郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  あるべき追求週間
2015/01/13

あるべき追求週間

1月8日に3学期始業式を迎え、郁文館の2015年がスタートしました。校内では「あるべき姿追求週間」が始まりました。「あるべき姿追求週間」とは、主に授業を中心に学校生活を有意義に過ごしていくために「学内で本来あるべき理想の姿を追求していく」というものです。各学年で役割を分担し、学年の教員が該当学年の授業を巡回し、本来あるべき姿になっているかどうかを確認していきます。綺麗に整頓された教室状況であるかという環境面から、授業中の生徒の取り組む姿勢などの学習面、生徒の身嗜みなどの生活面と多岐に渡って確認し合うことで本来のあるべき姿を追求しています。昨年の反省を踏まえ心機一転授業に臨む生徒が多く出だしは好調です。この状態を維持継続させ受験に向かって頑張ってほしいところです。

sei1501131.JPGsei1501132.JPG

 

ENGLISH
PAGE