郁文館夢学園HOME  >  郁文館高等学校  >  学びの特徴
論究科

論究科

中学1年次から全生徒が履修する論究科は、教科横断型の実践科目で、社会問題などを題材にクオリティの高い論文技術の習得を目指します。論究科で養った「論理的な思考力」、「社会への興味・関心」、「探究心」、「表現力」は、真の国際人として活躍するために力を発揮し、また、2020年度からの大学入試対策としても非常に有効です。

社会探究

社会探究

「社会探究」には、高校3年生の有志と高校2年生全員が参加します。13領域のトピックから関心がある社会問題を選択し、現代社会が抱える課題に対して、問題提起と仮説検証を繰り返します。学外の団体や企業、大学の協力を得ながら探究活動を行い、新しい価値を創造し、社会に貢献することが特徴です。従来の一斉授業型教育とは一線を画した、21世紀型の社会学習だといえます。

ICT教育

ICT教育

一人一台、Chromebookを所持し、積極的にICT教育を行っています。調べ学習、グループ学習への活用はもちろん、「スタディサプリENGLISH」の導入により、一人ひとりのレベルに合わせて4技能をバランスよく向上する英語学習が可能になりました。プログラミング教育についても、さらなるカリキュラムの充実を進めていく予定です。

席上留学

席上留学

2017年度より、高校”e”特進クラスにおいて、Chromebookを活用したフィリピン・セブ島のネイティブ講師によるマンツーマン・オンライン英会話システムを導入しました。席上で語学留学と同様のレッスンが受けられると好評で、生徒たちの英語力は飛躍的に向上しています。2018年度には全校で導入する予定で、全国でも最大規模の取り組みとなります。

ターム留学

ターム留学

2016年度より、高校1年生を対象に、ワンターム留学制度が開始されました。募集人数は10~15名で、応募基準をクリアし選抜された生徒は、ニュージーランド・オークランド北部の高校に約80日間(1ターム)通学します。事前・事後のプログラムも充実しており、生徒たちにとっては大きく成長する機会となります。

NIE

NIE

毎朝25分間、新聞を通して社会探究の基礎を養うNIEを実施しています。5大新聞の記事から、各自、関心があるテーマをピックアップし、要約します。その後、グループに分かれて意見発表と意見交換を行います。社会的な出来事に興味・関心を持ち、知識と思考を深めるとともに、人前で自分の意見を論理的に発表する訓練にもなります。