郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  韓国高校生との交流会
2016/02/24

韓国高校生との交流会

日本政府の日韓学術文化青少年交流事業の一環として、韓国から72名の先生と高校生を受け入れました。

 

今回はマレーシア修学旅行を終えたばかりの高等学校2年生全員にホスト役をお願いしました。学年末考査前で学習に取り組まなければならないのですが、国際交流も大切です。この出会いを逃すと生徒たちは一生韓国の高校生と話す機会はないかもしれません。23人一組になって、一人の韓国の高校生に付き添い、校内案内、交流活動、柔道・剣道の授業などに参加しました。来校したほとんどの生徒たちは日本に関心があり、日本語ができ、かつ日本の大学に進学したいなどの明確な目標を持っており、十分に本校の生徒もコミュケーションが取れました。

 

歓迎式

校長先生挨拶

ko1602241.JPG

 

団長先生挨拶

ko1602242.JPG

 

記念品贈呈

ko1602243.JPG

 

本校生徒挨拶(ハングル語で行いました。)

ko1602244.JPG


校内案内

ko1602246.JPG

ko1602245.JPG

 

折り紙・けん玉体験

ko1602247.JPG

ko1602248.JPG

 

柔道・剣道

(柔道は柔道着に着替えて授業に参加してもらいました)

ko16022410.JPG

 

お別れ会

ソーラン節を披露

ko16022411.JPG

 

団長先生挨拶

ko16022412.JPG

 

韓国の生徒代表挨拶

ko16022413.JPG

 

一団記念写真

ko16022414.JPG

 

二団記念写真

ko16022415.JPG

 

自分たちと同じ年齢の若者との交流で、高校二年生にも意識の変化が現れました。自ら進んで校内の案内を行い、交流活動に取り組む、これも一つのアクティブラーニングではないかと感じました。彼らの感想文の一節から自ら学んだことがうかがい知ることができます。

 


私とペアを組んだのはスピーチコンテストで優勝した経験のある優秀な人でした。韓国の高校生には、日本で韓国語の教師になりたい、銀行員になりたいなどの明確な夢があり、日本の高校生に比べて意識が高いと思いました。彼は日本語を話せませんでしたが、英語でコミュケーションを取ることができましたので、とても楽しい交流となりました。

 

ENGLISH
PAGE