郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  中学3年生 第1回心理教育 活動報告 
2017/05/31

中学3年生 第1回心理教育 活動報告 

「上手にコミュニケーションしよう~SNS等を使う時もwin-winになる行動を考えよう」

中学3年生に実施した、今年度第1回目の心理教育について報告します。第1回目は4月下旬に、各クラスの担任の先生が授業をしました。テーマは「上手にコミュニケーションしよう~SNS等を使う時もwin-winになる行動を考えよう」でした

生徒達のSNS利用が広がる中で、相手の気持ちを考えた利用や投稿について、改めて考えてもらうものでした。自分も相手も気持ちのよい、win-winになるコミュニケーションについては、これまでも学んできました。それをSNS利用でも使っていけること、SNS等利用時の注意点を確認すること(大事な話や誤解されると困る話題は、メールでなく直接話す)、自分と他の人で感じ方が異なることがあることに気づく、といったこともねらいとしました。


gaku1705311.jpggaku1705312.jpg


生徒に実施した事後アンケートでは、99%の生徒が「興味を持って授業を受けた」「授業は役に立った」と答え、98%の生徒が「大事な話や誤解されると困る話は直接話そうと思った」と答えました。

自由記述欄には、「よくこういう話があるので、自分のためになった」のように、身近な問題に真剣に授業を受けていた様子がうかがえました。また「メールをするとき、一回読み終えて確認してからメールを送信したい」など、本授業で学んだことを活かそうという回答が多く見られました。


今後も、SNS上の大きなトラブルが起きないように、それぞれが相手の気持ちを考えながら利用していくよう、気をつけていってもらいたいと思います。

ENGLISH
PAGE