郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  中学1年生 農林業実習
2017/06/26

中学1年生 農林業実習

中学1年のA~C組は、6月10日(土)に、千葉県山武市にあるワタミファームとワタミの森にて、晴天の中、農林業実習を行いました。

農業では"農業実習を通し、農業について知識と理解を深め、持続可能な社会の実現に向けすべきことは何か考える。"
林業では、"森林での実習・活動を通して、森林についての知識を深め、人と森林の関係について考える。"という2つのテーマで実施されました。 


農業実習おいては、作物に必要な環境について学び、有機農業の大変さを知りました。また、様々な所から出る残飯より作られた堆肥を見たり、直接触れたりするなどして微生物が発する熱を肌で感じることができ、生徒たちは驚いていました。その後、落花生の種まきをすることで、体験を通して農業についての理解を深めました。


林業実習おいては、森体験の第一歩として「生き物と親しむ体験」に重点をおいたプログラムで実施しました。
森林に暮らしている生物から、森林の環境の現状を知り、生物多様性の大切さを学びました。また、実際に木々に触れたり、生物を身近に感じたりすることで、自然のありがたさを知ることもできました。


生徒達は、土の温かさや、動き回る虫など学校内ではなかなかできない自然体験ができました。


<農業実習の様子>

循環型の農業の話

M11706261.jpg


堆肥に触れ、微生物が発する熱を体感

M11706262.jpg


落花生の種まき

M11706263.jpg


<林業実習の様子>

幼木の観察

M11706264.jpg


谷津に住む生物の観察

M11706265.jpg


木々を住処にする生物の観察

M11706266.jpg

ENGLISH
PAGE