手にも審判のお手伝いをしていただきました。試合以上に、
  我々郁文館バドミントン部の力不足を痛感いたしました。
   勝ち負けだけではなく、さらにバドミントンの勉強をしてまいります。
  これからも、頑張って参ります。関係のみまさま、これからも何卒よろしくおねがいいたします。
     
2011/01/17

佐山・竹ノ谷ペア東京都大会進出!!

  新年明けましておめでとうございます。

 今年度も楽しく、礼儀正しくバドミントン部一同、活動して

 いきたいと存じます。よろしくお願いいたします。

 

  久しぶりのブログの更新です。

 ただいま、高校生新人Ⅱ部大会の引率で、小岩高校で更新しております。

 雪も降っております。ひざ掛け毛布を持ってきて、正解でした。

 

  中高大会の近況報告をいたします。

 

    中学校冬季大会 佐山・竹ノ谷ペア 東京都大会出場!

 

  冬季大会は、シングル・ダブル掛け持って出場することが

 できるので、レベルがやや上がる大会です。

 そんな中、佐山・竹ノ谷ペアが6位入賞を果たし、東京都大会の

 出場権を獲得いたしました。

 

  相手のローテーションを崩す配球ができるものの、プッシュすべき

 ところでロブで上げてしまったり、プッシュをネットにかけたりと、

 勿体ないところが散見されます。

 

  勝ち進むにつれ、疲れも溜まり、ミスが多くなってきました。

2人とも、物腰のやわらかい性格なので、気合負けしてしまうかなと

 思っていたのですが、お互いに声を掛け合って、お互いに支えあって、

 6位決定戦で、実践学園さんに勝利を収めることができました。

 

  1人1人の力では到達が難しいことも、励ましあいながら達成すること

 ができた2人を見ていると、バドミントンの試合以上に得るものが

 あったんだろうなと感じます。さらに磨きをかけて、東京都大会でも

 1点でも多く、1試合でも多く、バドミントンを楽しんでもらいたいで

 す。

 

    高校生新人Ⅱ部大会

 

 シングルでは、中山くんが4回戦まで進むことができました。

レギュラーメンバーとして名は連ねられないながらも、

バドミントンが大好きで、日ごろの練習に熱心に励んでおります。

 

 顧問に尻を叩かれながらも、腐らずにがんばってきた成果が

でたんじゃないでしょうか。

 

 中山くんは、私とは中学校1年からの付き合い

ですから、ついつい私も、親身な指導と称した、鬼のような指導を

してしまいます。よくぞ耐えて、ここまで来てくれました。

 

 これだけ耐える力が身につけば、社会でどんな荒波にも耐えられる

のではないでしょうか。しかし引き続き、鬼のような親身な指導は

継続します。

 

 

 

… これらの大会を通じて感じることは、

 「勝つ負ける」ことだけにとらわれず、仲間と楽しみながら、

 励ましあいながら、継続して練習することが、結果につながって

 いることです。

 

  勝っても負けても声を掛け、ねぎらいあう彼らの姿を見ていると、

 学校でのクラブ活動は、人格形成の大きな部分を担っているものと

 感じます。

 

  今年も引き続き、楽しく礼儀正しくバドミントンをして

 参ります。保護者の皆様におかれましては、毎週の日曜日練習で、

 ご子息ご息女のためにお弁当を朝早く起きて作ってくださり、

 ありがとうございます。彼らはお弁当をガツガツ食べて、ガツガツ

 練習しております。これからも引き続きよろしくお願いいたします。

 

PS:中学1年の男子部員が今年は2人しかおりません

  (女子は7人です)。

  来年、男子団体に出場したいので、中学受験を突破した暁には、

  ぜひともバドミントン部に入部ください!

2010/11/26

東京都ベスト16!!

①中学男子団体東京都ベスト16!!

