郁文館夢学園HOME  >  トピックス  >  レポート  >  医系特進クラス病院実習レポート
2009/09/29

医系特進クラス病院実習レポート

  医系特進クラスの1年生と2年生が夏休み(1年生:8月10日~14日、2年生:8月3日~7日)大阪府岸和田市にある盈進会病院において実習をしてきました。

 4泊5日の実習の中で、生徒たちは多くのことを体験し、様々なことを感じ、これからの自分の進路を改めて考える良いきっかけとなりました。

 

〈1日目〉
 
全体でオリエンテーション。自己紹介の後、石川院長、事務局長より病院について、命についてのお話がありました。特に盈進会病院にある緩和ケア(ホスピス)病棟の話では、VTRを交えて「生」ついて考えさせられました。
med011.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈2~5日目〉
2~3人ずつに分かれ、病院の様々な現場を体験してきました。

〔生体・生理検査〕
血液や尿の検査機器を見学したり、血液や唾液を顕微鏡で覗いたり、生体・生理検査によってわかる病気について学びました。また、エコー検査では担任や同級生を被検体としてお互いの体の内部をのぞいてみました。特に異常はありませんでした(笑)   med021.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〔調剤業務・服薬指導〕

調剤業務や服薬指導など薬剤師の仕事について学びました。調剤1つにしても、患者様1人ひとりに対して細かな気配りがされていることに驚いていたようです。 

med031.jpg

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

〔リハビリ見学〕
理学療法士、作業療法士の仕事を見学。病気を治した後のケアについて、身体だけでなく、精神面でのサポートも必要となるようです。   med041.jpg

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

〔病棟研修〕
各病棟において看護師の1日の仕事を体験・見学しました。思っていたよりもハードな仕事に生徒たちは疲労しきっていました。
med051.jpg

  

 〔老人ホーム研修〕
病院の近くにある老人ホーム(レヴィ―タ)に研修に行きました。病院に診察に来る患者様の多くは高齢の方たちなので、医療現場で働くからには高齢者の方とのコミュニケーションが必要不可欠です。
  med061.jpg

    

 〔放射線科見学〕
レントゲンやCTスキャン、MRI(核磁気共鳴画像法)の説明(メリット・デメリット)をしてもらい、石川院長や担任が被検体となり、撮影した映像についての解析してもらいました。
  med071.jpg

   
 〔カテーテル手術見学〕
カテーテルを用いた喀血の手術(超選択的気管支動脈血栓術)を見学しました。手術前には手術室内の見学や手術道具に実際に触れてみたり、他では絶対に体験することができない体験ができました。
   med081.jpg

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〔その他〕

石川院長、はじめとするスタッフの方々との懇親会を行い、学生時代の生活や、医者のやりがいなど生徒たちに話していただきました。 med091.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 生徒たちの感想(一部抜粋)
・看護師について病室を廻って気付いたことは、病院が医師だけで成り立っていないということだ。看護師や、薬剤師のサポートなしでは医師は最大限の力を発揮することはできない。だから、医師は自分が医師だからと言って威張っていてはいけないのだと感じた。(高校2年生)

・患者の精神面でのケア、日々の患者の治療に対する熱意など実際見たことからいろいろなことを学ぶことを糧に、これからもっと勉学に励めたら良いと思います。(高校2年生)

・今回、5日間の実習で病院は医者だけで成り立っているのではなく、各分野にスペシャリストがいてそれらのアドバイスを総合的に判断するのが医者であって病院は医者だけで成り立っているのではない。(高校2年生)

・リハビリで来ていたおばあさんに医者という職業は頭がいいだけではなくて人間性も良くないといい医者にはなれないよと言われたのはとても心にのこった。(高校1年生)

・医者になるには、瞬間的な判断力と精神力がとても重要だと思った。(高校1年生)

・私はこの実習を通して、勉強面や人との接し方を含めた総合的な人間としての面がまだまだ出来ていないという事を痛切に感じました。これから、心を替え努力するつもりです。(高校1年生)

・今回の研修前、僕は不安定な夢が沢山ありました。しかしこの研修で薬剤師という安定した夢を見つけることができました。(高校1年生)

・今まで、医者という職業に就きたい!というただ言葉で言っているだけのものだったのですが、医者の仕事などを目の前にしてみて、医者の知らなかったことや、具体的にこういうことをするんだ、ということも少しながら知ることができたので、医者になりたいという夢が言葉だけのものではなく、より具体的に頭の中で想像できるようになって、なりたいという気持ちが強くなりました。またそのことによって、勉強に対する姿勢や意識が変わり、以前より勉強が苦でなくなったような気がします。目標をたてるということは、本当に大事なことだと思いました。(高校1年生)

 


最後に、今回の実習を受け入れてくださった盈進会病院、レヴィ―タの方々に心より御礼申し上げます。

 

 


ENGLISH
PAGE