お知らせ

郁文館ホーム  >  お知らせ  >  学園からのお知らせ  >  事故後の対応につきまして

学園からのお知らせ

2012/12/06
事故後の対応につきまして

平成241128

関係各位

  学校法人 郁文館夢学園

理事長 渡邉 美樹

校 長 宮崎  宏

事故後の対応について

 

 さる1121日に校内にて生徒が死亡する事故が起こりました。改めて、亡くなられた生徒のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、今回の件について、学校の責任者として深くお詫び申し上げます。本日はその後の対応についてご報告申し上げます。

 

1.保護者へのご説明

22日と24日に緊急の保護者会を開き、事故の状況及び今後の対策についてご説明しました。いずれの会も、亡き生徒へ黙祷を捧げた後、理事長、校長からご説明申し上げ、その後、保護者の皆さまから様々なご質問とご意見を頂戴しました。特に施設・設備の改善については生徒、保護者の視点も取り入れて欲しいとのご意見に応えるべく、急遽、校内の危険箇所をご指摘いただくアンケートを24日に配布し、ご協力をお願いいたしました。

 

2.心のケア

この事故により、現場に居合わせるなどの強いショックを受けた生徒だけでなく、多くの生徒が仲間を失った喪失感を感じたり、不安を抱き、心を痛めました。こうした事態に対応するため、学校教育相談室、スクールカウンセラーを中心に“心のケアチーム”を立ち上げ、対応のためのプログラムを組み立てました。まず事故当日から、本校カウンセラーにより必要性の高い生徒へのカウンセリングを開始し、順次その範囲を広げています。また、28日からは緊急支援要請に応えていただいた東京臨床心理士会のご協力のもと、カウンセラーの臨時増員を図り、必要なクラス・クラブには全員面接を、また、25日に全校生徒を対象に実施した「心と身体の健康調査」の結果をもとに、優先度の高い生徒から順次カウンセリングを実施していきます。この間、ご家庭には「子どもに接する際の保護者の留意点」についてのプリントを配布、また、26日には「事故後の生徒対応についての留意点」を教員にレクチャーする緊急の研修会を実施し、同時に援助者のストレスマネジメントについてもアドバイスを行いました。今後、“心のケア”の進捗状況については、保護者の皆さまにご安心していただけるよう保護者HPにて随時状況をご報告して参ります。

 

3.施設の点検・整備・改善

24日に“校内安全のための緊急対策委員会”を立ち上げ、校内に危険な箇所がないかを徹底的に調査し、工事の準備を進めています。全教職員の意見を反映させ、また、アンケートにより生徒・保護者の皆さまのご意見を取り入れ、その他にも第三者による専門的な視点も参考にしながら、27日には委員会により実際に校内の危険箇所一つ一つを確認し工事の概略を定め、28日の理事会での承認を経て早速に施工し、早期の完成を目指します。

 

今後、上記対策を速やかに実行あるいは継続し、生徒の皆さんが安心して学校生活を送れるよう、また、保護者の皆さま及び関係各位のご信頼を一日も早く回復できますよう全力を尽くしますことをお誓い申し上げます。

PAGE TOP