心も体も一回り大きくなった中学2年のみんなは、

上板橋体育館一杯に広がるような雄叫びを上げながら、

ひとつひとつのラリーを大事に、試合をしました。

 

もしかすると、どの学校よりも一番大声をあげて試合を

していたんじゃないかなと思います。試合終盤は、絶叫に

似た叫び声になっていたような…。 

全国レベルの選手もおり、試合に勝つこと以上に、バドミントンを

愛する我々郁文館バドミントン部は、うっとりしながら他校さんの

試合を観戦しておりました。フットワークが美しいです!

一打一打に気合いが入っています!

 

東京都大会まで駒を進めた学校は、統一の取れた

チームが多いです。学ぶところの多い、よい試合が多数ありました。

礼儀のよい生徒さんが多く、この空間を体験でき、

これからの、とてもよい刺激になったことでしょう。

 

②高校男子団体東京都ベスト16!!

  高校男子も熱い試合でした。力をかなりあげております。  

  もっともっとがんばって、関東大会いってほしいですね!

 

  東京都高等学校バドミントン新人戦Ⅰ部大会 兼 関東高等学校選抜東京都予選大会

 

(男子個人 複)

花井橋本ペア  2回戦進出

中野小林ペア  3回戦進出

中西江ヶ崎ペア 2回戦進出

 

(男子個人 単)

小林大赳    3回戦進出

 

(男子団体)  4回戦進出

 

団体戦では、台風による順延で、各学校共に、コンディション作りが

大変だったと思います。共栄学園さんには何とか一勝でもしたかった

です。惜しいダブルスの試合がありましたが、まだまだでした。

これからバシバシ練習をして、関東大会いきたいです!

 

 

 

 

 

2010/10/08

バド部嶋田くん、卒論GP獲得! & 大会報告!

  文化祭も終わり、行事が一段落しました。ようやく、落ち着いてブログを作成できます。 

  保護者様からの温かい励ましをいただきながら、日々楽しく部活に勤しんでおります。

 

  今回は、嶋田くんの卒業論文の成果と、中学大会結果、高校個人シングルのお知らせを

  いたします。

 

  あと、今年の中学1年は女子が7人で男子が2人です。来年も男子団体に出たいので、入学希望の保護者

  様! 是非とも元気な御子息をバドミントン部にお願い申し上げます!

 

① バド部嶋田くん、卒論GP獲得!!

   

  バドミントンマガジンに、逆取材を敢行し、日夜卒論制作に勤しんで参りました、バドミントン部の嶋田くん

  が、数ある卒業論文の中の頂点に立つことができました!

   

  文化祭で、自らが作成した卒業論文のプレゼンテーションを行う嶋田くんは、審査員の先生方も感心する

  ほどよい発表でした。満場一致でグランプリを獲得することができました。しかし常に謙虚な嶋田くん。賞状

  を受け取る際にも、おごらず騒がず慌てず、謙虚な姿勢で賞状授与に臨んでおりました。

   

  審査員の先生方は、バドミントンに対する熱い思い、徹底した取材、そして、将来バドミントンとどのように関

  わっていくかの具体的な設定とプレゼンテーションがよかったことを挙げてくださいました。

  

  今度、落ち着いたら、卒業論文を持って、お世話になったバドミントンマガジンの方々にお礼に伺いたい旨

  を申しております。様々な仕事に携わる、多くのみなさまによって、夢を持つ子供達が支えられていることを

  実感します。社会の一線で働くすばらしい先輩によって、嶋田くんの思いを形にさせていただきました。
  

  本当にありがとうございます。これからも、バドミントンを通して、社会で貢献するための教育をして参りま

  す。これからも御指導御鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。
   

② 中学校大会結果

 

 1 城北オープン 団体ベスト8

 

      中学校3年生の最後の大会にふさわしい、とてもよい試合でした。貫井中学と接戦をしましたが、第2ダブ

   ルのファイナルまでもつれましたが、僅差でかわされ負けてしまいました。
      

   しかし、最後の最後まで諦めず、声を出して懸命に努力した3年間は、将来、必ず成功のきっかけになる

   でしょう。次は高校生の大会に向けて、引き続き誠実に粘り強く努力して参りましょう。
     
      余談ではございますが、淑徳巣鴨の選手と顧問の関口先生による指導方法の
      講習は非常に勉強になりました。やはり全国レベルはすごいです!
 
