郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  ヤングアメリカンズ アウトリーチプログラム
2016/08/16

ヤングアメリカンズ アウトリーチプログラム

720日から22日までの3日間、ヤングアメリカンズが来日し、アウトリーチプログラムとして本校の生徒たちに表現することの楽しさを指南して頂きました。最終日のショーに向け、三日間猛特訓を行う例年大人気のこのプログラムは、今年も生徒たちの「から」を破ってくれました。


20日の出会いの瞬間、生徒たちは、度肝を抜かれました。様々なバックグラウンドを持つキャストの方々が次々と移り変わる場面で輝き、一つのテーマを完成させる、その大迫力のパフォーマンスは、違いをそのまま強みとして全面に押し出すことができることを生徒に気づかせてくれます。

 

特訓の最中、「上手に踊る必要はなく、そこに全力の二文字があればいい」そう言って後押ししてくれるヤングアメリカンズのキャストに、生徒たちは憧れます。

表現することの「難しさ」を、ものの20分間で「楽しい」に変えてしまうヤングアメリカンズの方々に一緒に参加していた担任陣も驚きを隠せませんでした。

最終日は、文字通り若者の素晴らしさが前面に出た大迫力のショーであり、一人一人が主役として輝きました。保護者の皆様も拍手喝采で、まさに会場の全員で作り上げるショーでした。


3日間の猛特訓は筋肉痛になる程大変なものでしたが、「私にもできた!」という強い自信を生徒に持たせてくれました。また来年を楽しみに、今年のヤングアメリカンズは幕を降ろしました。

 

練習風景

YA1608161.jpgYA1608162.jpgYA1608163.jpgYA1608164.jpg

ヤングアメリカンズの皆様の大迫力のショー

YA1608165.jpg

 

ショーは一人一人が主役

YA1608167.jpg

YA1608166.jpg

YA1608168.jpg

 

 

ENGLISH
PAGE