郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  株主総会(起業体験プログラム)
2010/10/30

株主総会(起業体験プログラム)

 10月25日(月)の午後に起業体験プログラム最後の行事である、株主総会が執り行われました。

株主総会では、各企業から株主であるVCに対して事業の概況や決算の報告などが行われました。

どの企業も、経営方針や販売方法をめぐる話し合いの中で意見が衝突し、時間をかけて話し合うことで解決するという経験をしたようです。このようなプロセスを経て、異なる個性の集合が会社をひとつにまとめ、経営することの難しさや楽しさを学びました。

今まで気づかなかった友達の一面を知り、改めて友情が深まった、との声も聞こえてきました。

総会の合間に、「理事長賞」、「売り上げ№.1」、「利益率№.1」などの賞も発表されました。

最初に表彰されたのは、理事長賞を受賞した「好奇心+」(高校3年有志)です。この企業はたこ焼きを販売しました。

IMG_0264.JPG


昨年度の経験を活かし、お客様に喜んでいただけるための工夫をしっかり考え行動した点が評価されました。後輩の企業にも「好奇心+」の経営方法が大変参考になったようです。

続いて、「売り上げ№.1」、「利益率№.1」の企業として「松井商店」(高校2年F組)が表彰されました。扱った商品はカキ氷、冷製パスタ、フルーツポンンチです。

P1010406.JPG

当日の気候によって売り上げが大きく左右されてしまう「カキ氷」を商品としましたが、郁秋祭の2日間、晴天にも恵まれ、狙いが見事に的中。

気温はぐんぐん上がり、汗ばむほどの暑さにも後押しされ、カキ氷が飛ぶように売れていました。

IMG_0243.JPG

各企業から株主に対する全ての報告が終了すると、最後に会社解散の決議が拍手による同意を得て可決。

全ての企業が解散し、今年の起業体験プログラムは全プロセスを終了しました。

 

郁秋祭にご来場いただき起業体験の模擬店を応援してくださった皆様には、この場を借りて御礼申し上げます。

 

ENGLISH
PAGE