郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  中国から高校生一団が来校しました
2015/11/16

中国から高校生一団が来校しました

先日、青年海外協力協会様のご紹介のもと、中国から高校生の一団が来校され、校内で交流会を開きました。

koku1511161.jpg

 

本校の授業へも参加していただきました。

中国では剣道をモチーフにしたアニメが流行っているそうで、

剣道体験を楽しみにしていた生徒のみなさん。

授業最後の模擬試合では、相手への礼を尽くし、最後まで真剣に勝負を行いました。

koku1511162.jpg
koku1511163.jpg

 

政治と経済の授業では、国際世論調査について、ディスカッションを行いました。

テーマは、『自分自身の能力についての世論調査で、謙虚すぎる回答ばかりの日本人、圧倒的な自信を見せる回答を見せる中国人。この現象について意見とその理由を述べよ。』という少し難しめのものでした。

日本側、中国側からの見解を交換する過程で、お互いの文化・物の考え方を知ることが出来ました。

koku1511164.jpg

最後のお別れ会では中国の生徒のみなさんが、歌と書道をミックスさせたパフォーマンスを披露して下さいました。

「厚徳裁物」という言葉に、「本日を機に、今後の日中関係をよりよくするために、日中の学生がお互いに切磋琢磨をし合っていきましょう」という思いを込めて下さいました。

koku1511165.jpg

 

歓迎式とは打って変わり、一日の終わりにはすっかり打ち解け合い、別れを惜しむ日中の両学生。

今この瞬間を学びに変える、素直でひたむきな生徒たちだからこそ、友情を育むことができたのだと思います。

koku1511166.jpg

 

ENGLISH
PAGE