郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  【夢達人ライブ】 元宇宙飛行士 ジョン A.マクブライドさん
2014/06/11

【夢達人ライブ】 元宇宙飛行士 ジョン A.マクブライドさん

 

527日(火)、ジョン A.マクブライドさんによる今年度第一回目の夢達人ライブが行われました。マクブライドさんはNASAの宇宙飛行士として宇宙でご活躍されるなど、地球と宇宙の架け橋となる役目をしてきた宇宙の達人です。

ライブではご自身が宇宙飛行士になるまでにしてきたこと、宇宙での生活、これから私達がするべきことなど、多くの話をして下さいました。

 

yu1406111.JPG
ライブ中のマクブライドさん

ライブの内容を簡単に紹介します。

・若い頃はとにかく勉強していました。宇宙飛行士になりたかったからです。だから皆さんもとにかく勉強をして下さい!StudyStudyStudy

・最も大変だった訓練は長時間行われる訓練でした。しかし、宇宙に行くためと思って頑張りました。

・宇宙に行く前と行った後で、物事に対する見方は変わりませんでした。ただ、宇宙に行って地球を見ることが出来た。これはとても光栄なこととなりました。

・宇宙での食事は、宇宙へ行く前に自分で選ぶことが出来るのでとても良かったです。今では寿司も宇宙食のメニューにあるのですよ。

・宇宙から帰った後、歩くのがとても大変でした。リハビリのために2000km程歩きました。長く宇宙にいた人ほど、身体への影響は大きいのです。

・まだ宇宙人と呼ばれるものは見たことがありませんが、もしも遭遇したら然るべき処置をとらないといけませんね。

 

 

yu1406112.JPG

英語で質問をする生徒達

 

マクブライドさんはライブで「StudyStudyStudy!」としきりに言っていました。共感した多くの生徒がライブの後、マクブライドさんに個人的に質問をぶつけ、サインや写真をお願いしていました。マクブライドさんはその一つ一つに丁寧に対応して下さいました。

ライブを聴いた生徒の感想を紹介します。

・私の夢とは全然関わりのない職業の方のライブでしたが、自分の好きなことに仕事として携われるということは本当に素敵なことなのだと再認識出来ました。私も自分の仕事に誇りを持てる人間になりたいです。

・今回のライブを聴いて、凄い職業だと思ったけれど、なった理由はとても単純で誰にでもなれる可能性を秘めていることに気付きました。

 

生徒達は今回のライブを通して、自分の夢に必要なことは何かを再確認出来たようです。自分の夢を叶えて、生徒達自身が「夢達人」になってほしいです。

そして、今回のライブを聴いた生徒の中から、将来フロリダにあるケネディ宇宙センターで働く生徒が現れることを期待しています。

 


yu1406113.JPG

 

ENGLISH
PAGE