郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  第6回夢達人ライブ
2010/11/12

第6回夢達人ライブ

     ibx01.jpg

11月8日(月)に夢達人ライヴが行われました。

 

今回の達人は元プロボクシング世界王者(WBA世界スーパーフライ級王者)の飯田覚士さん。

現在はご自身のジムで会長として脳トレとボクシングの動きを融合させたオリジナルの「ファイズボクシング」を中心に子供の学習能力と運動能力を向上させるプログラムを開発、実施されています。

今回の講演では、どのように世界チャンピオンへ登りつめたのか、夢には期限を設ける必要があること、今勉強していることは社会に出てから必ず役に立つこと、イメージ力、ビジョントレーニングの大切さを中心にお話して下さいました。

また、ライヴの後半にはファイズボクシングの練習メニューを体験させてくださいました。

 

ibx02.jpg


4種類のパンチに番号を振ります。①ジャブ ②ストレート ③フック ④アッパー

 

ibx03.jpg

 

番号の入ったプレートが出されます。番号通りの動きが取れるでしょうか。

 

 ibx08.jpg

 

 

ibx05.jpg



講演終了後の質疑応答では積極的に手が上がり、試合直前の緊張のほぐし方は?メンタルトレーニングの重要性は?プロ選手になるために欠かせない練習メニューは?などの生徒からの質問に丁寧に答えてくださいました。

 

ibx06.jpg


終了後の生徒たちの感想として、

「夢に向かって努力することの大切さがわかりました。自分も夢を見つけ努力をしていきたいと思いました」

「ボクシングを習っており、世界チャンピオンになろうと思っています」

「イメージすることの大切さがわかりました」

「今勉強していることが社会で無駄にならないと聞き、もっと努力しようと感じたと同時に、努力している自分に自信を持てるようになりました」

などの意見がありました。

今回のライヴを通じて、夢をかなえるために必要なものや夢への向かい方に対するイメージができたのではないかと感じています。


ibx07.jpg

チャンピオンベルトも展示されました。


ENGLISH
PAGE