郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  高校・グローバル高校3年生 「理事長講座」
2016/02/02

高校・グローバル高校3年生 「理事長講座」

1月中旬に、高校・グローバル高校3年生に対する理事長講座が行われました。テーマは、「夢に向かう君たちへ」でした。卒業を控えた生徒たちに、卒業後、どのような思いを持って生きていくことが大切なのか、お話いただきました。

また、受験を直前に控えた子どもたちに対して、激励の言葉をいただきました。子どもたちからの質問も相次ぎ、予定時間を過ぎても終わらない、とても充実した時間となりました。

yu1602021.jpg


生徒たちにとっては在学中、最後の理事長講座となりました。

これからの生きていく社会の「3つの前提」と「4つの考え方」についてお話していただきました。

 

「3つの前提」

前提①:人の流動化

外国人労働者との競争に勝たなくてはならない。

前提②:仕事のロボット化

ロボットにはできない、あなたにしかできない仕事をしなさい。

前提③:自分のことは自分で守らなければならない。

他の誰かを頼ってはいけない。

理事長先生の語られた「3つの前提」はどれも厳しい現実でした。生徒たちは真剣な表情でメモを取りながら、聴講していました。

 

「4つの考え方」

考え方①:好きなこと・得意なことをトコトンする。

好きなことは苦労せずに努力を継続することができる。

考え方②:大学・専門学校卒業時、ワクワクできるか。

主人公として人生を歩むことができる、そのためにはしっかりとした準備が必要。

考え方③:欲を持て!

ハングリーさを持つことが必要だ。

考え方④:仕事は自己実現の手段である。

仕事は「時間」と「お金」のやり取りという関係性ではない。思いをカタチにするための手段だ。働くとは自分自身と社会を結びつける行為である。


大学・専門学校への入学はゴールではなく、幸せな人生を歩んでいくためのスタート・ラインであること。5年後、10年後は非常に厳しい現実が間違いなく訪れる。だからこそ、そんな厳しい社会を「人生の主人公」として生き抜いていくために卒業後、それぞれの進学先でしっかりとした準備をする必要があると、厳しくも温かいお話をしていただきました。


子どもたちは「幸せな人生」のスタート・ラインに立つべく、それぞれの第一志望合格に向けて更に努力を重ねていきます。


yu1602022.jpgyu1602023.jpg

 

ENGLISH
PAGE