2015/09/02

2学期 始業式

9月1日に2学期の始業式を行いました。

そこで、あるエピソードを生徒たちに紹介しました。

 

アメリカの学校で、成績順にクラス分けをするところ、

ある年、間違って、成績の悪い生徒を最優秀クラスへ、成績の良い生徒を下のクラスへ割り振ってしまったとのこと。

最優秀クラスに入った生徒たちは、自分たちは「できる」と信じ、一方、下のクラスに入た生徒たちは、自分たちは「できない」と思い込んで過ごしたのです。

 

3年後、生徒たちの成績は大きく逆転。

間違って最優秀クラスに入った生徒たちは、飛躍的に成績が伸び、

間違って下のクラスに入った生徒たちは、成績が伸びなかったとのこと。

 

つまり、自分が「できる」と信じて取り組むことによって、「できない」こともできるようになると証明したエピソードです。

 

~自分を信じて、高い目標を持つ~

 

これこそ、大事なことなのです。

 

それにしても、始業式や終業式に出るたびに、生徒たちの成長を感じます。

姿勢よく、人の目を見て話を聞く生徒たちを見ながら話していると、ついついこちらも力が入ります。

子どもたちの成長こそが、教育に携わる者として最高の喜びです。


 

理事長 渡邊 美樹

FB150902.jpg

 

ENGLISH
PAGE