 2 文京区中学校秋季新人大会
   

   結果

  ・男子団体     優勝                 (郁文館)
  ・男子シングルス 1位 豊田浩史          (郁文館) 
                       2位 佐久間生成        (郁文館)                        

              3位 佐山優也          (郁文館)
  ・男子ダブルス  1位 竹谷龍・松尾輝            (郁文館)                        

                           2位 伊藤聡一郎・椎名凜      (郁文館)  
                       同3位 川奈玲央・内藤信志  (郁文館)

 

      よい結果が残せました。今までの地道な練習の成果でしょう。結果も素晴らしいことですが、なんといって

   も、試合の前後の気持ちのよい挨拶、そして運営や審判の手伝いなどを精力的に行ってくれたことに、人

   間的成長を感じます。

 

   女子は、共学元年の中学1年生が奮闘してくれました。皆、2回戦以上は進出できたのですが、まだまだ

   緊張感が足りなかったようで、メタメタにやられてしまいました。

 

   しかし、これしきで凹んでいるわけにはいきません!

   バシバシ練習をして、次の大会では、てっぺん獲っていきましょう!

   

   ブロック大会に向けて、すでに猛練習に励んでおります。団体でも個人でも、
   都大会を目指してがんばりましょう!

 

③ 高校大会予定(H1小林くん個人シングル)

 

    来たる10月10日(日)東村山体育館で、高校個人シングルスの大会が催されます!

   郁文館のエース小林くんの登場です!

 

   この日は、練習をおやすみして、みんなで応援に行きます!

   しかし、みんなで応援に行くと、満員御礼になって、他校様に御迷惑をおかけしますので、中学3年のみ

   んなで応援に行きます!

 

   しかし、中学1・2年の諸君は「応援行きたい!」と一生懸命に私に伝えてくれます。

   それもそうでしょう。小林くんは、中学の大会には必ず応援にかけつけてくれて、中学生のみんなを励ま

   してくれています。きっと、中学1・2年の諸君も、自分のことのように、自分がコートに立っているかのよう

   に、一体になって応援したいのでしょう。

 

   郁文館バドミントン部が一つになっている証拠です。理事長先生のお言葉を拝借すれば、まさしく一枚岩

   になっているのでしょう。こうなったら、小林くん。ここは一つ上位大会に進出して、広い体育館にみんな

   を招待してください!

 

   余談ではございますが…

   小林くんは、日頃から熱心に練習に打ち込んでおります。昨日、彼がガットを全部切ってしまって困って

   いたので、私の大事なアークセイバーZ(ラケット)を貸したら、貸した途端にガットを切られました。なんて

   ことでしょう(泣)。お小遣いないって言うから、先生は泣く泣くガットを張り替えてきましたよ。もう。

 

   ブロック優勝してくれれば、まあいいかな。がんばれ!

 

④ 卒業論文画像!

 

:パワーポイントで熱くバドミントンについてプレゼンする嶋田くんです。他の生徒が制服を着て、ポインタ使っ

  てるのに、なぜか嶋田くんは、ユニフォームに身を包み、ポインタの代わりにラケットを振り回して説明してお

  ります。彼曰く「ユニフォームは勝負服なのです」とのことです。

 

下:卒論GP候補には、バドミントン部のインテリ派、山本くんもノミネートされております。彼は、脳死と臓器

  移植について熱く語りました。いずれもよい発表でしたが、惜しくもGPを嶋田くんに譲りました。将来はお医

  者さんになることです。がんばれ!

 

 

バド嶋田.JPGのサムネール画像 バド山本.JPGのサムネール画像

 

 

« 前のページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
ENGLISH
PAGE