郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  第2回 ユニバーサルデザインゼミ
2013/12/28

第2回 ユニバーサルデザインゼミ

 1216日、第2回のユニバーサルデザインゼミを行いました。今回は「真っ暗闇を歩く」をテーマとして、視覚に障害を持った方の世界を体験しました。

 

 最初に、筑波技術大学の辻村様から視覚障害についての話をしていただきました。視覚障害には全盲と弱視の2種類があり、日々の生活ではどのような面で不便だと感じるのか、そしてどのような方法でそれを補い、利点としているのかを知ることが出来ました。

 

 その後、(株)ミライロの岸田様より視覚障害者体験のレクチャーを受け、実際に真っ暗闇の世界を自分達で歩いてみました。21組になり、1人が目隠しをして白杖を持ち、もう1人が手を取り一緒に歩くというものです。ほとんどの生徒が初めての体験で、特に階段の移動では声かけの重要性が実感出来たのではないかと思います。

 

 ひと通りの体験が終わった後、校舎の中で生活しやすい点・生活しづらい点を挙げてみました。すると、前回の車いす体験とは違う視点から多くの意見が出てきました。

 

次回のゼミでは挙げられた意見を基に郁文館のバリアフリーマップを作成していきます。

 

今後の予定

3回   117 () 内容アラカルト体験・校外の調査・マップ制作

4回   2  7  () 内容マップ制作

5回   310 () 内容マップ完成・振り返り

 

 

yu1312281.JPG

yu1312282.JPG

yu1312283.JPG

yu1312284.JPG 

 

 

 

 

 

 

ENGLISH
PAGE