郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  二十歳の夢の日
2017/01/18

二十歳の夢の日

平成29年1月9日、新成人の門出をお祝いする「二十歳の夢の日」が行われました。今年で5回目となる今回は、晴れ着に身を包んだ卒業生が約170人集まりました。

yume1701181.jpg

yume1701182.jpg

この「二十歳の夢の日」は、3年間または6年間通った郁文館で成人をお祝いし、懐かしい友人やお世話になった教員との再会が目的となっております。そして、仲間と中学、高校時代を振り返りながら、互いに刺激を受け、新たな決意を胸に頑張ってほしいという想いがあります。

 成人を祝う式典では、理事長先生からのメッセージから始まり、卒業時の担任の先生からの激励の言葉があるなど、郁文館の熱い指導を思い出した卒業生も多かったのではないでしょうか。

yume1701183.jpg

yume1701184.jpg

yume1701185.jpg

この先、楽しいことだけではなく、辛いこともあると思います。時に、壁にぶつかる時もあると思います。そんなとき、郁文館の校歌を口ずさみながら郁文館で過ごした日々を思い出し、さらに前進して欲しいと思います。


 式典が終わると、体育館にて懇親会が開かれました。郁文館自慢の「夢食堂」全面協力のもと、立食形式の和やかなムードで当時の思い出を気の合う仲間と語り合いました。今話題のダンスで場を盛り上げる者もいれば、自慢のバイオリンで門出を祝う者もいて、とても懐かしい空気感が会場を満たしていきました。

yume1701186.jpg

yume1701187.jpg

yume1701188.jpg

二十歳という節目を迎えた今、大人としての自覚を持ち、積極的に社会貢献できる大人になり、活躍してくれることを期待します。

今後も夢を持ち続け、夢を追いかけ、是非夢を叶えてください。この度は本当に、成人おめでとうございます。

ENGLISH
PAGE