郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  中学3年生 NZ7週間留学がスタート
2016/08/09

中学3年生 NZ7週間留学がスタート

中学3年生対象のニュージーランド7週間留学が7/23()からスタートいたしました。このプログラムは、26名の生徒がChristchurch近郊の10校に分かれてホームステイをしながら、約2ヶ月間、現地校に通学するプログラムです。

 

3の生徒たちは、この研修に向けて英語力を高め、グローバル高校の先輩達主導の事前指導に複数回参加させてもらい、それぞれ準備を重ねて参りました。Christchurchの地に到着後は、早速空港にて現地アドバイザーから緊急連絡用の携帯電話を受け取り、各校の国際部の先生方やホストファミリーと挨拶を交わし、各地域へとすぐに出発していきました。期待と不安が入り交じる中で、それぞれの7週間がスタートいたしました。

 

今年度お世話になる10校は、街中の学校と郊外の学校、大規模校と小規模校、男子校と女子校、共学校などとそれぞれ特徴があり、生徒の希望や特性に合わせて学校を選定しております。以下に、簡単に各校の特徴を簡単にご紹介いたします。

 

Geraldine High school・・・Christchurch郊外の小さな街にある、落ち着いた小規模の共学校といった雰囲気。豊かな自然に囲まれ、国際部の先生もとても親切である。

Timaru Boys’ High schoolと③Timaru Girls’ High school・・・TimaruChristchurchから150kmほどの地にある大きな街である。両校は近くにあり、共通で行う留学生向けの短期旅行などがある。留学生の受け入れも多く行っている。生徒数は各校それほどではないが、両校合わせると大規模校のそれに匹敵することもあり、伝統ある大規模校の雰囲気がある。

Moutain View High school・・・Timaru近郊の、その名の通り美しい山々を見渡せる自然に囲まれた落ち着いた環境にあり、アットホームな雰囲気の小規模校である。

Ashburton College ・・・ChristchurchTimaruの間に位置する比較的大きな街がAshburtonである。この学校は街中の大規模校という雰囲気があり、留学生の受け入れにもとても積極的でその数も多い。

Ellesmere College・・・Christchurch郊外のどちらかというと海に近く、牧草地が広がる郊外の小規模校であり、とてもアットホームな雰囲気。ホームステイ先には、羊や鶏もいることが多い。

Oxford Area school・・・山に近い大自然に囲まれた郊外の小規模校。非常にアットホームで、大自然の中で行う様々なボランティア活動も盛んである。

Linclon High school・・・Christchurchのやや郊外の大規模校。生徒数も非常に多く、留学生もたくさんいる。多種多様な生徒がおり、バラエティーに富んでいる印象である。

Avonside Girls’ High school・・・Christchurch市内の伝統ある女子校といった雰囲気。先生方の面倒見も非常に良く、女子生徒たちもとてもフレンドリーで、多くの課外活動も行っている。

Riccarton High school・・・Christchurchの中心に近い大規模校。大学も近くにあり、図書館などの施設がとても充実している。留学生の受け入れにも非常に積極的な学校である。

 

 

7週間の留学を有意義なものにするためには、なんと言っても健康と安全が第一です。しっかり食べ、規則正しい生活をし、マナーとルールを守ることの大切さは、日本での夢合宿を通じて学んでおります。しかし、今回の留学では集団の中で共同してできたことを、個人レベルで異国の地にて実行することが求められます。それぞれ壁にぶつかることも多くあると思いますが、今持っている英語力を駆使しながらできるかぎり前向きに取り組み、一つずつクリアしていってほしいと願っております。7週間後の、生徒たちのひとまわり成長した姿が今から楽しみです。

kokusai1608091.jpgkokusai1608092.jpgkokusai1608093.jpgkokusai1608094.jpg

 

ENGLISH
PAGE