郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  ワタミの森・調印式に中学2年生の生徒が参加しました
2013/11/11

ワタミの森・調印式に中学2年生の生徒が参加しました

20131031日(水)、長野県東御市で行われたワタミの森・調印式に、夢合宿中の中学2年生10名が参加をして参りました。

 

秋晴れの空の下、東御市産業建設部の寺島 尊様とNPO法人Return to Forest Life理事の門司 実様による挨拶に続き、郁文館生徒代表として中学2年E組の岩澤 昴君が挨拶をしました。

まずは森開きに対して祝辞を述べ、夢合宿のプログラムにあるファームでの農業体験で学んだ土と豊かな森との結びつきを述べ、今後のワタミの森に対する期待について述べました。

 

その後、序幕・記念撮影にも10名の生徒が参加をさせて頂き、その堂々とした挨拶、態度に参加していた大人の方々からお褒めの言葉を頂きました。

 

郁文館の代表として立派に任務を全うしてきました。

chu1311111.JPG

chu1311112.JPG

chu1311113.JPG

chu1311114.JPG

 

 

 

 

 

 

ENGLISH
PAGE