レポート

郁文館ホーム  >  レポート  >  夢教育推進部

夢教育推進部

2017/08/07
【協働ゼミ】 南牧村サイエンスキャンプ

8月1日〜3日、グローバル高校ツーリズムゼミ、教育ゼミ、メディアデザインゼミ、地域活性ゼミが協働し、群馬県南牧村にて中学生向けのサイエンスキャンプを企画実行しました。

7月27日~28日 事前勉強会

下仁田ジオパークや南牧村での活動に中学生が興味を持って取り組めるよう、教育ゼミ3年生が中心となり中学生を対象に「岩石のできかた」や「魚の生態」などの事前授業を行ないました。


G1708071.jpg

淡水魚と海水業の体の違いを説明しています。

8月1日

ジオサイトの一つである青岩公園はいろいろな種類の岩石が見られる場所です。

グループに別れて緑色岩や流紋岩、泥岩、凝灰岩、チャート岩、石灰岩、玄武岩など様々な種類の石を集めました。その後、堆積岩、火成岩、変成岩に分類し、岩石のできかたや特徴を自然観察員さんから教えていただきました。

G1708072.jpg

磁石を用いて慎重に玄武岩を見極めています。

クリッペと言われる根なし山の断層の滑り面です。

こんなにはっきりと滑り面が観察できる場所は珍しいそうです

G1708073.jpg

ここの地層をよく見ると大きい粒が上に小さい粒が下にあります。このような地層を逆断層といいます。いったいなぜこのような地層ができたのでしょうか。

G1708074.jpg


その答えが見られる場所がここです。褶曲のあとがはっきりとわかります。

G1708075.jpg

明日に備えて、3年生による火おこしレクチャーです。

G1708076.jpg

8月2日

朝食は牛乳パックを利用して作ったホットドッグです。

G1708077.jpg

マスのつかみ取り。あいにくの天候で池の水は非常に冷たかったですが、一人で5匹もつかみどる勇者もいました。

G1708078.jpgG1708079.jpg

つかみどりしたマスは、事前学習で習った魚の内蔵の配列を確認後、炭火焼にしました。

G17080710.jpgG17080711.jpg

午後は教育ゼミによる指導の下、中学生がサイエンスキャンプのまとめプレゼンを準備しました。夕食後の発表は、高校生をうならせるインパクトがありました。意欲的に参加してくれた中学生に感謝です。

G17080712.jpg

8月3日

財務省のアーチにも使われている南牧村特産の椚石で花瓶作りをしました。

G17080713.jpg

初日に出来なかった火おこし体験や川遊びも楽しみました。

G17080714.jpgG17080715.jpg

昼食は南牧村名物の墨ラーメンです。

G17080716.jpg

地域活性ゼミは自然農法を実践していらっしゃる方を訪問しました。下仁田ネギの畑の雑草を抜きお手伝いしながら、自然農法や地域のお話をお聞きしました。

G17080717.jpg

帰途には富岡製紙場を見学しました。

G17080718.jpg


残念なことに天候には恵まれなかった3日間でしたが、充実したサイエンスキャンプとなりました。高校生からは「中学の時にやっていたら理科が好きになっていたのに...」中学生からも「先輩と仲良くなれてよかった」「岩石や地層のことがよくわかって面白かった」との声が聞かれました。


温かくご協力くださった関係協働先の皆様、本当にありがとうございました。

企画実行を主導した各ゼミのG3諸君、協力したG1諸君、

良い思い出がまた一つ増えましたね。

2017/07/18
中学1年生 農林業実習②

中学1年のD・E組は、6月24日(土)に、千葉県山武市にあるワタミファームとワタミの森にて、晴天の中、農林業実習を行いました。

農業では"農業実習を通し、農業について知識と理解を深め、持続可能な社会の実現に向けすべきことは何か考える。林業では、"森林での実習・活動を通して、森林についての知識を深め、人と森林の関係について考える。"という2つのテーマで実施しました。 


