郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  中学3年生 レジリエンス教育活動報告
2016/10/31

中学3年生 レジリエンス教育活動報告

9月下旬に中学3年生の道徳の授業で、スクールカウンセラー鈴木が心理教育「自分の体験を振り返ってレジリエンスをアップ!」を行いました。授業の主なねらいは、夏休み中の体験を感情に注目して振り返り,自分のレジリエンスや強みについて考えるというものでした。

 

短期留学や部活、勉強など夏休み中の体験を、「逆境グラフ」を用いて、振り返りながら一人一人に自分がどのようにネガティブからポジティブに立ち直れるのか考えてもらいました。

SC1610311.jpgSC1610312.jpg

 

生徒に実施した事後アンケートでは、100%の生徒が「興味を持って授業を受けた」「授業は役に立った」「授業で学んだことを自分でも使ってみたい」と答えました。

自由記述欄には、「研修で学んだことを整理したり,落ち込んだときにどのように立ち直ったのか,グラフなどを通して自分の行動や特徴を振り返れてよかった」「逆境グラフがわかりやすかった」など自分について改めて振り返る事ができていろいろなことに気が付いたという意見や,「つらい時期から立ち直る方法を教わることができたよかった。スランプになった時に活用したい」「自分の好きなことなどが支えになっていることがわかった」など生徒が自分自身のレジリエンスについて深めた様子もうかがえました。

 

 

ENGLISH
PAGE