郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  夢食堂のおいしさの秘密とは...!?
2015/11/30

夢食堂のおいしさの秘密とは...!?

(郁文館夢学園 公式Facebookより転載)


本日は、郁文生の胃袋を支える夢食堂の調理長でいらっしゃる中内さんへ、食への“思い”をお聞きしました。夢食堂には、なんと4種類の日替わりメニューがあります!こだわりのカレー等も合わせると、一週間で約25種!そんな夢食堂のメニュー開発をしている中内さんに、様々な質問をしてみました。

 

-記者:どんな思いでメニュー開発をしているのですか?

--中内さん:野菜摂取など栄養のバランスの面と生徒からのリクエストの両立に頭を使っています。例えば「肉が食べたい!」というリクエストから、今人気のチャーシュー麺を開発しました(笑)。

 

-記者:志高館で食育の授業を始めた理由とそれへの思いをお聞かせください。

--中内さん:始めた理由ですが、食に対して様々な角度から子供たちにアプローチしようと志したことがきっかけです。例えば、食品のゴミ問題、いただきますの意味とか、野菜をたべろ!とは直接言わずに、食について考えてもらえればと思っています。

 

-記者:郁文館に関わってから8年の中内さんですが、11月の末に異動されるとお聞きしました。郁文館へのメッセージをお願いします。

--中内さん:とにかく、ありがとうの一言に尽きます。仲間や子どもたちに本当に感謝を伝えたいです。私がやってきた食育などを通じて、食に関して何かを知ってもらえたならば、と思っています。これからも思いを継いでくれた仲間がおいしいメニューを開発・提供していきます。今後も夢食堂にご期待ください。本当にありがとうございました!

 

取材後に友達と、牛すき丼と担々麺を食べました!牛すき丼は、様々な野菜に豆腐、おいしく味付けされた牛肉に、まろやかな温泉卵。担々麺は濃厚でピリ辛なソースがとても美味しかったです。中内さん、ごちそうさまでした。


グローバル高校広報委員

郁文館夢学園公式facebookはこちらから

1511301.jpg
FB1511302.jpg
FB1511303.jpg
FB1511304.jpg

 

ENGLISH
PAGE