レポート

郁文館ホーム  >  レポート  >  国際交流センター  >  留学生たちが無事に帰国しました

国際交流センター

2017/01/28
留学生たちが無事に帰国しました

1月下旬にオーストラリアからの5名の生徒が無事にグローバル高校での留学を終えて帰国しました。

ネイサン君は4月から10ヶ月間留学生活を無事に終えての帰国です。長期間の滞在ですから、多くのホストファミリーに支えられての留学生活でした。どちらかといえばシャイな性格の彼ですが、留学エージェントの井内様からはこんな報告がありました。

ko1701281.jpg

木村先生とネイサン君

ネイサンが無事帰国致しましたので、ご報告申し上げます。

東京を出た金曜日は、集合場所の東京駅まで阿部様と息子さん、そして驚くほどたくさんの生徒さん達がお見送りに来てくださいました。最後はクラスメイトの男の子がネイサンを肩車して集合写真を撮っておりました。どちらかというと、いつも難しい顔をしているネイサンにお友達ができるのか・・・と最初は懸念致しましたが、そのような心配は一切無かったようです。

ko1701282.jpg

また帰国当日の土曜日は、阿部様が成田空港まで来て下さいました。小さな姪っ子さんが書いて下さったハートがいっぱいのお手紙をネイサンに届けて下さったようです。本当に有難い気持ちで一杯でした。ネイサン本人はチェックインを全て日本語で一人で行い、カンタス航空のスタッフもビックリ、感心されていました。

「オーストラリアに戻ったら、土曜日に学校へ行かない生活に慣れるのに時間がかかりそう。英語が出てこないこともあるから、心配」と言っておりました。日本の学校生活についても「郁文館は校則も厳しかったと思うけど、お陰で身についたことがたくさんある。他校に行った留学生より自分の方が多くを学ぶ機会があったし、10ヵ月間頑張れたことで、これから先何か大変なことがあっても自分はやり遂げられるという自信がついた」と話す姿がとても頼もしかったです。



10月末からG1のクラスに留学した4名の留学生も無事に留学生活を終えて、帰国しました。4名の中でもダン君とデイジーさんは日本語がよくできました。日本文化も大好きのようでした。

ko1701283.jpg

色紙をもらってうれしそうなダン君

ko1701284.jpg

日本語で挨拶をしているデイジー

ko1701285.jpg

左からジェイソン君、ダン君、デイジーさん、サラさん

彼らの留学が成功した原因は何でしょうか。やはり彼らが日本語を真剣に学んで、留学してきたからです。日本語が分かるということは日本人を正しく理解できるということです。本校からの留学生も留学先のことばをしっかりと学んで留学することが留学成功のカギとなるはずです。また常に前向きな気持ちを持ち続けることも大切です。

PAGE TOP