郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  起業体験プログラム「NTVP村口社長の講演」
2013/06/07

起業体験プログラム「NTVP村口社長の講演」

 5月8日(月)1時間目、高校2年生を対象に「起業体験プログラム NTVP村口社長の講演」が行われました。この講演を機に、2013年度の起業体験もキックオフです!!

 まず当該学年の牧野先生より起業体験をどのように取り組むかの説明がありました。
 その後、NTVPの村口社長より、生徒に向けて「起業するとは」「会社とは何か」を中心にお話ししていただきました。 大切なことは、『opportunity』です。その中で、特に強調されていたのは、社会の中から事業『機会』を見つけよう!ということでした。また、印象的だったのは「社会に貢献できる価値あるものを作りましょう」というお話でした。

 きっと、今の段階では、聴講していた高校2年生には分からない内容も含まれていたかもしれません。しかし、起業体験プログラムを終えたとき、この日に村口社長にお話ししていただいた内容が理解できるようになっていると思います。

 これから生徒たちは、各自が事業計画を練ります。その後、クラスで班を作ります。

6月7日(金)には理事長講座、6月8日(土)には社会科見学(株主総会見学)を行います。ただ見学に行くだけではなく、現代社会の授業でも株式会社運営の仕組みや、株主総会や取締役会の位置づけ・役割について学びます。

 

 本日スタートした起業体験プログラムは、10月まで続きます。その中で、社会の仕組みを学ぶと同時に高校生活の中で、大切な思い出作りが出来る機会です。どのように子どもたちが成長していくか楽しみです。

 

 

yu130607①.JPG

yu130607②.JPG

 
ENGLISH
PAGE