郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  渡邉理事長 高校硬式野球部を激励
2017/07/01

渡邉理事長 高校硬式野球部を激励

7月8日から開催される「全国高等学校野球選手権大会」に向けて渡邉理事長が野球部を激励に訪れました。毎年、渡邉理事長はユニホームに着替えノックバットを握り、自らの目と体で部員たちの動きを確認しています。

ya1707011.jpg

渡邉理事長がグラウンドへ現れると部員たちが元気のよい挨拶で出迎えます。


ya1707012.jpg

まず、投手陣の視察です。

投手は勝敗の鍵を握るポジション。捕手の真後ろから球筋を確認します。


ya1707013.jpg

そしてノックにうつります。

野球経験者である渡邉理事長。テンポの良いノックを次々と部員たちに放ちます


ya1707015.jpg

ノック終了後、大会に向けて激励の言葉を頂きました。

「沢山練習してきたのだから試合では今までやってきたことと向き合うことが大切だ。自分たちの力を出し切れば自ずと結果はついてくる。」

部員たちも気合いに満ちた表情で渡邉理事長の話しを聞いていました。


ya1707014.jpg

開幕まで残り数日、郁文館高校硬式野球部は学園全体の夢と希望を乗せて戦います。

ENGLISH
PAGE