2010/11/22

秋が深まり、校内の木々もかなり紅葉が深まってきました。

 

 

 

 

 

植栽[1].jpg

 

10月までは猛暑の余韻が残ってましたが、気がつくとコートを着てもおかしくない季節となりました。

 

学問の秋、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋・・・

皆さんは、どんな秋を過ごされたでしょうか。

 

 

 

さて、食堂が先月発行した『夢食だより 秋冬号』に、こんな文章を載せました。

 

 

 

 

“食”に関する夢

 

私の趣味は畑仕事です。東京の西はずれ、旧農村地域にある我が家の隣りに親戚の畑があり、その一角を借りて、わずかですが野菜を作っています。不思議なことに土をいじっていると心が落ち着き、身体を無意識に動かしているうちにイヤなことが頭の中からふっと消えて無くなり、ストレスが癒されます。そして何より収穫した物をすぐに食べられるということが格別の味わいで、夕方穫った物をそのまま1~2時間後に夕食で食べる新鮮さは、他のどこで食べるものより美味で、この楽しみのために、たまの休日はこの趣味に費やされます。自分で田んぼを作りお米を育てることが、趣味における私の現在の夢で、夢手帳の5年後の欄に書き込みました。さらにその5年後には自作の米で3度の食事を賄えるレベルにしたいと思っています。今年はその練習をかねて陸稲(うるち米ではなくもち米)を栽培しましたが、記録的な猛暑と雨不足で収穫はかなり厳しいものになりそうです。10年後、夢が実現し、自作の米による弁当を持参できるようになるまでは、夢食堂でおいしい昼食をいただきたいと思います。

 

 

 

 今日は、陸稲のその後をお伝えしようと思います。

昨日の、陸稲の様子です。

 

 

 

陸稲[1].jpg

 

 

 先週半分を収穫し、残った半分でしたが、このあと全て刈り取りました。

 

 

ついでに、大根と人参と里芋です。

 

 

 

野菜[1].jpg

 

 

お米の出来は散々でしたが、野菜は夕食でおいしくいただきました。

 

 

趣味においても、夢に向かって努力を続けていきます。

 

 

校長 宮崎 宏

 

ENGLISH
PAGE