農業実習おいては、作物に必要な環境について学び、有機農業の大変さを知りました。また、様々な所から出る残飯より作られた堆肥を見たり、直接触れたりするなどして微生物が発する熱を肌で感じることができ、生徒たちは驚いていました。その後、じゃがいもの収穫をすることで、体験を通して農業についての理解を深めました。


林業実習おいては、
森体験の第一歩として「生き物と親しむ体験」に 重点をおいたプログラムで実施しました。森林に暮らしている生物から、森林の環境の現状を知り、生物多様性の大切さを学びました。また、実際に木々に触れたり、生物を身近に感じたりすることで、自然のありがたさを知ることもできました。


生徒たちは、土の温かさを体感することや、動き回る虫を観察することなど学校内ではなかなかできない自然の中での体験ができました。


<農業実習の様子>


○循環型の農業の話

nou1707181.jpg


○堆肥に触れ、微生物が発する熱を体感

nou1707182.jpg


○じゃがいもの収穫

nou1707183.jpg


<林業実習の様子>

○山武杉の観察                

nou1707184.jpg


○谷津に住む生物の観察

nou1707185.jpg


○森に住む生物の観察

nou1707186.jpg

2017/07/14
「首相官邸・公邸見学ツアー」に参加しました

7月1日(土)13時から中学3年の希望生徒32名で、首相官邸・公邸見学ツアーに参加しました。

総理大臣が入って来る正面玄関や、内閣発足時の写真撮影を行うホワイエ、内閣官房長官が毎日の記者会見を行う記者会見室など、総理大臣や官房長官などの仕事場を見学してきました。


テレビニュースでよく見ている場所や首相官邸の広さ、厳重な警備体制などを、肌で感じて生徒たちは政治に対する関心が高まった様子でした。


(記者会見室)
shakai1707141.jpg

(大ホール)
shakai1707142.jpg


(エントランスホール)

shakai1707143.jpg

2017/07/07
2017年度アントレプレナーシッププログラム 始動

年度もアントレプレナーシッププログラムがスタートしました。

アントレプレナーシッププログラムとは、7月から11月にかけて郁文館グローバル高校1年生とビジネスゼミが各団体に分かれて校外での起業をゼロから実施するというプログラムのことです。

今年度は6人の生徒が、社長に立候補しました。本日は、その6人の社長による会社説明会を行い、社長以外の生徒は6人の社長の演説を聞いたうえで、どの会社に入社するかについて検討します。今回は、社長演説の様子を写真にてお伝えします。

アントレ1707071.jpg

株式会社(仮)TOMMOROWの三宅島の特産品である明日葉を使った商品開発の説明


アントレ1707072.jpg

社長のプレゼンテーションに、生徒はメモをしながら真剣に聞いています

2017/07/05
グローバル高校 エコロジーゼミ活動報告

6月20日、グローバル高校のエコロジーゼミは講演会を開催しました。

講演者はアニコム損害保険株式会社、専務取締役百瀬由美子さんです。

この会社は、日本初のペットを対象にした保険会社で、その他に動物の遺伝病を研究し、知識を広めることでペットと飼い主の暮らしやすい社会を目指しています。

ゼミ1707051.jpgゼミ1707052.jpg


エコロジーゼミではペットの殺処分0を目指して活動しています。この講演会ではヨーロッパと日本のペット事情を比較し、日本におけるペットにまつわる問題点を考察しました。その結果、日本では「動物福祉」という動物の本来の生活を保障する考えが、広く国民に伝わっていないことが問題の根底にあることを突きとめました。つまり、ペットの室内飼いはペットの野生生活を妨害し人間の生活を押し付けているということです。

とは言え、ペットを愛する気持ちは素晴らしいものですし、ペットにもその気持ちは伝わっているはずです。ただし、命を飼うということを考えてみることが大事なのです。

講演を聴いて、生徒からはいくつかの意見がでました。

・幼い頃から保健所や動物愛護施設を見学して、命の重みを教育するべきだ。

・アニマルセラピーを通して、動物と触れ合い動物の尊さを広めるべきだ。


ゼミ1707053.jpg


今回の講演会で得た多くの知識をこれからのゼミ活動につなげていきます!

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
PAGE TOP