2014/04/07

入学式

 

4月5日は、郁文館中学校・高等学校・グローバル高等学校の入学式でした。

 

毎年恒例、私が新入生に送る「今年の一文字」は『新』です。

入学式では、全国大会常連の書道部の生徒たちがステージに上がり、

席上揮毫で見事な『新』の字を書いてくれました。

 

『新』は、立つ木に斧を入れる、と書きます。

つまり、ゼロからイチを生み出すのではなく、もともとあるものに創意工夫をして、

さらに磨き上げていくことが『新』という字の意味です。

 

屋久島には、樹齢千年を超えた「屋久杉」があります。

屋久島は花崗岩が隆起してできた島なので、表土がすごく薄いのです。

ですから屋久杉は根を下に伸ばすことができず、

一生懸命生きよう、成長しようと、根を横に広く伸ばします。

過酷な環境の中でコツコツとゆっくり成長するので、密度の濃い幹になるのです。

 

新入生のみんなには、屋久杉のように「生きたい」「成長したい」という意思を持って、

しっかり根を張って、自らの信念のもと、揺るぎなく、

創意工夫をしながらまっすぐに成長する「自分の木」を立ててもらいたいと願っています。

 

理事長 渡邉 美樹

 

ri140407.jpg
ENGLISH
PAGE